• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の敵を許すな!痴漢に遭わない為の対策と被害に遭った時の対処法

Date:2012.09.18

女性を狙う卑劣な犯罪が痴漢です。急に後ろから、お尻を触られて嫌な思いをした!なんて経験はありませんか?

痴漢は絶対に許せない女性の敵です。そんな痴漢が出やすい場所や時間帯、そして痴漢に合わない為の対策や被害にあった場合の対処法などをご紹介していきましょう。

痴漢が出やすい場所や時間帯

女性の敵!痴漢は色々な場所に出没してきます。日頃から何気なく行くような所でも、女性は常に痴漢という犯罪に狙われているのです。

では、どんな場所に痴漢は出没しやすく、狙われやすい時間帯とはどの時間帯になるのでしょうか。又場所により対策を頭に入れておく必要があります。場所別対策法も合わせてみていきましょう。

①電車

狙われやすい時間帯は、通勤ラッシュの午前7時~9時又は、帰宅ラッシュの17時~20時前後です。痴漢被害に一番合いやすい場所といえば、勿論電車の中です。

満員電車の中では、否応なしに体が密着してしまう状況になる場合が多々あります。女性専用車両がある場合には、そちらを利用する事をオススメします。

又乗り込む際、自分の後ろに張り付いている人がいないか見渡してから乗り込んで下さい。

そしてラッシュ時には、電車の中だけではなく、駅の構内やエスカレーターでも同じ状況になる場合が多いので、混雑から抜け出すまでは、鞄で背後を覆ったり十分な注意を行って下さい。

②エレベーターの中

いつでも狙われやすく、基本的に限られた時間帯がありません。エレベーターは、他人と1対1になりやすく密室になる場所です。

身近過ぎて、見落としがちになる場所ですが、電車の次に痴漢の危険度が高い場所になります。夜間の自宅のエレベーターは勿論の事、昼間でも密室になる以上油断してはいけません。

待ち伏せして、タイミングを狙っている痴漢もいますので、急に乗り込んでくるような人には、十分な警戒をして下さい。

乗り込む前に、怪しい人物がいないかを見てから乗り込むのも、被害に合わない対策の一つになります。又逃げやすいように、出来るだけドア付近に立つようにしましょう。

③帰宅時の夜道

夕方以降暗くなる時間は、いつでも危険ですが、特に終電間際など、人通りがなくなってくる深夜は注意が必要です。

仕事などで、どうしても夜道を一人で歩かなくてはならない場合もあるでしょう。女性の夜道の一人歩きは、痴漢にとって人目につきにくい絶好の痴漢ポイントになります。

電車などでは、触られる以外の危険性は少ないですが、夜道の場合には、暗闇に連れ込まれる危険性が高まります。

毎日同じルートで同じ時間に帰宅するような場合には、特に狙われやすくなりますので、たまに帰宅ルートや時間を変えたりするだけでも、十分痴漢対策になります。

又痴漢ブザーを持ったり、街灯の少ない道を避けて通る事、どうしても暗い道を通る必要がある場合には、物陰などに十分注意しましょう。

④男性が集団でいる場所

痴漢は、一人で行うとは限りません。集団で一人の女性を取り囲んで、犯行に及ぶ集団痴漢もあります。

集団痴漢の場合には、どこにどんな女性がいるかなど、インターネットで情報交換なども行っているという話もあります。男性が集団で集まっている場所や特に電車は、車両を変えて乗るなどの対策をした方が安心です。

又スカートを履いていると狙われやすいといわれています。ミニスカートだけでなく、膝丈のスカートでも狙われやすいですので、スカートを履いた時には、背後に十分意して下さい。

そして座っている時にも、座席の後ろから手を入れるなどの痴漢行為もあるので、立っている時同様に注意が必要です。

被害にあった時の対処法

いざ痴漢にあってしまうと、何をどうしていいか分からなくなります。突然の事に、体が全く動かなくなってしまいますよね。でも、被害にあったら勇気を出して周りにも被害にあっている事を伝える事が大切です。

被害にあった場合には、敬語で「やめて下さい」と伝えましょう。恥ずかしいですが、勇気を出して下さい。そして敬語で伝える事がポイントです。

敬語を使う事で、周りに他人だという事を知らせる事が出来ます。カップルと勘違いされない為です。黙っていると、行為はエスカレートしていきますので、頑張って声を出してみましょう。

どうしても声が出ない場合には、後ろを振り向いて表情で威嚇します。犯人が分からなくても、周りを睨みつける事で、止めろ!という意思を伝えるのです。

そして体をずらして触られた場所を鞄や手でガードして下さい。それでも止めない場合は、次の駅で降りてしまいましょう。

そして最後に、駅員さんに痴漢にあった旨を伝えて下さい。同じ怖い思いをする人が出ないように、何処から何処までの距離で痴漢をされたのか、次に痴漢が起きた時に、警察に伝えやすいように、駅員さんに情報を提供しておいて下さい。

又あなたが警察に行くかどうかは、自分の判断です。日常的に狙われている場合には、警察に行く事も考えた方が良いと思います。

痴漢は、絶対に許してはいけない犯罪です。直接手で触らなくても、体を密着してきただけでも痴漢になります。どんな行為が痴漢にあたるのかを知っておく事も、重要な対処法になるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント