• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

知的女子がやはり勝つ!天然キャラやおばかキャラはもうモテないその理由

Date:2013.03.01

テレビでおバカ女子がはやった時代もありましたが、今の男性が求めているのは自分のパートナーとして一緒に歩んでいける存在です。

なぜならば、この不況で男性の収入というのは以前に比べると大きく減っています。男性一人の力で生計をたてるのはかなり困難な時代と言えるでしょう。

そんな中男性がパートナーとして選びたいのは自分のことを支えてくれ、ともに歩いて行ける存在ですよね。それにはやはりおバカ女子よりは知的女子がいいもの。でもただ賢ければいいものでもありません。モテる知的女子のススメです。

賢さと癒しを兼ね備えた女性になる

知的女子というのは高学歴や高収入であるということではありません。高卒でもかまいませんし、今まであまり勉強してこなかったという人でもかまいません。

今現在いろんな知識に敏感になっているか、そういった知識を彼に提供することができるかというのが大きなポイントになってきます。

高学歴の女子にありがちなのは知識はたくさんあるけれど「え?そんなこともしらないの?」みたいな態度をとってしまい男性のプライドを傷つけたりすることです。

知的女子というものは知識はもちつつも、男性が困っているときなどにそっと助け舟をだしてあげることができる女子です。また、ちょっとしたジョークで場を和ませたりできる癒しを与えられる女子です。

新聞や本を読もう

まずは知識を持つ必要があります。たとえば、彼がやっている仕事はどんな仕事かわかっていますか?たとえば彼の仕事が商社の営業だとしたら、営業はどんな仕事なのか、どういった商品を扱っているのか興味を持ってみましょう。

彼からどんな仕事か聞いたら、新聞や本で関係する記事などを読んでみます。そうすればたとえば彼が仕事の話を聞いてほしいとき、話を聞いていても退屈することはないでしょう。

たとえば最近あまり営業がうまくいっていないんだというときも、業界の景気が悪いから大変だねという言葉が自然に出てくるようになりますよね。

また、彼が新聞を読んでいる場合は同じ新聞を読んで、わからないところは聞いてみることで、頼りにされていると彼に自信をもたせることもできます。

ボキャブラリーの多い女性になる

男性が喜ぶ知識として、女性らしい知識があります。これは男性が知らなくて当たり前という知識なので、こういったこと知ってるよと披露しても、男性のプライドを傷つけることもありませんし、女性として素敵だなと思われるようになります。

たとえば冬至に食べるといいものをあなたは知っていますか?冬至には「ん」が付く食べ物を食べるとよいとされています。

そういったことを日常会話でさりげなく伝えることができると、素敵な女性だと思われることでしょう。こういった知識を身に着けておくためにも、日頃から本や新聞などに目を通すようにしておきたいですね。

この記事をシェアする

関連記事