• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

年下に好かれる女性に共通するの特徴と年下男性の攻略法

Date:2017.04.03

皆さんは、年下の男性に告白されたことや付き合ったというご経験はあるでしょうか。

年下にばかり好かれる女性がいる一方で、年下を狙っているものの全く相手にされないという女性もいるようです。

年上や同い年の男性ではなく、年下にばかり好かれる女性にはある共通点があります。

共通点を知って実践することで、年下の男性をゲットする確率はグッと上がることでしょう。

今回は、年下の男性に好かれる女性の特徴や年下の男性をゲットするための攻略法などについてご紹介しましょう。


男性の4割は年上女性と交際経験あり!どこまでOKか歳の差を確認!

実際に男性が年上の女性と付き合ったことがあるのかという調査が、マッチ・ドットコムジャパン株式会社で行われ、独身男性240名(25~34歳)が回答しました。

回答結果は以下です。

  • 年上の女性と交際経験がある男性は36.3%
  • 年上の女性と交際経験がない男性は63.7%

この他に、結婚対象として考える女性との年齢差についても調査が行われました。実際にOKの年齢差や割合についての調査結果は、以下です。

年齢差 割合
5歳上までOK 37.1%
年齢の差は気にしない 21.3%
3歳上までOK 18.8%
10歳上までOK 10.8%
1歳上までOK 2.0%
15歳上までOK 0.8%

尚、「年上の女性は考えにくい」と答えた男性は9.2%いましたが、3人に1人の男性は年上との交際経験があることから可能性がない話ではないのです。

上記のインターネット調査では、年上女性に期待することは包容力という回答が多かったようですが、実際に好かれる女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

理由を解明して好かれよう!年下の男性に好かれる女性の特徴

全体的には年上の女性との交際経験がある男性が少ないですが、世の中には年上の女性を好む男性がいることは事実です。

そして、選ばれるのは年下の男性に好かれやすい女性です。

年下の男性の魅力を知っていて付き合いたいと思っても、振り向いてもらうことができなければ付き合うことは叶わないでしょう。

年下の男性に好かれる女性とは、一体どんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、年下の男性に好かれる女性の特徴について詳しくご紹介しましょう。

母性がある

女性に対して母性を求める男性は、年下や同い年の女性よりも包容力や大人の余裕がある年上の女性を求める傾向にあります。

年下の男性に好かれる女性は、母性があるので面倒見が良いという共通点もあります。

何事も押しつけることはなく、演技ではない自然な母性によって年下の男性は居心地の良さを感じるようです。

母性は意識して出せるものではなく、自然ににじみ出るものですが、具体的に母性とは一体どんなことでしょうか。

ここで、男性が母性を女性に感じる時をご紹介しましょう。

  • 疲れている時に労いや気配りをしてくれて面倒見が良い
  • 子供(友達や親戚などの子供)と視線を合わせるようにしゃがむ、微笑みかける
  • 優しいだけじゃなく叱咤激励してくれる姿
  • まるで母親のように子供と話す様子

上記のように母性を感じさせる女性は、無意識に行っていることが多いという共通点もあります。

妹や弟がいる、親戚に子供がいる、子供と触れ合う仕事をしているなどの女性は、母性を自然に出せるようです。

恋愛経験が豊富

年下の男性に好かれる女性は、恋愛経験や人生経験が豊富という特徴もあります。

恋愛の良い部分も悪い部分も知っているので、相手に過度な期待をしません。

依存度も低いので、年下の男性からすれば自分というものが確立された立派な女性に見えるので、魅力的な存在になるようです。

また、経験が豊富ということは、自立しているということでもあります。

何をするにも彼氏に相談するというような依存型の女性ではないので、この手の女性は同性からも好かれるという共通点もあるようです。

結婚に焦りがない

結婚に対して焦りがないということも年下の男性に好かれる特徴の一つです。年下の男性は年上の男性と付き合う際に、結婚を少なからず意識するようです。

特に、アラサーやアラフォーの女性の場合は、結婚願望が強い傾向にあるので、年下の男性は結婚願望に焦りがない女性のほうが交際を気軽に考えることができるのではないでしょうか。

