• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性だからこそ知っておくべき!痴漢にあった時の対処方法

Date:2012.11.23

電車の中でチカンにあいました。今後チカンにあった時は一体どういった対処をすべきでしょう。基本的な事を知っていれば、イザという時に泣き寝入りする事はないのです。

いつの世も「自分の身を守れるのは他人ではない、自分である。」という気持ちを持ちましょう!

チカン行為は、以下のような罪になります。

  1. 強制わいせつ罪
  2.  衣服の中を触ったり、殴るなどの乱暴を伴う行為です。半や年以上10年以内の懲役となります。

  3. 迷惑防止条例違反
  4.  公共の場所で、ひわいな言動、衣服の上から触る、または携帯電話やビデオなどで盗撮するなどの行為は、女性を恥ずかしい思いにされる立派な罪です。1年以下の懲役、または100万円以下の罰金となります。

  5. 公然わいせつ罪
  6.  局部を見せる行為の事です。6ヶ月以下の懲役、もしくは30万円以下の罰金です。または1ヶ月以下の懲役、もしくは1万円以下の罰金となります。

さて以上がチカンにまつわる法律の数々です。さて、最も大事なのは遭わない事だと思いますよね。防止策として、それでは日頃から私たちが気をつけるべきことをまとめてみました。

被害に遭いやすい場所を避けること

被害に遭いやすい場所とは、電車の乗降口付近、人目のつかない隅、車両との連結部分、夜遅い電車では他の乗客と離れた場所などです。

遭わないための工夫とは

まず、夜遅い電車では知らない人であっても女性同士でかたまって乗車する事です。そして空いている場所は極力避ける、車掌さんの近くに乗るなどの、ある程度の工夫が必要かと思います。

朝の満員電車でチカンを避けるための方法

ホームで電車を待っている時に、不振な人物がいないかどうかをチェックする事です。

不審な人物の特徴とは

  1. ホームをうろついている。これはチカン対象者を物色している行為です。
  2. 空いている電車が来たのに乗らない。チカン対象者を見つけて、あえて混んだ車両に乗るための行為です。
  3. 上りと下り電車のホームを行ったり来たりしている。あくまでも出勤と見せかけて、チカンができる満員区間を見つけている行為です。

中にはいつも同じ場所や時間に乗る女性を狙っているチカンもいます。不審な人物を見つけたら、一刻も早く、車両や乗る時間を変えましょう。

もしもチカンに遭ってしまったときの対処方法

周囲の男性に協力を求めましょう。恐くて声が出ない時は、目で救いを求めるのも手です。助けてくれる人は意外に多いですよ。

あと、触っている手を確実に捕まえる事は重要です。捕まえる勇気がなかったら、触っている手元をよく見て、袖口や腕時計や指輪など、犯人の特定に繋がる特徴をしっかり確認してください。

ここは慎重です。間違えてしまう可能性も大きいのでしっかり確認をしてくださいね。チカンを捕まえたら、携帯電話で警察に通報するか、車掌さんなど駅で働いている人に通報してください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント