• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性がトイレを我慢すると起こる病気と対策方法

Date:2013.03.04

彼とのデートのときなどトイレに行きたくてもつい我慢をしてしまう事ってありますよね。また話が盛り上がっているときや、大事な会議などをしているときは、トイレに立つのは気が引けて我慢してしまうことも。

でも、女性がトイレを我慢すると健康や美容にとても悪い影響を与えるのです。トイレを我慢しただけで、つらい思いをするのはイヤですよね。

中にはトイレに立つのが面倒だから、という女性もいますが、そのせいで病気になり何度もトイレに行かざるをえなくなってしまうことも。

トイレに行きたくなるのは生理現象です。周囲だって「行くな!」とは言えないはず。トイレを我慢はやめましょうね。

トイレを我慢すると雑菌が増える

トイレを我慢していると膀胱炎になりやすいというのは知っている人も多いと思います。なぜ膀胱炎になるのかというと、トイレに行く回数が少ないと尿道で雑菌が繁殖してしまうからです。

雑菌が繁殖して膀胱に炎症が起こると膀胱炎になってしまうのです。

トイレにいって尿を出すという行為は、尿道や膀胱にある最近を尿で洗い流すという役割があるのです。トイレに行って排尿しないと細菌感染が起こって膀胱炎になってしまうのです。

膀胱炎になるとどうなる?

膀胱炎の症状は残尿感、痛みや高熱、ひどくなると腎盂腎炎などを引き起こすこともあります。

膀胱炎になると、つーんとした痛みを感じたり、残尿感がひどくなり何度もトイレに行きたくなります。下腹部に痛みを感じるようになり排尿時にひどい痛みを伴うことも。また、血尿を出すこともあります。

膀胱炎はつらいものです。症状が出たら軽いうちに病院に行きましょう。

膀胱炎の予防は?

一度膀胱炎になるとクセになると言われます。膀胱炎になったら完治してもさらに注意が必要です。

予防としてはトイレを我慢しないこと。生理のときなどもこまめにトイレに行って清潔にするようにしましょう。さらに排便後はお尻を前から後ろに拭くようにしましょう。

また、性行為の前にはシャワーを浴びて清潔にし、行為の後はトイレに行って尿道や膀胱に入った菌を排出するようにしましょう。

1日にトイレに行く回数も影響する?

女性の中にはトイレに行く回数が極端に少ない人がいますが、それもよくありませんよ。膀胱に貯まっている尿には菌が存在しています。

尿意があるのにトイレを我慢するのは当然よくありませんが、尿意がなくても3~4時間ごとにはトイレに行く習慣をつけて、膀胱内の細菌を早く排出するようにしましょう。

トイレを我慢すると腎臓に影響が出る

トイレを我慢すると膀胱に細菌が繁殖してそれが腎臓にまで影響してしまことがあります。腎臓の働きが低下するとむくみやすくなります。

腎臓はホルモンバランスをコントロールしている臓器でもありますから、ホルモンバランスが乱れ、肌トラブルにもつながります。また、だるくなったり、顔色が悪くなったりすることもあります。

尿管結石の原因になる

排尿を我慢すると長時間膀胱の尿がたまり、結晶ができやすくなります。その結果尿管結石になりやすくなるのです。

尿管結石は下腹部の痛みや血尿などが症状としてありますが、下腹部の痛みはとてもつらいものです。体に石なんて作らないようにしましょう。

トイレに行きたいと言えない場合には?

彼とのデート中にトイレに行きたくなって恥ずかしくて言い出せない、という場合は、お化粧直しをしてくるね、とかコンタクトレンズにゴミが入ったから洗ってくるね、などと言って早くトイレに行きましょう。

ドライブ中であれば、ちょっと休憩しない?とかコンビニに寄りたいんだけど…などと言えば恥ずかしくないですね。

この記事をシェアする

関連記事