• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アラフォー女性が年下彼氏と長く付き合うコツ。経験を活かした対応を

Date:2017.12.11

皆さんは、年下彼氏と恋に落ちて、付き合ったという経験はあるでしょうか。

  • 「幼く見える」
  • 「会話が合わない」
  • 「将来に対して真剣に考えていない」

上記のように、不満や不安を抱え、耐え切れず別れるという女性もいるようですが、続いているカップルがいることも事実です。

年齢差があるほど付き合いを続けていくことが難しいと思われがちですが、コツさえ掴めば難しいことはありません。

年下という部分を意識し過ぎず、二人の将来を急ぎ過ぎさえしなければ、年下彼氏であっても問題なく付き合うことができるのです。

今回は、アラフォー女性と年下彼氏がうまく付き合うコツについてご紹介しましょう。


年下彼氏に合わせて若作りはせず自然体でいる

30代後半になると肌や髪などの変化が気になる時期と言われています。いわゆる、アラフォーの時期なので、若さの衰えや劣化などに気づき始める頃です。

アラフォーで独身の場合は、体の老化現象を感じながらも恋愛を楽しんでいるでしょうが、付き合う相手が年下の場合は様々なギャップを感じるようです。

特に年下彼氏との年齢がかなり離れている場合は、服装や髪型などに悩むようです。

年下彼氏が若い場合は、金髪や茶髪もあるでしょうし、ファッションも明るい色や柄が多いかもしれませんね。

アラフォーでも年下彼氏と付き合うために努力は必要ですが、うまく付き合うためには無理は禁物です。

年相応のファッションやヘアスタイルにしないと逆に浮いてしまうからです。

  • 無理にミニスカートを履いて足を出す
  • 髪の色を彼氏に合わせて明るくする
  • 毛穴を隠すために厚化粧する

上記のように、彼氏と自分の違いを埋めるための若作りは年不相応に見えるので、注意が必要です。

自分がどんなスタイルをすれば良いかわからなくなったら、周りの友達を見て確認することがお勧めです。

年下の彼氏ではなく、周りの友達に合うスタイルをすれば間違いないでしょう。

年下彼氏とうまく付き合うためには、「無理しているのかな」と思わせないようにすることがポイントです。

無理して付き合っていると思われると長続きしませんし、何より隣にいる年下彼氏は常に居心地の悪さを感じることになるからです。

若さを保つために日々の努力はする!

ファッションやメイクで若作りすることはお勧めできませんが、日々の努力で若さを保つことはお勧めです。

まず、年齢を感じさせる部分と言えば肌ですよね。

顔のしみやしわは、ご自宅でフェイスパックや美顔器を使えばある程度老化を遅らせることができます。

ちょっと余裕があるのであれば、エステへ通っても良いでしょう。

年下彼氏が近くに来ても堂々と肌を見せることができれば、「今はすっぴんだから見ちゃダメ!」と拒絶することもなくなりますので、うまく付き合っていけるでしょう。

この他に、指先を綺麗に見せるためのネイルもお勧めです。

ラメやラインストーンなど派手さはなくても、形を整えて派手過ぎない色を入れることで手元が若返ります。

そして、忘れてはいけないことは白髪のケアです。

アラフォーになると白髪が目立ち始めますが、年下彼氏にはまだ縁遠いものです。

髪の毛から年齢を意識させることもありますので、うまく付き合うためには白髪染めを定期的に行いましょう。

白髪がある髪とない髪とでは、年齢の見え方も違います。

若作りし過ぎないことが大切ですが、日々の努力で老いを見せないことも大切なのです。

あらゆるデートに付き合えるように体力作り!

