• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝食の何気ないトーストを劇的に美味しくするちょっとした魔法の小技

Date:2014.04.02

毎朝の食パンとサラダとハムエッグとコーヒー。そこで、食パンにある一工夫をするだけでとっても美味しい食パンになることについて紹介させていただきたいと思います。

用意するのはマヨネーズ、パルメザンチーズだけ

大さじ2から3ほどのマヨネーズに粉チーズを大さじ1・5位をねりねりと混ぜ込みます。それをいつもの食パンに塗って、軽く焦げるまでトーストするだけです。焦げすぎるとパサパサになるので、焦げの具合がポイントです。

たったこれだけなのですが、ただ単にマヨネーズをつけて焼くのと比較してみると、雲泥の差という感じです。

さらにお勧めなのは、のりを最初に敷いてから先ほどの粉チーズマヨを塗って焼きます。のりの香ばしい香りもしてさらに美味しくなります。こんなのもあります。

用意するのは炊いたひじきとごま

ひじきを昨晩に炊いて今朝のお弁当にいれたのが少し余っていればそれを使います。大さじ3くらいのひじきにゴマを大さじ1くらいをたしてまぜます。これを焼いた食パンにはさんでいただきます。焼きそばパンならぬ、ひじきパンです。

これなら、栄養もとれて、ひじきそのものをいただくよりも、3倍は美味しいです。ひじき嫌いの子供さんにもお勧めです。さらにはこんな簡単だけど美味しいパンの食べ方もあります。

用意するのはごま油だけ

パンにごま油をぬって焼くというものです。バターをぬるよりも、カロリーも低いですし、とーっても香りが良いので是非おすすめです。ごま油を塗ったうえに、ゴマをふってから焼くのも美味しいです。

ダイエットにもおすすめです。さらに、オリーブ油を塗って焼くというのもあります。この場合はたっぷりめにオリーブ油をつけて焼くととってもジューシーでおいしいです。

オリーブ油をぬって焼いたトーストに蜂蜜をかけて食べると3枚くらい食べれそうです。これではダイエットしたつもりが逆効果になってしまいますね。食べ過ぎには注意ですね。

いかがでしょうか?いつもとはほんの少し違うトーストで今日も一日頑張っていきたいものです。

この記事をシェアする

関連記事