• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

低リスクでお金を増やす「定期預金」で少しでも得する裏ワザ

Date:2013.05.02

低金利時代

給料の増加が期待できないからこそ、なんとか貯金を増やしたいもの。でも投資やFXは怖くて手を出せないという人も多いはずです。

そういう人におすすめなのが「定期預金」、と言いたいところですが、最近ではこの「定期預金」も低金利が続いており、メガバンクでは0.1%にも満たない所も多くあります。そこでリスクの少ない「定期預金」を少しでも有効に利用する方法をご紹介しましょう。

1.金利の良い銀行を見つける方法

銀行というとどうしても利便性や信頼性からメガバンクに注目しがちです。しかし、必ずしも金利が良いとは言えません。ではどのような銀行が定期預金に向いているのでしょうか。

そもそも定期預金は頻繁に出し入れする物ではありませんので、利便性にこだわる必要はありません。むしろ、すぐに引き出したくならないよう、少々不便なくらいがちょうど良いかもしれません。そこでおすすめしたいのはネット銀行と地方銀行。

まず、ネット銀行は、人件費を削減した分金利が高く設定されています。金利が高いだけでなく、普通預金の振込手数料が無料になるなど、様々な特典が用意されているものも多くありますので、ネット銀行の口座を一つ持っておくと便利ですね。

続いて地方銀行。地方経済の衰退が進む近年、少しでも資金を集め、生き残りをかけてネット上で全国展開を行う地銀が増えてきています。

もちろんインターネット上で口座の開設や入金・出金を行うことが出来るので、不便さは感じないでしょう。銀行によってはメガバンクの5倍の金利の場合もありますので、ゆかりのない地域でも調べてみると良いでしょう。

2.金利上乗せの裏ワザ

店頭に表示されている金利に上乗せをしてもらえる場合があります。それはその銀行の株主になること。もちろんやっている銀行は限られますし、株を買わなければいけないという手間はかかりますが多い所で0.5%上乗せの場合もあります。株を買うことに抵抗が無い方ならば利用しない手はありません。

3.行きつけの銀行を作る

ネットがお得とは分かっていても、なんだか怖くて作る気になれないという人のために、次に紹介するのは、金利以外で得をする方法。それは、「お得意さん」になるということ。

地元の小さな銀行に行きつけの銀行を作りましょう。そして積極的に銀行員の方に話しかけ、名前を覚えてもらいましょう。運が良ければおまけをくれるようになるかもしれませんよ!

この記事をシェアする

関連記事