• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

上も下もデニム?!常識を覆す2015トレンドファッション予想

Date:2015.03.17

shutterstock_215599171_
毎年、毎シーズンとトレンドファッションに注目するのも私達女性にとって大切な季節の習慣です。

しかも、日頃から実しやかに言われ続けているファッションコーディネートの鉄則を忠実に守りながら、周りの人達に「あらら、○△さんの今日のコーデ…“やっちゃった!”って感じね?」と陰で言われない様に神経もすり減らしますよね?

でも、今年のトレンドファッションは今までのファッションの常識を覆すコーディネートばかりで、今までタブー視されてきたスタイルが“最新トレンド” とまで言い切ってしまっても良いのです。

そこで、2015年のトレンドファッションの傾向をご紹介します。

もう“オタク系”とは言わせない!デニムの上下

デニムシャツあるいはタンガリーシャツを着て同系色のジーンズを着ると真っ先に思い浮かぶのが“秋葉系ファッション”…。

でも、今年のファッションに欠かせないのがデニム素材で、しかも上下同色のデニムでコーディネートするいわゆる70年代ファッションの再来なのです。

但し、上下デニムで合わせる場合にもジャケットやアクセサリーそして、シャツの着方で色や素材そしてコーデのバランスを取る様に心がけましょう。

パジャマではありません!柄のトップスに柄のボトムス

デニムの上下に続き、今までのファッションの鉄則だった“柄モノのトップスには無地のボトムス(あるいは逆)”がこのシーズンのファッションでは通用しなくなります。

例えば、大きなフローラルプリントのトップスにストライプやチェック柄の長めのペンシルスカートや、ペイズリー柄の下は水玉模様のゆるパンツなど、まるでパジャマの様相。

このシーズンは、柄に柄モノのファッションコーデを2、3パターン考えておく必要がありそうです

今年は堂々とストライプ

横ストライプ及び縦のストライプの服を着ていると“部屋着”とか「退屈なコーデの印象を与えがち…」と言われるのを恐れて避けていた女性の皆さん!

今年はストライプが堂々解禁です!

ストライプのポンチョにバッグ、縦じまに横ストライプを合わせたりして使い方は様々。

是非、遠慮してクローゼットの奥底にあるストライプのチュニック等を白いパンツと合わせて活用しましょう。

宴会の余興でなくてもフリンジ

宴会の余興でエルビス・プレスリーのモノマネでフリンジ(房飾り)が袖についたジャケットを着ているのを見た事がありますが、今年はフリンジに注目が集まりそうです。

全体がフリンジで出来たロングスカートや裾がフリンジのワンピースとこちらも一つは持っておきたいファッションアイテムです。

レギンスもOKなら幅広パンツもアリ

2015年ファッションの特徴に “逆もまたアリ”というのがあります

レギンスも流行りならパジャマの様な幅広パンツもOKで、丈の短いクロップトップスもアリなら、チュニック丈も良しと、正に何でもアリなトレンドなのです。

余りにも選択の幅が有り過ぎて、今年のファッションは逆に自分の個性を試されている気がしてきますね?

輝くスパンコールは夜だけのコーデじゃありません

スパンコールで装飾された洋服というと「演歌歌手や昔のお笑い芸人が着る服」というイメージを持っている人も多いかもしれませんね?

でも、今年はスパンコールも大活躍。

パーティ用ドレスだけではなく、袖全体がスパンコールで装飾されたTシャツや薄手のジャケットをダメージ ジーンズとコーデなんていかがでしょう?

メガネ女子がトレンドじゃないって誰が言ったの?

「メガネをかけた女性は男性にモテない…」なんて今年は言わせません!

自分に似合う、美しくファッショナブルなメガネはもはやジュエリー感覚で身に着けるモノなのです。

よって、コンタクトレンズは棚にしまって、今から自分に似合うメガネを2つぐらい確保しておきましょう。

背が高くて痩せてなくてもトレンドファッション

「トレンドって言うけど雑誌に出ている洋服はモデルみたいに背が高くて細くないと無理!」って誰も決めていませんよ。

2015年のファッションはともかく多種多様なので、挑戦してみる価値はあるのです。

背が低いからと、マキシドレスを諦めていた女性は柄が目立って体が余計に小さく見える大振りの柄物ではなく、単色のドレスを選べばさほど小さくは見えません。

太っているからクロップトップスはチョッと、とおっしゃる方もボトムスにストレートな黒を使えば、チュニックで体を隠してしまうよりシャープな印象を与える事が可能なのです。

流行りはバックパック

今年は肩にも、姿勢にも良くない大きなショルダーバッグを止めて、大人仕様のバックパックにしませんか?

カジュアルな装いにはもちろんですが、通勤時のスーツや週末のお出かけのコーデにも似合うファッショナブルなバックパックを持って姿勢よく胸を張って歩きましょう!

“非常識がトレンド”な2015年ファッション

上に紹介しただけではまだまだ足りない程、2015年ファッションは多種多様な上に、今まで私達が“常識”として持っていたファッションの鉄則も全く役に立ちません。

「じゃあ、どうやってトレンドファッションかどうかが分かるの?」と疑問に感じる女性も多いはずです。

そんな時には下の項目に一つでも思い当たる事があるかどうか考えてください。

  • 母親に「何、その恰好は!」と言われた。
  • カレが自分の服装に“理解不可能”という顔をした。
  • 人から「ファッションの鉄則って知ってる?」と言われた

これらに心当たりがあるのでしたら、あなたは2015年のファッショントレンドをいち早く取り入れているという証拠になるのです。

この記事をシェアする

関連記事