年下彼氏とうまく付き合うためには、体力を低下させないように運動することもお勧めです。

行動的な年下彼氏の場合、夏フェスやキャンプ、登山などアクティブなデートに誘われることが多いかもしれません。

「私は遠慮するよ」と断ってしまうと一緒に行ける場所が減っていき、うまく付き合うことが難しくなります。

年下彼氏とうまく付き合うためには、体力作りも必要なのです。

毎日少しでも長く歩く、自宅でストレッチするなど軽いメニューから始めて、体力がついてきたら徐々に運動量を増やしていきましょう。

体力がつけば年下彼氏と野外でのデートや夜のライブにも参戦できて、年下彼氏がしたいデートを一緒に楽しむことができます。

また、アラフォーになると基礎代謝が低下するので脂肪が燃焼しにくくなるようです。

年下彼氏につられて同じ食事をしていると体型が変化していく可能性もあります。

運動していれば体力をつけるだけではなく、体型の維持もできます。

年齢による脂肪の蓄積にも対処することができますので、年下彼氏に体型について指摘されることもないでしょう。

年下彼氏とうまく付き合うためには、身だしなみや肌のお手入れだけではなく、全体的な体のケアも必要になります。

あらゆる面をケアして、年下彼氏との付き合いを長く楽しみましょう。

若くて遊び盛りの彼氏を束縛せず自由にする

アラフォー女性が年下彼氏とうまく付き合うためには、束縛をしないこともコツの一つです。

年下彼氏は自分より若いので体力が余っているので、デートがない日にスポーツを楽しむ、友達と遊ぶなど自由な時間を謳歌する傾向にあります。

若い彼氏であればあるほど遊び盛りですから、束縛してしまうと窮屈さを感じて言い合いになることもあるかもしれません。

外へ出かけなくてもゲームやネットサーフィンなどが好きな男性もいますので、一緒にいても別々のことを楽しめるくらいの余裕も必要です。

年下彼氏と自分の居場所や流れる時間は違う

アラフォーになると出産や結婚などを考えることが増えて、過ぎ去る時間に対して敏感になる方もいるでしょう。

しかし、年下彼氏が同じ気持ちとは限りません。ご自身が若かった頃を思い出してみてください。

時間の流れが今とは違っていて、将来に対する焦りを実感できず日々の楽しさを満喫していなかったでしょうか。

年下彼氏は今そのような時間の中で過ごしているので、年下彼氏と自分の居場所や時間の流れが違うことを心得ておきましょう。

また、年下彼氏がアラフォー女性とばかり過ごしていると周りの人間関係も希薄になっていくことも考えられます。

多くの人と関わることや趣味などを行うことでストレス発散もできますので、二人きりの関係では息が詰まることもあるかもしれません。

年下彼氏を束縛せず自由にしてあげることで、二人の関係もうまくいくのです。

年下彼氏と会っていない時は、自分には与えることができない時間を楽しんでいると信じて、余計な詮索や嫉妬などはやめましょう。

気軽に付き合えるように結婚を意識させない

年下彼氏とうまく付き合うためには、プレッシャーをかけすぎないこともコツとして挙げられます。

年下彼氏で20代や30代前半などの場合は、まだ結婚を意識していないこともあります。

プレッシャーをかけてしまうと居心地の悪さや付き合いにくさを感じさせてしまって、「若い女性のほうが良い!」と思われる可能性があるからです。

アラフォー女性と言えば、意識する時期と考えられており、以下のようなことを彼氏にしやすいようです。

  • 「結婚して欲しい」と迫る
  • 結婚願望や子供が欲しいことを話す
  • 具体的な結婚の日取りを決めようとする

上記のようなことは、年下彼氏が喜ぶことではなく、単なるプレッシャーになってしまいます。

年下彼氏もいつかは結婚したいと思っていても、すぐには考えることは難しいことでしょう。

結婚を意識させることで気軽に付き合うことが難しくなってしまうのです。

将来ばかりを気にするアラフォー女性と気にしたくない年下彼氏の間では、歪みができてしまう可能性もあります。

結婚関連の会話は年下彼氏が話す時だけ!

年下彼氏とうまく付き合うためには、結婚の話題をこちらから出さないほうが良いでしょう。

年下であっても彼女がアラフォーであるとわかっていますから、頭の片隅では二人の将来について考えることもあるはずです。

表に出していないだけで、「収入が安定してから」、「貯金ができてから」など結婚について考えているかもしれません。

そんな時に急かされるとどうでしょうか。

「こっちの気持ちも考えない自己中心的な女性」と思われる可能性があります。

喧嘩や言い合いなく、楽しく付き合うためには結婚関連の話題は自分からしないことです。

年下彼氏が話題にした時だけ乗ってみましょう。

その時のポイントは以下です。

  • 彼氏の話を最後まで遮ることなく聞く
  • 結婚のメリットを話す
  • 結婚する、しないに関わらず愛していることを伝える

上記のように、彼氏の結婚願望が高まるような内容のみ話しましょう。

彼氏が話しを止めたらそれ以上の深追いも禁物です。

年下彼氏と結婚するためにはお付き合いを継続させる必要があります。

結婚はうまく付き合ったその先にあるので、年下彼氏をよく理解する彼女、空気を読むことができる彼女になるのです。

年下彼氏にとって理想の彼女であり続けることができれば、その先にはきっと結婚があるはずです。

うまく付き合うことこそが結婚への近道ですから、プレッシャーをかけるはなしではなく、二人が笑顔で楽しめる会話を目指しましょう。

年下でも男!プライドを傷つけず守る!

