• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

トイレの臭いが激減するというとっても簡単な魔法の掃除方法

Date:2013.11.29

トイレってどうして匂いがするんでしょうか?それはアンモニアが原因とされています。アンモニアは水中にも溶け、溶けると臭いが出てきます。ですから壁などの水分にもアンモニアはくっついて臭いを放つことになります。

ではアンモニアはどこに含まれているのでしょうか?うんちにはアンモニアはありません。ですから、時が経てば臭いのは飛んでいきます。問題はおしっこの方です。トイレの臭いは長年蓄積されたおしっこの臭いなのです。ではどうしたらその臭いは消えるのでしょうか?

トイレ用洗剤を工夫してみる

今注目されているのは重曹洗剤です。重曹は頑固な汚れも研磨効果があるので落としてくれます。重曹を大さじ2ほど500mlの水で溶いて重曹洗剤を作っておきましょう。

そしてクエン酸です。クエン酸はアンモニアを落とす効果があります。ですからクエン酸も水溶液を作って活用していきましょう。

まず便器から洗いましょう。

重曹洗剤とクエン酸洗剤を便器にまきます。それをスポンジで洗います。便器の内側は汚れがきついので、最初は塩素系のトイレ洗剤で洗います。

便座を洗う

便座を洗いましょう。重曹を吹きつけてお湯で洗った雑巾で拭きます。次にクエン酸を吹きつけ、同じく雑巾で拭きます。その後、お湯でよく絞った雑巾で重曹とクエン酸をふき取ります。

ふた、便器の外側などを洗う

ふた、便器の外側を掃除します。重曹とクエン酸を吹き付け、お湯でしぼった雑巾で拭きます。その後、同じくお湯でしぼった雑巾で重曹とクエン酸をふき取ります。

床を掃除する

床も先ほどの便器の外側と同じように、最初にクエン酸と重曹を吹ふきつけ、雑巾で拭いてから、最後に重曹とクエン酸をお湯でしぼった雑巾で拭き取ります。

壁もタイルの場合は壁も掃除する

アンモニアは壁の湿気にも付着していますから、壁も便器の外側と同じように掃除します。

しばらくこのように掃除を続けて、アンモニアの臭いが消えてきたら、重曹とクエン酸を同時に吹きつけることにし、便器→便器意外プラス床→壁などという風に掃除するようにしていきましょう。雑巾をお湯で絞るのは、冷水でしぼるよりも汚れがよくとれるからです。

ここもポイントのひとつです。そして2つ目のポイントは重曹、クエン酸用の雑巾とそれをふき取る用の雑巾をわけておくことです。最終的にはどちらの雑巾も石鹸でよく洗ってから保管です。

肝心の雑巾にアンモニアがついていたらそれを拡大していることになってしまいますから。クエン酸がアンモニアという酸性と合わさり、中性となってアンモニアの臭いが消えるということになります。ぜひ重曹洗剤とクエン酸洗剤をご活用ください。

この記事をシェアする

関連記事