結婚しなくても自分で生きていける、結婚を求めていない、縁があれば結婚したいというような焦りのない女性は魅力的に見えるのです。

結婚に焦りがない女性は、ガツガツ感がないので年上に対してどんな風にアピールすれば良いかわからない年下男性も声をかけやすいようです。

愛想がいい

先ほどもご紹介したように、男性が年上の女性に声をかけるということはそれだけでプレッシャーになるようです。

仏頂面、怒り顔など、声を掛けにくい表情の女性より、愛想が良い女性のほうが当然ながら印象は良くなります

年齢差があればあるほど、愛想が良い女性のほうが年下の男性から好まれやすいようです。

愛想が良い女性は明るく、自然体に見えますし、見た目ではなく内面の部分なので魅力的に見えるからです。

愛想が良い女性は、年下の男性だけではなく同性や子供からも好まれやすく、人を寄せ付けるような穏やかで優しいという共通点もあります。

守りたいという気持ちにさせる

年下の男性に好かれる女性には、守りたいという気持ちにさせるという特徴もあります。

年上の女性ですから、経験値やキャリアも自分より上ということで、守りたいと思うような時はないと思われるかも知れませんが、誰しも弱さを見せる時はあります。

ふとした瞬間に守りたいと思わせるようなシチュエーションを見て、男性は年上の女性に惹かれることがあるようです。

弱さ以外にも少し抜けた部分がある、天然であるなど、完璧に見えるけれどもふとした瞬間に見せるギャップが魅力になるのです。

サバサバ女子である

男性に好かれる年上女性は、サバサバしているという特徴もあります。

一つの物ごとにいつまでもこだわらず、冷静に分析してサバサバと考えられる年上の女性は、大人の魅力があるからです。

特に悩むことが多い性格の男性は、年上の女性のような考え方をしたいという尊敬の気持ちがいつしか好きという気持ちになるようです。

安心感がある

安心感がある女性は、年下の男性から好かれるという共通点があります。

安心感とは雰囲気です。一緒にいて緊張せず自然体で過ごせるということですが、自分のことを中心に考えがちな若い女性では得られないでしょう。

年上の女性には、年齢的な落ち着きや余裕がありますので、それらの雰囲気が安心感へ繋がるのです。

年上の女性を好む男性は、安心感がある穏やかな日々を望んでいることも多いので、刺激を求める若い女性には惹かれないようです。

年齢不詳の美魔女である

年下の男性から好かれる女性には、若作りしすぎていないという特徴もあります。

若い時は流行に左右されがちですが、ある程度の年齢に達すると無理はせず年齢に応じたファッションやメイクをしているので、落ち着いた印象があるでしょう。

人によっては、童顔やアニメ声などで年齢不詳に見えることもあるようです。

また、メイクが濃くならないように、肌のお手入れを念入りにして薄化粧にすることで美魔女と呼ばれるような美しさを維持する女性もいるようです。

年齢不詳の美魔女に見せることができれば、年下の男性は自分より年上だと思ってもおばさん扱いすることはなく、恋愛対象として見るようです。

そのためには、自分をおばさんと言わないことや年齢を公開しないことも必要です。

つまり、おばさんというイメージがつくような話し方や仕草もしない女性が年下の男性から好かれるようです。

姉御肌である

年下の男性から好かれる女性は、母性があるだけではなく姉御肌であるという特徴もあります。

姉御肌とは、常識があって自身の意見をきちんと言えて、物事をはっきりさせるタイプのことです。

仕事ができる女性や人望がある女性に多く、特に年下の男性からのウケが良いので相談を持ち掛けられて、そこから恋愛へ発展することもあるようです。

経済力がある

男性から好かれる年上の女性には、経済力があるという特徴があります。

ご馳走してもらえる、デート代を出してもらえるということで好かれるわけではありません。

経済力がない女性が年下の男性から好かれない理由は、以下です。

  • 高額なプレゼントをねだる
  • デート代を出してもらうことを当たり前と考えている

上記のようにお金を支払ってもらうことに抵抗が無い女性は、「男性が年上だから支払ってもらうのは当たり前」と考えていることが多いようです。

一方経済力がある女性は、好きな物や食べたい物、行きたい場所など自分が欲しい物を自分のお金で手に入れるので男性には委ねません。

お金の面で苦労させられることもありませんし、時には女性側が支払うこともありますので、年下の男性は経済力がある女性にも惹かれるようです。

オフィス系のファッションである

年下の男性から好かれる女性は、年齢相応のメイクや服装をしていると先程ご紹介しましたが、特にオフィスファッションが好まれるようです。

オフィスファッションとは、派手な色使いはせず落ち着いたデザインや色合いのファッションです。主に、白が使われることが多いようです。

人気のオフィスファッションは以下です。

  • 白いシャツとスカート又はパンツの組み合わせ
  • スーツスタイル(パンツでもスカートでも可)

