• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

定期預金と積立預金、あなたにピッタリなのはどっち?

Date:2013.05.09

独身時代は旅行資金や結婚資金、結婚してからはマイホーム資金に車資金などなど、どんな時でも貯金は欠かせません。

貯金を目的とした預金方法には主に定期預金と積立預金がありますが、いまいち違いが分からないという人も多いです。自分の目的に合う預金方法で、賢く貯金しましょう。

定期預金ってどんな預金?

定期預金とは、預金をする時点で金額といつまであずけるか(満期日)を決めておくものです。普通預金よりも金利が高いことが最大のメリットで、一般的には金額が大口になったり、あずける期間が長くなるほど金利が高くなります。

デメリットはあずけたお金を満期日が来るまで引き出すことができないこと。途中で解約した場合は金利が低くなってしまいます。普通預金にまとまったお金が貯まっていて、使わずに取っておきたい場合には定期預金がオススメです。

たとえば、ボーナスを車の買い替えのために取っておきたいなんて時は、車の買い替え時期を満期日にして定期預金であずけておくのがピッタリです。

定期預金はあずけた時の金利が適用される固定金利のものと、一定期間ごとに金利が見直される変動金利のものがあります。固定金利の場合は特に、長くあずけるのが得だと思って長期にして、翌年に金利がグンッと上がってしまったら結局は得になりません。

金利の変動に応じて、定期預金も時々は見直す必要があると言えます。ちなみに、定期預金はいつも使っている銀行でなければいけないというわけではありません。銀行によって金利が少しずつ違うので、一番高い金利の銀行を調べて選ぶことも大切です。

積立預金ってどんな預金?

積立預金とは、毎月決まった額ずつを積み立てていくという預金です。普通預金から自動で振替えられる自動積立を利用するのが一般的で、使う事があらかじめ分かっているなら期間を決めることもできます。

金額はもちろん、振替日の指定が出来たり、ボーナス月だけ金額を多めにすることもでき、自分のライフスタイルに合わせて積み立てることができます。おまとめ日を設定して、ある程度の金額になったら自動的に定期預金に振り替えることもできます。

目標に向かってお金を貯めていきたい場合は積み立て預金がオススメです。たとえば、結婚資金やマイホーム資金なんかはどのタイミングで必要になるか分からないので、すぐに引き出せる積立預金がピッタリです。

デリバティブ商品にご注意を!

預金の中には「デリバティブ預金」や「仕組み預金」と呼ばれるものがあります。

デリバティブ預金は定期預金よりも更に利率が高く、「預金」と名前が付いているので定期預金と同じようなイメージを持たれがちですが、株式や為替などでの運用が組み込まれたリスクのある金融商品です。

定期預金はたとえ途中で解約したとしても元本は保証されていますが、デリバティブ預金は途中で解約した場合元本割れすることも。商品の内容によっては、満期日まで待ったとしても外貨での払い戻しとなるなどの場合があるので注意が必要です。

ただ、最近は定期預金の利率も低く、長くあずけてもあまり預金が増えることはありません。リスクも理解した上で、デリバティブ預金を活用するのもいいかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事