• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

まだまだ出ます!ときめきホルモン!恋もどきでもきれいになれる

Date:2014.07.07

恋多き女性は、恋をしてはときめきホルモンが出てきれいになり、きれいになってはまた新しい恋をする、という幸せループに突入するため、どんどん幸せに、どんどんきれいになっていきます。

なんて羨ましい話なんでしょう。でも、なかなか恋ができない女性や、結婚して夫にはときめくことがなくなった女性もあきらめないで。次から次へと恋をするのは無理だとしても、ときめきホルモンできれいになることはできます。

本当の恋じゃなくたって、「恋もどき」だって、ときめきホルモンは出るのです。

とにかくドキドキしてきれいになろう

恋愛中に出るときめきホルモン「エストロゲン」。肌を美しくしたり、バストに張りを与えたりする、女性らしい体を作る女性ホルモンのひとつです。いつまでも若々しく女性らしくあるために、ぜひともこのホルモンに出てきていただきたいですね。

大丈夫。本当の恋じゃなくても、ドキドキと胸が高鳴ればときめきホルモンは出るのです。

恋愛もどきのパターンいろいろ

映画やドラマの中の登場人物に感情移入することでときめいたり、好きな芸能人に恋したり、良くいくショップの店員さんに憧れたり、なんでも良いのです。ドキドキしてください。

・映画、ドラマ、漫画など作り物の世界の中で疑似恋愛

一番手っ取り早くドキドキできる方法です。自分がときめきやすいシチュエーションの作品を探して、夜中にひとりでゆっくり恋愛気分に浸ると良いでしょう。ただ、ひとつの物語が終われば恋する気分も終わり。次から次へと気になるストーリーを見つける努力が必要です。

・芸能人に恋する

これは手の届かない憧れの先輩に恋するのと似たようなもので、見ているだけでドキドキ、声を聞くだけでときめく、ということが最初のうちは起こるわけですが、常に画面越し、会えたとしてもコンサートや舞台などで距離感がある上に、恋愛としてのシチュエーションは妄想のみで、恋愛のテンションを上げ続けるのが難しいかもしれません。

・ショップの店員さんに憧れる

距離感は一番近いです。会えるかな、言葉を交わせるかな、顔を覚えてくれてるかな、など、小中学生の頃の淡い恋心に近いときめきがあります。

実際に言葉を交わしたりできるので、リアルなときめき感がありますが、芸能人に恋するのと同様に、恋愛シチュエーションは妄想に留まることがほとんどです。

シチュエーション派?リアルときめき派?

ときめくのにも、人それぞれに好みがあります。恋愛シチュエーションでときめきたい人は、映画やドラマの中に入り込むのが良いですし、作り物の世界にはどこか入り込めないものがあるという人は、自分の日常の中に登場する誰かに憧れるのが良いでしょう。

芸能人でも、売れない芸能人や、ローカルな有名人などをターゲットにすれば、言葉を交わす機会もあるかも?自分がはまりやすいときめきの場を探してみてください。

リアル派にオススメなときめきスポット

ショップの店員さん、施設の職員さんなど、自分の現実世界の中にときめく対象を見つけたい人は、「見てるだけ」に終わらないようにしたいものです。言葉を交わす、至近距離をすれ違う、触れ合う、など、さらにときめくシチュエーションに持っていけるように頑張ってください。

プライベートでは言葉を交わすのも大変ですが、お店や施設であれば、商品のことを尋ねる、何かを質問する、などで言葉を交わすことも意外に簡単です。

触れ合うのはさすがに無理だろうと思われがちですが、お勧めなのは美容室。素敵な美容師さんがいるお店を見つけてください。お気に入りの美容師さんに髪を切ってもらう、髪を洗ってもらう、でも十分ドキドキしませんか?

個人的にお勧めなのは、百貨店やスーパーなどの広い売り場の店員さんにお気に入りを見つけること。

小さなお店の方が顔も覚えてもらえていいじゃないかと思うところですが、広い店舗の場合、会えるかどうかわからない、どこにいるのかわからない、というもどかしさが良いスパイスに。

「いた!」と思うだけで喜び、近くをすれ違うだけでまたときめき。障害が多いほど小さなことでもときめきます。そういう意味では、美容師さんも髪を切りに行く日(一ヶ月に一度くらい?)しか会えないので、想いが募って良いかもしれませんね。

ときめく対象が見つけられない人は

かっこいい人なんてそうそういない、ときめく相手を見つけられない、という人は、恋愛とは関係なくても良いので、とにかくドキドキしてみましょう。

ドキドキワクワクする映画を見てみる、ジェットコースターに乗ってみる、旅行の計画を立ててみる、など。恋愛ほどの威力はありませんが、胸が高鳴れば効果ありです。

大豆や海藻類、キャベツ、ヘーゼルナッツ、きな粉、など、エストロゲンの分泌を活性化させる食べ物を摂取するというアプローチもあります。

エストロゲンを作り出す卵巣を良い状態に保つことも大切です。コーヒーの飲み過ぎや喫煙、体が冷えることは避け、規則正しい睡眠やバランスの取れた食事などを心がけるようにすると良いでしょう。

この記事をシェアする

関連記事