年下彼氏とうまく付き合うためには、男性のプライドを傷つけないこともコツです。

歳の差があるほど年下扱いしたくなるかもしれませんね。

しかし、相手は年下というだけで子供ではないのですから、「可愛い」、「いい子だね」などの扱いはNGです。

また、リードし過ぎることや世話を焼きすぎることも子供扱いするような行為です。

うまく付き合うためには、親子ではなく恋人という関係性を築く必要がありますので、年下でも大人の男性と理解して付き合うようにしましょう。

年下彼氏のことを尊敬する!

年下彼氏と年齢が離れているほど世話を焼きたくなるものですが、男を立てて、尊敬することもうまく付き合うコツです。

  • 自分にはない部分を褒める
  • 男らしさや仕事ぶりなど男性的な面を尊敬する
  • 守るのではなく守ってもらう気持ちで付き合う

上記のように、年下彼氏にあってアラフォーの自分にはない部分を褒めましょう。

彼女に褒められることで、男としてのプライドが守られます。

「もっと褒められたい!」、「認められたい!」という気持ちになれば、ますますたくましい彼氏になってくれるはずです。

落ち込んでいる時は優しく包み込む

年下彼氏のプライドを保ちつつ、尊敬もするというとお付き合いの中では、波も訪れることでしょう。

仕事や人間関係などで年下彼氏が落ち込む時が来たら、そこはアラフォーらしく優しく包み込みましょう。

子供扱いせず、男性として見ることも大事ではありますが、落ち込んでいる時は別です。

大人であることを思い出させるよりも甘えさせることも大切です。

  • 頭を撫でる
  • 膝枕する
  • マッサージする

上記のような癒しに繋がることだけではなく、年下彼氏が元気になるように「何か私にできることある?」と聞いて希望することをしてあげましょう。

普段年上の彼女に頼もしいと思ってもらえるように頑張っていた場合は、優しく包まれることで安心できて「離したくない!」とあなたのことを思うかもしれません。

プライドを保てるように配慮しつつ、時には包み込むことで二人の関係が長続きするのではないでしょうか。

良い時だけではなく悪い時も一緒に支え合える仲になって、年下彼氏との恋愛を楽しみましょう。

できるだけお互いの年齢の話をしない

年下彼氏とうまく付き合うためには、できるだけ年齢を意識しないようにすることもお勧めの方法です。

年下彼氏は、普段あなたのアラフォーという年齢を意識しながら付き合っているということはないでしょう。

しかし、アラフォー女性が自分の口から年齢を言ってしまうことで意識せざるを得ない状況になります。

年齢を気にしながらの付き合いは、二人の間の違いを如実に感じてしまって、付き合うことが難しくなるかもしれません。

会話がかみ合わない、理解し合うことができないなど、年齢の差が溝を作ってしまうのです。

できるだけ、普段の会話の中で年齢を感じさせ言葉は排除していきましょう。

  • 「世代が違うからわからない」
  • 「若くなくてごめんね」
  • 「もっと若いこと付き合いたいでしょ」

上記のように、年齢を感じさせるような言葉を控えるのです。

特に、自分を卑下するような言葉は年下彼氏にとって気まずい状況になってしまいますので、年齢に関する話は徹底的に避けるのです。

年齢を意識する瞬間があるとすれば、自分の誕生日だけです。

普段から年齢の話を避けていれば、年下彼氏のほうも気を遣ってあえて年齢には触れてこないでしょう。

自分から言わなければ年齢の話をすることはないですが、免許証や保険証などの証明書には生年月日が入っていますので、それらを見せないように気を付けましょう。

世代がわかる番組は一緒に観ない!

年齢のことを避けていても、うっかり一緒に観たテレビで年齢差を感じてしまうこともあります。

クイズ番組や音楽番組などは世代別を取り上げることが多いです。

普段年齢を意識しないようしていても知っていることや知らないことが明らかになることで、意識し始める可能性があります。

自分が知っているからと興奮気味で話しても年下彼氏には伝わらず、年齢差を感じてしまうことになるかもしれません。

うまく付き合うために、共感し合うことも大切ですが、世代別の話では埋められない隙間が出ることがあります。

うまく付き合うためには、世代がわかる番組は年下彼氏と一緒に観ないようにすることをお勧めします。

振る舞いは年上らしく大人の部分を見せる

年下彼氏とうまく付き合うためには、同じ目線にならず時には大人の態度を見せることもコツです。

アラフォーになると年下彼氏の幼い部分や考え方が甘い部分などが気になることがあるかもしれませんが、そんな時は大人の女性として対応するのです。

  • ヒステリックにならない
  • 汚い言葉を遣わない
  • 自己中心的は発言をしない

上記のようにすることで、喧嘩や言い合いを避けることができますし、年上らしく振る舞うことで年下彼氏から尊敬されることもあるからです。

「彼女のように自分も落ち着きのある男性になりたい!」と思わせることができれば、大人の関係を築くことができるので、恋人関係も続いていくでしょう。

マナー違反はせずルールを守る

年下彼氏とうまく付き合うためには、ルールを守ることもコツです。

大人になると「これはいいか」という安易な気持ちからマナー違反したくなることもあるでしょうが、年下彼氏との不仲の原因になりかねません。

年下彼氏はアラフォーである年上彼女の振る舞いを傍で見ています。

尊敬や信頼がマナー違反によって揺らぐことになるかもしれませんし、年下彼氏にあなたが幻滅することも有り得ます。

ルールを守って付き合うことで、お互いの関係性がより良いものになります。

年下彼氏が理想の男性になるように、正しいことを常日頃から行うようにしましょう。

ルールを守る大人の女性という姿を見せることで、お互いに成長することができれば、関係性も良好のまま続いていくはずです。

年下彼氏とうまく付き合うためには、魅力的な女性であり続けることもコツですから、マナーを守る姿を見せることで心をがっちり掴み続けましょう。

安心できて居心地が良い場所になる

年下彼氏とうまく付き合うためには、彼氏にとって安心できて居心地の良い場所になりましょう。

一緒にいると落ち着くことができる存在になることができれば、年下彼氏はあなたに夢中ですからお付き合いを続けていくことができるはずです。

嫌なことがあった、悲しいことがあった、そんな時に思い出す場所、帰りたくなる場所になることができれば別れることもないでしょう。

  • 年下彼氏の趣味に合わせて落ち着いた部屋にする
  • 話をしやすいように聞き役になる
  • 否定や反論せずに受け入れて応援する

上記のように年下の彼氏が好む家にして、対応も気を付けることで付き合いを上手く続けることができるはずです。

体思いの料理があれば帰りたい場所になる

年下彼氏とうまく付き合うためには、美味しい料理を振る舞うこともお勧めです。

年下彼氏が一人くらいの場合は、外食や飲み会などで栄養面が偏っていることがあります。

バランスの良い食事を出してもてなしてくれる女性であれば、帰りたい場所になるはずです。

若い時は家事が苦手な女性もアラフォーになれば、それなりのことができるようになります。

掃除や洗濯などができるだけではなく、料理も上達するはずです。

料理の場合は、自分経食べたい物や好きな物だけではなく、体のことを考えて季節の料理を作ることができるようになるでしょう。

料理上手で家のこともしてくれる彼女と付き合うことはメリットが沢山ありますので、別々に暮らしている場合は同棲しようと誘われるかもしれません。

料理によって年下彼氏の胃袋を掴むことができれば付き合いが続きますし、最終的に結婚へと繋がる可能性も高くなるでしょう。

アラフォーだからこそできる気配りで年下彼氏と仲良く付き合おう!

年下彼氏との付き合いは楽しいだけではなく、悩むこともあるでしょう。

付き合いを長く続けるためには、年下彼氏との距離感を掴んでお互いに思いやりを持つことが必要でしょう。

年下彼氏だと気づくことが難しいことは、アラフォーである女性側がフォローしていきましょう。

日頃の気配りによって年下彼氏にとって必要な存在になることができれば、うまく付き合うことができるだけではなく、お互いにとって理想の相手になるはずです。

アラフォーだからこそ気づける点もあると思いますので、これまでの経験を恋愛に活かして年下彼氏と仲良く付き合っていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント