• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ビールでリンス?リップは中毒に?髪と肌、美容のトリビア知識

Date:2014.08.30

きれいになりたい女性はどこにでも、いつの時代にもたくさんいます。そしてその女性の数よりずっと多くの美容の知識、美容の裏技も存在しています。

けれど、そのほとんどが都市伝説にも似た、実際は根も葉もないでたらめだったりします。たとえば、「にきびに歯磨き粉を付けるとすぐ治る」など。確かに治ることもあるのですが、歯磨き粉に含まれる化学物質によって日焼けのような状態が起こり、その跡がなかなか消えなくなってしまったりするのです。

この記事ではそんな「都市伝説」の中で、実は本当だというものをご紹介しましょう。

このヘアスタイルはハゲになる

お団子や、ポニーテールをきつく結びすぎていると、抜け毛が増えて将来ハゲる。これは本当。きつく結んだ毛の根元は頭皮から引っ張られ、毛穴が傷ついてしまいます。

傷ついた毛穴は髪が成長せず、その時に生えている毛が抜けてしまったら、そこから毛が生えてくることはありません。

ビールのリンスは髪にいい

ビールの材料であるホップと麦にはビタミンやタンパク質が豊富に含まれているため、これでリンスをすると強くてツヤのある髪を作り出すことができます。

また、ビールのアルコール成分が頭皮を清潔にしてくれます。

にきびの原因になる食べ物は人によって違う

チョコレートや揚げ物などの油や糖分たっぷりの食べ物がニキビの原因になるのはみなさんご存知でしょうが、その他の食べ物がにきびにどう関係しているかは人によって違うそうです。

自分の食べているものと肌の状態をしっかり把握することで、にきびができる食べ物やそのパターンが読めてくるでしょう。

香水は冷蔵庫保存

香水は長期間使えるイメージがありますが、そこに含まれる油分や芳香成分はとても繊細なため、環境、特に熱や日光によって容易に変質してしまうのです。

香水を保存していくのに最適なのは、暗くて冷たい冷蔵庫の中。いつでもフレッシュな香りをキープできますよ。

リップは中毒になる

唇の乾燥が気になっていつもリップを塗っている。こんな人周りにいませんか?リップ中毒という具体的な症状名はないものの、リップを塗らずにいられない状態になることは確かなようです。

というのも、リップに含まれるカンフル剤やメンソール、サリチル酸は唇を潤わせるどころか乾燥させる成分。これによって塗っても塗っても唇の乾燥は収まらず、結果ずっとリップを塗り続けることになるのです。

ヘアスプレーでメイク崩れなし

ヘアスタイルをキープするために使われるヘアスプレーは、メイク終了後に顔にスプレーすればメイク崩れを予防するのに役立ちます。けれど、化学製品たっぷりのスプレーを敏感なお肌にかけるのは賢明とはいえません。

これしかない!という緊急事態(あるとするならばですが)のときのみにしてください。

コンディショナーでも髪を洗える

シャンプーを泡立たせる成分である界面活性剤はコンディショナーにも微量に含まれています。つまり、コンディショナーにも洗浄能力があるということ。

もしあなたの髪が救いようのないくらい乾燥して傷んでいるのなら、シャンプー代わりにコンディショナーで洗髪することもできます。けれどオイリーヘアなどの場合にはきちんとシャンプーした方がよいでしょう。

目をこするとしわになる

これも本当。目をこすることがすぐにしわにつながるわけではありませんが、目をこする動作によって周りの繊細な皮膚があちこちに引っ張られ、それが後々のしわになっていきます。

髪と肌、美容のトリビア知識、いかがでしたか?これ、知ってる!というのもあれば、知らなかった!というものもあったと思います。美の世界も日々探求が進み、毎日新しい常識が生み出されています。ぜひアンテナを高くして、本物の美の知識を蓄えていってみてください。

この記事をシェアする

関連記事