• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今すぐ出来る!簡単で誰でも可愛くできる手帳の作り方

Date:2013.05.17

手帳を使用している人は多いと思います。毎日のスケジュール管理や日記代わり、その用途は人によって様々です。

しかし予定を管理し終わったそのページを見直すことはあるでしょうか?せっかく日記で残した思い出や出来事の感想を振り返ることはありますか?

手帳も「書きっぱなし」ではもったいありません。せっかくなら「後から見直しても楽しい」手帳にしていきましょう。とは言え、絵を書くのは苦手・・・と思った人もいるかもしれません。そんな人でも簡単に出来る「振り返りたくなる手帳の作り方」を紹介します。

その週、その月が終わったら

すぐに出来ます。簡単な方法です。手帳にはマンスリー、ウィークリー、デイリーといろんなタイプがあります。マンスリーやウィークリーを使っている人にお薦めなのが、その週・その月が終わったらウィークリーページやマンスリーページを見直すことです。

そしてその期間について、振り返ってみたり、一番良かったことだけを書き残しておいたり、あるいは「この日の食事はどこで何を食べたっけ?」と脳トレ的に遊んでみてもいいかもしれません。自分がやりやすい方法を考えましょう。

ちなみに私は誰に会ったかを書き出し、久しぶりに会った友人や会えて嬉しかった、有益な話が出来たと感じた人に○をつけるというのをやっています。

シールを活用すれば一目で可愛く!

ウィークリー、マンスリーの振り返りと同じですが、これはちょっと面倒くさがりな人にもお薦めのもっと簡単な方法です。

何か可愛いプチシールを用意してください。ロフトのシールコーナーなどに行くと可愛いのが沢山あって目移りしてしまいそうです。用意はこれだけ。

あとは週・月が終わった時にウィークリー、マンスリーページを見直して「この日はいい日だった」と感じる日にシールを貼るだけ。

「反省した日」「自分を褒めたい日」など、工夫を加えてみてもいいかもしれません。簡単に見た目も可愛く、振り返りが出来る手帳が出来ます。

手帳のための時間を取りましょう

手帳はスケジュール管理の傍ら、いかに使いやすく、早く書き込めるかというところがあります。その考えを覆して「手帳のための時間」を取ったことはありますか?

字のままですが、手帳を書き込む為の時間です。私は手帳を日記代わりにもしているので、週に一度は「手帳を書く為の時間」を取っています。

しっかり時間を取るようにすると丁寧に書くようになりますし、書き込んだ予定についてもより大事な予定に思えます。

大切な予定を書き込んだ手帳だと思えば、手帳自体をもっと大切に扱えるようになります。時間をとって向き合えばいいことの連続なので、ぜひ「手帳時間」を作って見てください。

この記事をシェアする

関連記事