• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今からはじめよう!共働きの人生で長い老後をたのしむ計画

Date:2013.09.13

できればまだ老後のことは考えたくないのだけど・・・そう思っている女性も多いと思います。
けれど、未婚の女性ならなおさらのこと、結婚して外で働くか、それとも家庭におさまるかをしっかり考えておくことは、大切なことでもあります。

もちろんパートナーの意見もあることですから、自分本位に決定できる話ではありません。しかし、どのような結婚生活を送りたいかをイメージしたときに“仕事をもつかもたないか”は最低決めていくことがらでもありますし、それによってゆくゆくもらえる年金も違ってくるわけですから、決して侮れない話になってくるということです。

世の中、誰もがゆとりのある老後を送りたいと考えています。そのためには、夫婦共働きするかどうかはおいておくにしても、しっかり夫婦で貯蓄しておくこと、老後、生活するために充分な年金をもらえることが条件になってきますよね。
まだまだ先の話ではありますが、いつかは必ずやってくる老後について、ちょっとだけスポットを当ててみたいと思います。

アナタは、結婚後どんな生活を送りたいですか!?

結婚後働くといっても、勤務体系はいろいろありますね。正社員、パート、派遣社員・・・万が一起業となるとちょっと特殊ではありますが、できないわけではありません。
長い自分の人生において、いろんな可能性を考えてみたり、家事や育児にどっぷり浸かりたいか、それとも保育園や学童を利用してしっかり外で勤務したいか、など自分の気持ちをまとめておくことも老後につながる生活の基盤としては、大切なことになってきます。

また、夫となるパートナーが妻が働くことについて、どう考えているかも大事なことになってきます。ということは、結婚生活次第で、老後が変わると言っても過言ではありません。
老後の生活なんて、とついつい後回しにしてしまいがちな話題ですが、夫婦で積極的に意見を出し合って一番しっくりくる生活を目指したいものです。

これから先、あっさり気持ちが変わることもあります!

そしてこれは、実際に結婚してみないとわからないことでもありますが、結婚生活をしたうえで、外で働きたいかどうかということにおいては、心変わりすることもあります。
子どもの数など家族計画をどう立てるか、ということ、マイホームをどうするかなどとも関わってきます。

独身の頃は「結婚しても外でバリバリに働くぞ!」と決めていたのに、いざ妊娠、出産を経験してみると価値観が大きく変わることも大いにあります。「子育てがこんなに楽しいとは思わなかった」とアナタ自身が思うかもしれません。これは悪いことでもなんでもなく自然な気持ちの変化ですから、ゆっくり自分の気持ちと向き合えばいいのではないでしょうか。

働けるうちに働いてみてもいいのではないでしょうか

とはいえ、一般的な家庭において、夫だけが仕事をする場合と妻も同じように正規社員で仕事を持つのでは、もちろん家計が全く変わってきます。共働きの場合は、それだけ生活費にゆとりが出てきますから、当然貯蓄に回せるお金も増えてくると言うわけです。

ここで一度、再確認しておきたいことは“仕事は何歳になっても、年齢に関係なく採用されるわけではない”ということです。
もちろん若ければいいという話でもないのですが、ブランクはないに越したことはありません。いざ子育てがひと段落して“仕事でもしてみようかしら”と思ったときに、自分がしたい仕事に巡りあえるかどうかという問題もあります。再就職という挑戦にとてつもなく大きなカベが立ちはだかっている可能性もあります。

だったら、と思うのですが、早い段階で仕事も持ってみるのはいかがでしょうか。
もちろん保育園問題や家族の理解など、家庭の事情が最優先されますが、環境が整いそうであれば、ひとつもチャンスです。外で働きたいという強い気持ちがあればトライしてみる価値はあると思います。

長い人生です。老後も長いです。元気なうちにしっかり働いて貯蓄し、老後は夫婦でゆっくり世界一周旅行をしたい!そんな目標があってもいいかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事