以上が、男性から人気のオフィスファッションです。

オフィスファッションは、年上の女性という印象を高めますし、キャリアウーマンという印象も与えることができるのです。

年下の男性と恋しよう!年下の男性をゲットするための攻略法

年下の男性から好かれる女性の特徴や共通点などについてご紹介しましたが、実際にゲットするためにはどんなことをすれば良いのでしょうか。

ここでは、年下の男性をゲットするためのオススメの攻略法を幾つかご紹介しましょう。

連絡先を交換する

気になる年下の男性を見つけたら、まずは距離を縮めることから始めましょう

連絡先を交換すれば距離を縮められますが、こちらから持ち掛けると狙われていると警戒されるかもしれません。

年下の女性ではなく、年上の女性でしかも未婚となれば、何かしら裏があるのではないかと思われかねないので、悩んでいる時や落ち込んでいる時を狙って声を掛けましょう

アドバイスをするうちに年下の男性のほうから、「まだ相談したいことがあるので連絡先を交換してもらえませんか?」と言われたら大成功です。

そこからアドバイスをしながら自分の人柄や内面を知ってもらいましょう。

あまり上から目線で相談していると鬱陶しい存在になることもありますので、自身のエピソードを交えて教訓的な話にならないように気を付けましょう。

また、連絡先を交換していつでも連絡が取れるという状況になったことで頻繁にメールや電話をしたくなるかもしれませんが、あくまでも年下の男性にリプライする感じで付き合いましょう。

こちらからのアクションを起こし過ぎると、以下の理由で距離を置かれてしまう可能性があります。

  • 結婚相手として狙われている
  • 恋愛対象として見られている

まだ、女性として見られていないうちに好意を寄せていることに気づかれると、年下の男性は断ることを前提に考えて逃げてしまうかもしれません。

あくまでも「あなたが望むから相手をする」というようなイメージで接しましょう。

年下の男性から電話やメールではなく実際に会って相談したいと声がかかったら、その時こそ狙い目です。脈ありのサインかもしれません。

会うことになっても一気に距離を縮めようとせずに、メールや電話と同じように接して年下の男性が話しやすい雰囲気作りをしましょう。

あなたの変わらぬ態度と適度なアルコールがあれば、一度の食事や飲み会で恋愛関係に発展するかもしれませんよ。

年上らしく大人の色気を出す

年下の男性をゲットするためには、大人の色気を出すことも攻略法の一つです。

母性や姉御肌などに興味を示す年下の男性の場合は、流行のファッションではなく定番がお勧めです。

先程、オフィスファッションについてご紹介しましたが、時には違う一面を見せましょう。

ふんわり柔らかなイメージを出してしまうと体型によっては妊婦さんに見られることもあります。

大人の色気を出すためにできるお勧めの方法は以下です。

  • ボディラインが出る服
  • ヒールは細くて高い靴
  • 潤いのある唇
  • 品のあるほのかな香り

また、色気は所作でも出すことができます。所作で色気を出したい時は、クロスを意識しましょう

男性心理をくすぐる方法で、右の物を取る時は左手を使う、左耳に触れる時は右手を使うなど、交差させることで女性らしい色気を出すことができます。

動きに合わせて揺れるアクセサリーをつけることもお勧めです。

男性は狩猟本能が備わっているので、揺れるピアスやネックレスなどに目を奪われるからです。

色気を出すことによって年下の男性は、母親や姉のような存在ではなく、恋愛対象として意識し始めるでしょう。

焦らすために断る

大人の色気を見せて手に入りそうもない存在と認識させた上で、焦らすために断ることもお勧めです。

すぐに誘いには応じずに何度かラリーをするのです。無理そうだけど、だからこそ手に入れたいという気持ちを強くさせるのです。

簡単に手に入らない高嶺の花のように認識されるためには、すぐに誘いには乗らず以下の言葉も伝えましょう。

  • 「年上をからかうものじゃないわ」
  • 「あなたには手に負えないわ」

以下のような大人の女性らしい言葉遣いで、何度か断ることもお勧めです。

女性からモテる年下男性の場合は、手に入らないということで逆に燃えるというケースもあります

絶対に手に入らないという存在になった上で、こちらからデートへ誘えば断られることは無いでしょう。

恋愛関係にも発展した後も主導権をずっと握ることができるでしょう。

高嶺の花感を出すことで女性としての価値を上げることになりますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

