• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

信じる?それとも信じない?天中殺の忠告を心がけて

Date:2013.08.20

天中殺。あなたはこの存在を知っていますか?占い好きの方なら一度は耳にしたこともあるのではないでしょうか。

「何をやっても上手くいかない2年間」といわれている天中殺。そんな恐ろしい(?)天中殺に心がけておくとよいあれこれをご紹介いたします。

そもそも天中殺とは?

誰にでも12年に1度必ず訪れる2年間を言います。この期間は普段の精神状態とは異なり、頭脳構造が無限大に広がります。そのため良い運気の感性、悪い運気の感性が宇宙規模で入り込むと言われています。

冷静な判断が出来なくなる部分があるので、一般的に重要な決断はこの期間には行わない方がいいと信じられています。

新しいことを始めてはならない?

上述した通り、冷静な判断が出来ない状態にあるため、自らの意思での引越し、転職、土地の購入、新築、同棲、結婚などは避けたほうがいいでしょう。

天中殺の期間中の結婚の場合、離婚率が上がるそうです。転職に関してもあまりおすすめはしませんが、転職先にいい上司との出会いがあった場合は、禍を避けることもあるそうです。

ただし、自分の意思ではなく他動的な力が働いた場合は、天中殺だからと言って流れに逆らうのではなく、流れに身を任せてその方向に向かうとよいとされています。

目標に向けてコツコツと努力するには最適な2年間

天中殺の期間は、吸収力が抜群ですから、「勉強する」には最適な2年間です。何かを決断するというよりは、後に決断する時のための知識を身につけるための期間であると考えると良いでしょう。

資格取得を目指したり、趣味の世界を広げたり、この期間で得たものが今後の自分の力となることです。

とにかく肩の力を抜く

とにかくこの2年間は、新しいことを始めるのではなく、これまで積み重ねてきたものに身を任せて、ただただ力を抜いて生きていけばいいそう。

天中殺だからと言って、変に構えるのではなく、「天から与えられたご褒美の2年間」くらいに考えて、気楽に過ごしていくのが1番なのかもしれませんね。

休息すべき時間にしっかり休息をしないでいると、夜も寝ないで働くのと同じようなものです。天中殺の時には、何か大きな決断をするのは避け、ゆっくりと休息し、天中殺の時期を終えてから、少しずつ活動を始めるべきでしょう。

この記事をシェアする

関連記事