• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

好きな人が沢山いる男性に気をつけて!特別な女性になれない恋愛

Date:2014.06.08

片想い中の男性の周りに女性の影が沢山あって困っている方は居ませんか?女性のことが好きな男性の場合は、好きな人を一人に絞らずに沢山作って賑やかな恋愛を楽しむ傾向があるようです。

今回は、好きな人が沢山居る男性たちから沢山の女性たちとどんな恋愛を楽しんでいるのか聞いてみました。いつまで経っても特別な女性になれない恋愛をしている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

本能のままに遊ぶTさんの恋愛

居酒屋勤務のTさん(23歳)は、お店で出逢った女性たちとの恋愛を楽しんでいると言います。

女性が多く集まる飲み屋なので毎晩のように出逢いがあります。フィーリングが合う女性から好きだと告白されたら基本的に断りません。

お店的にもトラブルにならなければ恋愛OKですし、人妻や彼氏有りなどトラブルになりそうな女性を選ばなければ問題は起きません。

だから一度に複数の女性と付き合うこともありますが、予め『女性のお客さんが多いから遊びに誘われることもあるし、メールや電話が来ることもあるけど嫉妬しないでもらえる?』と確認してからです。

無理な子とは付き合いません。今の仕事を辞めれば特別な女性を作ることもあるかもしれませんけど、毎日同じ女性と過ごす生活にはまだ魅力を感じないのでしばらくは出逢いの数だけ楽しもうと思っています。

来る者を拒まないKさんの恋愛

カーディーラー勤務のKさん(29歳)は、インターネットで女性を探して恋愛を楽しんでいると言います。

学生時代からモテるので、お客さんからアピールされることも多いんですが、お客さんと恋愛すると仕事がやりづらくなるので外で見つけるようにしています。

でも、土日も仕事で平日は残業ばかりで出逢いがないんです。だから、SNSを使って女性との出逢いを探しているんです。写真やプロフィールを充実させて、相手に警戒されないように工夫しています。

いいなと思う女性を見つけたら、相手のプロフィールを読んで共通点を探してメッセージを送ると大抵返事がきます。そこで更にプロフィールとは違う自分の写真を送ると、『かっこいいですね』とか『モデルさんですか?』と褒められることが多い。

数日メッセージをやりとりした後にデートすれば付き合う流れになりますね。その間に他の女性からメッセージが届いたら、来る者拒まず精神でそちらの女性とも恋愛を楽しみます。

最近はSNS結婚も流行っているせいか、女性からも積極的なメッセージが届くことが多いので『メール好きなので気軽にメッセージ下さい』と書いておくだけですからお金もかかりません。

ネットで探せば、この前デートした子の友達だったというトラブルもないので安心してデートできます。

人生を楽しむ方法と考えるYさんの恋愛

団体職員のYさん(32歳)は、多くの女性と恋愛することは人生を楽しむ方法と言います。

飲み会好きの男友達が多いので、必然的に沢山の女性たちと出逢いがあるんです。だから、いいなと思った女性と意気投合したらデートに誘って、初デートで付き合うことが多いです。

ただ沢山の女性と同時に付き合っているとよくわからなくなることもあって、終わる時はほとんどが自然消滅です。一人の女性と付き合うことは密接な関係を築けるのでメリットもあるんでしょうが、自分の人生を楽しむためには多くの女性と付き合ったほうがいいと思うんです。

例えば、一人の女性と付き合ってその人が映画嫌いだとしたら、そこで一つ楽しみが消えるでしょ。でも、映画嫌いの女性だけじゃなく、映画好きの女性とも付き合えば、俺の人生の楽しみは減らない。

沢山の女性と付き合ったほうが楽しい時間も増えるので一人に絞りたくないんです。『私だけを選んで』と言われることが有るけど、そういう人に限って趣味が無かったり、俺の好きなことは嫌いだったりするから選ぶ気にはなりません。

それに一人の女性に絞るよりも多くの女性と付き合ったほうが、考え方とか価値観とかみんな違うから自分の世界も広がる。

一夫多妻の国じゃないからいつかは一人に絞らなくちゃいけないでしょうけど、出逢いが無くならない限りは女性たちとの関係を絶ち切って一人と恋愛しないと思います。

結婚を考えているなら要注意!

沢山の女性と恋愛を楽しむ男性が落ち着く時期は、自分の魅力に衰えを感じる時と言われています。そのため20代や30代前半のモテ期ピークの男性の場合は、特別な女性を選ぼうとしていないので誠実なお付き合いや結婚を求めているなら避けたほうが良いかもしれません。

また、モテ期中の男性と結婚した場合は、結婚後も女性の影が気になるかもしれませんので、「好き」という気持ちに流されて全て許してしまう女性にならないように気をつけましょう。

この記事をシェアする

関連記事