• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

定期預金ってどんな預金?新米主婦でも賢く貯蓄しよう

Date:2013.04.29

家庭のお財布を預かる主婦にとしては、上手に貯蓄していきたいですよね。でも新米主婦さんにとっては、預金関係って難しくて良く分からないでしょう。

そこで、定期預金と普通預金の違いや定期預金の上手な活用方法などをご紹介したいと思います。銀行の方にお聞きしてきましたので、賢い貯蓄の参考にしてみて下さいね。

何が違う?定期預金と普通預金

大体の方は、普通預金の口座をお持ちなのではないでしょうか?お給料の振込や光熱費などの引き落としなどで、普通口座を使っているかと思います。最近では、普通口座にそのまま貯蓄している方も結構多いようです。

普通口座は、いつでも出し入れできますが、入金の決まりごともないので自由に使えます。
しかし定期預金は、基本的に自由な引き出しができませんし、光熱費などの日々の支払い口座にすることができません。

定期預金は、口座開設時に満期の期日を決めます。1ヶ月から設定できますが、最長で10年くらいまで設定できる場合が多いそうです。また、毎月いくら入金すると決めておくのも定期預金の特徴です。

毎月同じ金額を入金し、満期に引き出せるのが定期預金!貯蓄が苦手な方には、オススメな預金なのです。

またもう一つ違う点が、金利でしょうか。普通口座は、基本的に変動金利になっているので、その時により金利が変わります。しかし定期預金の場合は、ほとんどの定期預金が固定金利になっているそうです。

固定金利とは、口座開設時の金利が、満期まで継続される金利のこと!変動金利の場合には、貯蓄中に金利が下がったりしてしまうことがありますが、固定金利の場合には、貯蓄中一定の金利になるので、金利の計算がしやすいというメリットもあります。まあ、逆もしかりですが…。

また、定期預金でも種類によっては、変動金利の場合もあるので、注意しておくと良いでしょう。

そして定期預金でも、解約することで途中で引き出すこともできますが、固定金利の場合ぺナルティが発生することもあるそうなので、口座開設時にしっかり確認しておく必要がありそうです。

定期預金と普通預金の大きな違いは、このくらいでしょうか。

定期預金活用法

定期預金と普通預金の違いは、お分かり頂けたかと思いますので、定期預金の賢い活用法をご紹介しましょう。

定期預金を組む場合、固定金利を採用しているプランが多くあります。高金利の時に定期預金を組めば満期まで高金利が続き、低金利の時に定期預金を組めば満期まで、低金利になってしまいます。

今の金利を良く調べて、高金利の時に定期預金を組むと、とてもお得なのです。また満期までの期間が長期になるほど、金利や保証など条件は良くなりますが、素人が金利の変動を読むのは難しすぎますよね。

ですから、1年とか3年とかの中期で満期を設定しておくと、見直しも出来てよいかと思います。中期満期も不安な方は、まずはお試しで数ヶ月の短期で組んでみても良いかもしれませんね。

固定金利で預けられるのが、定期預金の最大のメリットです。銀行によっても、さまざまなプランがありますので、現在の金利と自分に合ったプランを選んで賢く貯蓄しましょう。

この記事をシェアする

関連記事