• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

友達は選ぶもの!貴女を不幸にする友達とさよならする方法

Date:2014.01.12

私たちの生活、そして人生にとって、人と付き合っていくことは欠かせないことですよね。その中の大切な人であるひとつが友達です。友達はいてくれるだけで、私たちの人生に華を添えてくれます。でも、どんな友達でもいいわけではありません。

隠れて貴女の悪口を言ったり、裏切り行為をしたり、貴女を陥れようとしたり、とにかく貴女の神経をすり減らし、ひたすら利用するよな人…そんな人は友達であっていいはずがありません。

類は友を呼ぶといいますが、そのような人たちは貴女の優しさに付け入って、それを利用しているだけにすぎないのではないでしょうか。それであっても、仮にもその子は現在貴女の友達です。

優しい貴女は彼女が自分を不幸にしているとわかっていても、なかなかさよならできないのかもしれませんね。そんな貴女に、本当に相手が自分にとって必要な友達なのかを判断しながら、上手に悪い友達とさよならする方法をステップを踏んでご紹介していきます。

ステップ1:自分の意見を相手を尊重しながらも伝える

貴女は相手に何かしらの不満があり、でも、それを彼女に伝えられない。だから苦しいのではないでしょうか?まず、相手に思い切って意見をぶつけることから始めましょう。でも、相手を責めるような口調や内容は絶対にNGです。

優しく、言葉を選びながら、でもしっかりと自分の思うところを伝えましょう。相手を傷つけよう、という気持ちではなく、相手を人間として尊重した上で、落ち着いた、大人の会話ができるように心がけてください。

要点をしっかりと相手に伝えられるために、話し合いをする前に自分で箇条書きで相手に伝えたい問題点を書き上げておくとよりよいでしょう。このような方法をとることで、ポジティブに会話が終わる可能性が高まります。

ステップ2:相手の意見も聞くようにする

意見の食い違いというものは実は相互の誤解からくることが多いものです。そこで、貴女一人で考え、勝手に判断するのではなく、相手の意見にもしっかりと耳を傾けましょう。相手の言い分を聞いてみると、実は自分に非があったなんてこともありうるのです。

先入観なしに、頑固にならず、気持ちを開いて相手の意見を受け入れる、それで相互の誤解が解けたりして、問題が解決しやすくなるものなのです。

ステップ3:最終決断を下す

これまでの工程でお互いの関係が納得できたり、誤解が解けたりして、友達でいてもいいと思ったのであれば、それでいいでしょう。でも、もし問題が解決しなかったら、決断の時です。

友情関係をきっぱりと終わりにして、完全に彼女から離れてしまうのが一番よいのでしょうか?それとも少しずつ距離を置いていった方が良いのでしょうか?

この友達はダメという判断しか下せず、関係の修復が不可能だと感じるのであれば、すっきりさっぱり相手に友達でいられない理由を述べ(でも、相手を罵るのは絶対にやめましょう!)、友達をやめてしまっても良いかもしれません。

上のステップを踏んできた上で納得がいかないのであれば、相手に誠実さがないのでしょう。でも、これまでは友達でいた相手なのです、時間を置いてみるのもいいかも知れません。そこで、相手と過ごす時間を減らしてみるのがお勧めです。

お互い離れることで相手のことが見えてきますし、それで関係が終わるときは終わりますし、相手のありがたみが出てきたら関係も復活してくるはずです。

場合によっては、二人のことを全く知らないカウンセラーのような第三者にお互いの話を聞いてもらうのもひとつの手です。

いかがですか?原点は貴女を貴女らしくいさせてくれる人で、貴女を否定しない人、それであれば、少しの行き違いがあっても友達でいられるはずです。自分を不幸にする人は上記のステップで終わりにしましょう。きっとまた新しい出会いがあるはずです!

この記事をシェアする

関連記事