• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

年上男性が本命で好きになり結婚に至る年下女性の基本性質3点

Date:2014.06.19

女の子には、誰でもある時点で、年上男性に憧れる時期がある。

特に学生の間は、おバカをやっている身近な男の子たちが幼く感じられたり、スーツ男子に異様にきゅんきゅんしてみたり、経験が少ない分、リードしてもらいたい願望から、大人とお付き合いしたーい!と声高に叫んでみたりしますよね。

うまくやる子は、そういう願望が一時的に叶えられるかもしれない。けれども、実際に結婚に至るケースと言えば、また別なんですよね。ここでは、結婚まで至る年の差(6~7歳以上離れた)カップルの女性の特徴を挙げてみましょう。

1. 聞き上手、立て上手♪

とにかく聞き上手。普段女子同士での会話はガンガン話す子でも、パートナーの前ではなんだかんだ、「うんうん♡」って言ってあげているんです。リアクションも良い子が多いですね。

しかも、笑顔が可愛い。大したことを返さなくとも、“うんうんスマイル”で男性は大満足。

2~4歳くらいの年の差なら、お互いのキャラ次第で完全に逆転しちゃうことも多々なのですが、ある程度年の差のあるカップルだと、やはりどこか、敵わないわ!と思わせる部分があるはずです。

そのポイントを素敵~と思い、尊敬する。すると、自然と男性を、僕すごいんだー!と思わせてあげることができるんです。

すごく普通のことなんですが、「年上だから当然」だったり「年上なのにこんなこともできない!」とマイナスに還元しちゃう女子も多いので。。。素直に「わぁ」って言ってあげましょう。

2. 実は、ちゃっかり自立している

表面だけではなく中身に入りましょう。年上と付き合って、若い身体を提供するだけで終わる女と、結婚まで至る本命の女の違いは何か。

もうね、悪い大人男性も、散々見てるので・・・。若い女の子の方は、相手が大人なもんだから、「結婚♡」なんて妄想ぶっとばしてることも多いのですが、話を少し聞くだけでわかる。あ、この男、このプリプリ娘と結婚する気もなければ、真面目にも付き合ってないな~なんて。

結婚まで至る過程は様々ですが、ひとつ言えることは、年下の女性が、年上男性から男性の介入できない特有の趣味だとか、強烈な熱意を注ぐ対象が他にあるということなんです。マイ・ワールドを持ってる。

「全然会ってくれないの!」ってぷんぷんしている時間があるのなら、本命の女子は、周囲の男女の友達と活発に遊んだり、趣味の写真や華道を楽しんだり、「そうね~私も、忙しいんでっ」って、仕事や勉学に打ち込んでたりするもの。

つまり、自分で自分を楽しませることができる自立した女性なのね。だからこそ、ただの愛玩動物で終わらない、ひとりの女性として見られるんです。相手に負の気持ちも募らせないし、また会えた時には、軽やかな気持ちで楽しめるしね。

3. 結局、年の差を越えた対等関係を築けること

年の差がそのまま固定して、年長者が偉くて、全てをリードして、決定権を持っている、というカップルでは、結婚まで至らない。

見かけ上そう映ったとしても、実際はその男性がきちんと、それをフォローしてくれる、ついてきてくれる女性の素晴らしさに感謝していないと、一生一緒にいようとは思わないのです。

年下奥様はプライド、気骨のある方ばかり。【1】に戻りますが、自分の中の本音を常に意識しているから(出し方はまた別♡)、すごくないのに褒める、などできないので、年上を自然と選んでいるのかも。

年上でも、「彼は年上だから」なんて思っちゃいません。つっこみは入れるわ、ちゃっちゃと世話は焼くわ、尊敬しつつも、可愛がっている気がします。もちろん、意見はバサッと言っちゃう率高し。

女性のタフさと、気概で♡

やはり年上男性と結婚する女性は、素直であると同時に、自立しています。

例外的に、「男性的支配」と「女性的被支配」を求めてくっつくカップルもいるのですが・・・。コンプレックスを昇華する前の恋愛なので、もう数年、結婚を延ばされちゃってますし。

年上と付き合いたいのであれば、まずは自立から、始めてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事