助けてばかりではなく時には頼る

年下の男性とは言え、男性ですからプライドもあります。頼りがいがある年上の女性に惹かれる男性でも、時には頼られたいものです。

年下の男性をゲットするためには、時には頼ってみることもお勧めです。男性のプライドをくすぐって頼る方法は以下です。

  • 虫や雷を怖がる
  • 重い物を持ってもらう
  • 力が必要な蓋や缶などを開けてもらう

頼ることと同じく甘えることも年下の男性をゲットする方法として使えますが、どちらも男性側に余裕がある時に行うことがポイントです。

余裕がない時は、頼られることも甘えられることも負担でしかありませんから、憧れの頼れる女性から面倒臭い女性とランクダウンする可能性もあるのです。

年下の男性の状況を見極めた上で頼り、甘えましょう。普段は笑わないという方は、こういう時こそ笑ってみましょう。

普段から笑っているという方は、余裕のない表情を見せてギャップを出しても良いでしょう。

どちらにせよ、普段は見せないあなたに年下の男性のプライドはくすぐられ、恋愛関係に発展するチャンスになるのではないでしょうか。

年下の男性を褒める

年下の男性を落とすためには、褒めることもお勧めです。

男性は、年上の女性から褒められることで自信がつきますし、何より嬉しい気持ちになるでしょう。

男性が収入や人生経験などが年上の女性よりも少ないと思っている場合は、劣等感を抱いていることが多いので認めているということを褒めて伝えましょう。

褒められることで自信がつけば、年下の男性から何かしらアプローチされるかもしれません。

もちろん、恋愛対象として見られる必要がありますので、褒める時の最後でも合間でもよいので、彼女になりたいということをにおわせるように心がけましょう。

お勧めの伝え方は以下です。

  • 「○○君の彼女になる人は幸せだろうなぁ」と彼女になりたいことを伝える
  • 「頑張り屋だってこと、私は知っているよ」といつも見ていることを伝える
  • 「○○君といると素の自分になれて落ち着く」とありのままの自分を出せていて居心地が良いことを伝える

褒められるだけでも嬉しい気持ちになるでしょうし、そこに好意を寄せていることも多少におわせることで年下の男性があなたのことを恋愛対象として意識し始めるかもしれません

鈍感な年下男性の場合、想いは言葉で伝えなければ届かないこともありますので、出し惜しみせず褒めるやさりげなく想っていることなども伝えることをお勧めします。

そして、「冗談ですか?」、「社交辞令ですか?」など伝えた言葉を疑われた場合は、恋愛へ発展するように決して笑って流さず、そうではないことを伝えましょう。

アドバイスされたら時々取り入れる

年下の男性にアドバイスすることはあっても、アドバイスされることは少ないでしょう。

しかし、例えば髪型や口紅の色など「似合っていますね」、「こうしたらどうですか」とアドバイスされたら取り入れることも年下の男性をゲットする方法の一つです。

自分のアドバイスが取り入れられることで自信がつくでしょうし、あなたが自分の意見を尊重してくれる人だと気づくでしょう。

年下の男性のアドバイスを取り入れることで、男性が求める女性像へ少しずつ近づくことができれば、恋愛関係へ発展しやすくなるのではないでしょうか。

ただし、回数は少ないながらも全てのアドバイスを取り入れてしまうと、自分が確立されてなくて流されやすいというイメージを与えかねないので、頻繁には取り入れないことがポイントです。

年下の男性との未来は明るい!彼氏からそのまま結婚へ繋げよう!

攻略法で年下の男性をゲットできたら、そのまま結婚へ繋げることもお勧めです。

年下の男性との年齢差があるほど、家事や育児など体力的な面でフォローしてもらえるからです。

また、年齢差があるので喧嘩にもなりにくいというメリットもあります。

付き合う前の段階で主導権を握ってしまえば、年下の男性から文句や愚痴を言われず、家庭のことに協力してもらうことができるからです。

ご紹介した攻略法で年下の男性をゲットして、自分好みの男性へ染めてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント