• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

季節の便りで旬な女!ワンランクアップの手紙術!

Date:2012.12.07

気温も上がり暑さからなんとなくやる気が出ないこの季節、涼しげなハガキ一枚で爽やかな気分になれたことってありませんか?

また、懐かしい友人が旅先から素敵な風景のポストカードを送ってくれたり、普通の官製ハガキでも飾っておきたくなるようなイラストが添えてあるカードが届くと、気分もほっこりしますよね。

そんな季節を感じさせる便りを出してみませんか?メールやSNS上でのやりとりがメジャーになった昨今、ハガキや手紙が来ると新鮮でとても良いものです。今年の夏からさっそく実践出来る、簡単な手紙術も紹介します。

季節の便りにはどんなものがあるか

季節の便り、と一口に言ってしまうと暑中見舞いや年賀状のような、「お堅い」イメージになるかもしれませんね。それはもちろんですが、もっと季節のイベントに即して考えればそんなに難しくありません。

例えば、七夕。学生さんなら「夏休みが始まった」でもいいかもしれません。冬ならクリスマス。クリスマスカードは一般的にも贈る習慣の人が多いかもしれません。バレンタインにも、遠方の友人にハガキだけでも贈ると喜んでもらえるでしょう。

季節に合わせて、季節感のある便りにすることが重要です。

より季節感を出すワンポイント

季節の便りに向いているのは、手紙よりもやはりハガキ。インパクトがある写真入りポストカードや郵便局では季節に合わせたかもめ~るなどの色葉書も販売しています。手紙の場合、切手を可愛らしいものにするという手もあります。

暑い季節には海やかき氷といった涼し気なデザイン、寒い季節には暖炉や焚き火といった温かなデザインのものを選ぶと、受取人にも喜んでもらえます。そして書くときのペンをひと工夫するだけでも見た目の印象が変わってきます。

夏の涼やかな感じを演出するのにはやはり筆ペン!流れるような文字が水を連想させます。構図も重要なので、ハガキの真ん中にあえて少なめにメッセージを書くのもオツです。

オシャレに文字を書くのが難しく感じるあなたはシールがオススメです。文字になっているもの、大きなステッカー1枚だけを貼るのもインパクトがあります。年賀状用ではおみくじがついたものや金箔が貼ってあるものもあり、シールで高級感を出すことも出来ます。

さらに女性らしさを演出するワンポイント

色使いやペンにこだわる細やかさは男性が真似出来ない女性のポイントです。さらに見た目にアクセントを加える、そして視覚以外にも作用するポイントを紹介します。

  • マニキュアを利用する
  • 最近のマニキュアはラメが入っているものも多く、簡単にポップさを演出出来ます。また速乾性のものも多いので、ペンでは出せない立体感を出すことが出来ます。

    使い方は簡単。マニキュアでハガキの縁をなぞるように色を付ければ、ポップな印象になりますし、幾つかの点を円状に起き放射線状に引っ張れば花のような模様が出来ます。水色地のハガキには、白いマニキュアでドット柄を描けば涼やかな海の中のような印象になります。

  • 香水をふる
  • 絵柄、宛先すべて書き終えたハガキにシュッと一吹き。ほのかに香る程度にふった方がよりさりげない印象になります。

年賀状は社会人として年始の挨拶の基本ですが、それに加えて様々な季節の便りを出すことが出来る女性はまさに旬な女です。シックでクラシカルなもの、ポップなものを使い分けてワンランク上の女性を目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事