• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アラサー女性と年下彼氏。うまく付き合っていくための5つのコツ

Date:2017.11.13

彼氏がいなくて寂しく感じているアラサーの女性。早く彼氏が欲しいけど、どうせ付き合うなら「そろそろ結婚を見据えた付き合いがしたい!」という人も多いはず。

そんなアラサー女性の、4人に1人が、実は“年下彼氏”と付き合っていることをご存知ですか?

近年、年上女性を好む男性が増えており、ここ10年で姉さん女房の夫婦は10倍に増えたという見解もあるほどなんです。

そう、今の時代のアラサー女性は、年下男性にモテモテなのです!

「自分より年下はちょっと…」「どう接していいか分からない…」と、敬遠するなんてもったいない!ここでは、不安を感じるアラサー女性に向けて、年下彼氏とうまく付き合うためのコツをご紹介します。


相性抜群!?アラサー女性にこそ、年下彼氏が実は合う!

そもそも現代の男性は、昔に比べ、自分に自信のない男性が増えているそう。また先行きへの不安からか、現実・安定志向で結婚願望の強い若年男性が急増しているんだとか。

自分にはない、落ち着きや包容力をもつ年上女性は、年下男性にとって非常に魅力的。一緒にいて安心できる存在だと思えたら、自分が年下であろうと、迷わず結婚を意識するでしょう。

一方、仕事も恋愛もこなれてきたアラサー女性にとって、年下彼氏は少し頼りなく感じるかも知れませんね。

しかし、年下彼氏の素直で可愛らしい一面に、母性本能をくすぐられるアラサー女性も多いはず。また、普段は甘えん坊な彼が、仕事をバリバリこなす姿を見ると、ギャップにキュンとくる女性も。

そんなお互いにないものを持ち、補い合える、アラサー女性と年下男性の相性は抜群!

昔から姉さん女房だと夫婦生活が上手くいく…なんて言われているように、実はアラサー女性にとって年下彼氏は、将来を考えられる、まさに理想の恋人候補なのです。

これで年下彼氏と上手くいく!?知っておくべき付き合うコツ5つ

年下彼氏と上手く付き合っていくには、実はちょっとしたコツがあるんです。

ぜひこれらのコツをつかんで、年下彼氏を夢中にさせてくださいね。

子ども扱いせず、同等に接する

年下だからって、彼氏を子ども扱いするのはNG。

恋人同士であるならば、二人は常に同等の立場であるはずです。「私が年上だから…」と引け目を感じたり、逆にえらそうな態度をとることはやめましょう。

年下彼氏は、社会的な地位を得て、早くあなたと対等になりたいと思っています。

そうした中で、アラサー女性が自分を同等に扱ってくれると、年下彼氏は“自分は年上の女性に認められた男”だと自信を深めます。

一方、年下扱いされ続けると、年下彼氏は男性としての自信をなくしてしまいます。

彼氏を、自分と同年代や年上の男性と、経済面や経験値を比べるのも避けましょう。

自分だったら、年下の若い女性と容姿などを比べられると、いい気分はしませんよね。年下彼氏も同じです。

恋愛に年齢は関係ありませんよね。せっかく恋人同士になったのだから、年齢という名のしがらみに囚われることなく、自分の恋を大切にしましょう。

自分から積極的に甘えてみる

男性は年齢に関わらず、基本的に女性から頼られたり、甘えられたいという本音があります。もちろん年下彼氏も、アラサー女性から頼られたり、甘えられることで、男としての優越感を感じることができ、居心地が良いと感じるようになります。

だからこそ、年上だからといって、何でもかんでも自分が頑張ってしまうのではなく、たまには彼氏にお願いしたり頼ることが大事。いつもはしっかり者なのに、自分の前では甘えてくる…というアラサー女性のギャップに、年下彼氏もドキっとするはず。スキンシップも、自分から積極的に取り入れてみましょう。

年下彼氏に、「彼女に頼られてる」「彼女を守ってあげなければ」と思わせることで、彼自身の結婚への意識も高まるはずですよ。

年上女性の特権である包容力を発揮する

先に挙げたように、頼られたい、甘えられたい、という男性の欲求がある反面、男性には「彼女に甘えて癒されたい…」という思いも強いもの。

経験不足な面や、他愛もない愚痴も、否定することなく、受け入れてあげることが大切。年上だからと上からアドバイスをするより、日ごろ頑張っている彼氏を、年上女性の特権である包容力で、やさしく包んであげましょう。

実際、アラサー女性と付き合う年下彼氏が、声を揃えて絶賛するのは、アラサー女性の包容力の高さ。一緒にいて居心地が良く、ホッと一息つける…。そんな同年代にはない包容力に、年下彼氏は大いに魅了され、ずっと一緒にいたいと思うようです。

アラサー女性のやさしく、落ち着いた振る舞いに、年下彼氏は安心感を覚えます。安定志向の彼らですから、「この人となら幸せな家庭を築けるかも…」と思わせることで、あなたとの結婚も考えてくれるはずですよ。

“褒めて伸ばす”を意識する

年下彼氏が最も苦手なのは、年齢や経験値を理由に言動を比較・否定されること。逆に、年上であるアラサー女性に褒められると、年下彼氏はとても喜びます。自分が尊敬する女性に褒めて、認めてもらえることは、年下彼氏の自尊心をくすぐるからです。

ポイントは、“仕事で売上1位になって社内で評価された”とか、分かりやすい事柄ばかりを褒めるのではなく、ほんの小さなことでも、素直にすごいと思ったら褒めてあげること。

「そんなことまで気にかけてえらいね」
「年下なのに頼りになるなぁ」
「詳しいんだね。尊敬する!」

など、他愛もない会話の中でも、こうした“褒め言葉”をちりばめるのが効果的です。

年下彼氏に限らず、男性は自分を心地よくさせてくれる人を選びます。“この女性は自分を不愉快にしない、快さを与えてくれる人”と感じれば、彼はあなたから離れられなくなるはずです。

彼氏に自分を合わせようとしない

アラサー女性は、自分をしっかりと持っている大人の女性。

年下彼氏にとって、そんなアラサー女性の姿は、同年代の女性にはない、凛とした強さを感じさせるようです。

また精神的にも自立しているアラサー女性は、彼の時間を尊重できる、“大人の余裕”がありますよね。

彼氏に依存するのではなく、自分の時間も楽しめる女性は、男性にとって一緒にいて楽な相手。自分の時間も大切にしたい男性には、適度な距離感を保てる女性は非常に魅力的です。

また自分の意見もしっかり持っているアラサー女性だからこそ、年下彼氏を甘やかせすぎない姿勢も大切。少し幼い彼氏に「自分が合わせればいいか…」を繰り返していると、彼氏をお世話する母親のようになってしまうことも。年下彼氏と付き合うときは、都合の良い女性にならないよう気をつけましょう。

年下彼氏と最高の恋愛をしよう!

いかがでしたか?ちょっとしたコツをつかめば、年下彼氏はあなたに夢中になること間違いなし!

アラサー女性ならではのこなれ感と、精神的なゆとりを武器に、年下彼氏と素敵な恋愛を楽しんでくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント