• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

年下彼氏との結婚は不安がつきもの?メリットとデメリットを確認!

Date:2016.08.23

shutterstock_133378736年下の男性とお付き合いしていると、もし彼と結婚することになったらどんな生活になるのか気になりますよね。

全体的に見れば年上の男性と結婚する女性が多く、年下の男性と結婚するのはレアケースです。

年下彼氏ならではの結婚への悩みや結婚生活への不安など、誰かに相談したくてもなかなかわかってもらえないということもよくあります。

そこで、ここでは実際に年下彼氏と結婚した場合に、同じ年齢や年上の男性と結婚した時と比べてどんなメリット・デメリットがあるのかご紹介します。


この記事の流れ

年下彼氏との結婚は意外と快適!夫が年下の場合の結婚生活のメリット6つ

年下の彼氏と結婚した場合、以下のような6つのメリットを得られることが考えられます。

1.彼が持つ若さの良い影響を受けられる

年下彼氏の最大の魅力はなんといっても若さゆえの良い影響を受けられることです。

自分では気付いていなくても、年齢を重ねるごとにどんどん自分の中での常識ができてしまい、考え方が偏って頭が固くなりがちです。

でも、旦那さんが年下なら一緒に生活している中で色々なものを共有することができ、実年齢よりも柔軟な若い考え方ができるようになります。

部下や後輩だと年上のあなたに気を使ってなかなか言えないことでも、対等な関係の旦那さんならはっきり意見を言ってくれます。

また、旦那さんが年上や同い年だとだんだん老けていく旦那さんを見ている内に自分が老けていくことに抵抗を感じなくなりますが、旦那さんが自分よりも若いと「私も若くいなくちゃ!」と見た目のケアを努力しようと思ってがんばれます。

2.小さな欠点くらいなら許せちゃう

結婚相手が年下だと、多少の欠点や失敗なら「年下だし人生経験も浅いから仕方ないよね」と許せてしまうのもメリットの一つ。

結婚した人の年齢が自分と一緒だったり自分より年上だと、どうしても相手に色々な期待をしてしまいます。

例えば年収の多さだったり包容力だったり、個人差があるとはわかっていてもついつい期待してしまいますよね。

でも、旦那さんが年下なら多少のことは許せるので自分もがっかりしないで済むし、ささいなことでケンカする確率もすごく低くなります。

3.素直に言うことを聞いてくれてリードできる

女性が年上の男性に頼りがいを感じるのと同じく、年下の男性も年上の女性を頼りにしています。

彼女や奥さんが年上だと年上の意見は尊重しようと考えて、女性側のお願いや意見を素直に聞き入れてくれる男性がとても多いです。

自分が主導権を握って男性をリードしたいという女性にとってはすごく付き合いやすい関係になります。

また、年下であっても「男がリードしなくちゃ」と考えている男性が多いので、リードするのが苦手な方なら対等な関係でいられるようにすればお互い過ごしやすい付き合いができます。

同い年や年上男性だと「女は黙って男の言うことを聞けば良い」と考えていてあまり女性の意見を聞いてくれない人もいますが、年下男性ならこんなケースはあまりないので自分の意見がなかなか言えない方は年下男性との結婚を考えてみるのもアリです。

4.家事や育児を手伝ってくれる男性が多い

年下男子の良いところは、年上の男性に比べて男性が家事や育児をすることに抵抗がないことです。

最近だと

  • 料理男子
  • イクメン

なんて言葉の流行もあって、お願いする前から積極的に家事や育児を手伝ってくれる男性がすごく多いです。

一人暮らし経験のある男性なら自分の身の周りのことはある程度できるので、共働きでも家事などを分担でき女性の負担を減らすことができます。

5.今の仕事を続けられる

年下の彼氏の場合、収入が女性よりも少ないことが珍しくありません。

社会人になってからの時間は女性の方が長くなるので、昇給率やスキルなどを考えるとお給料の差は仕方のないことです。

もしかしたら彼女は正社員として働いているけれど彼氏はまだ大学生なんてパターンもあると思います。

その場合、彼氏は金銭面を不安に感じて結婚しても女性には働いていて欲しいと考えている可能性が高いです。

今の仕事を辞めずに済むので自分の貯金を増やすこともできるし、今以上のキャリアアップも十分可能です。

フルタイムで働き続けるのなら旦那さんにも家事を分担してもらわないと大変ですが、年下男性は家事に抵抗のない人が多いので結婚前にどんな家事分担をするかしっかり話し合っておけば問題はありません。

結婚後も働いていると急な事態にも対応できる!
専業主婦を希望していた方だと今の仕事を続けられることにあまりメリットを感じないかもしれません。

でも、結婚後も仕事を続けるのは女性にとって以下のようなメリットがあります。

  • 自由に使えるお金を持てる
  • 夫婦の貯金を増やせる
  • 万が一離婚を考えた時、素早く行動に移せる

特に3つ目の離婚に関しては、貯金がなければ引っ越しや部屋を借りるのにも苦労するし、仕事がなければ離婚後に生活していけません。

専業主婦が多かった時代は貯金や仕事がないばかりに我慢して夫婦生活を続けたという女性がとても多いのです。

自分の身を守るためにも、仕事は続けておくことをおすすめします。

6.老後も長く一緒にいられる

男性と女性の平均寿命は厚生労働省の2015年の調べでは、

  • 男性 80.79歳
  • 女性 87.05歳

となっていて、男性の方が6~7年ほど早く亡くなってしまうことがわかります。

もし同い年の男性と結婚した場合80歳を過ぎてから6年以上1人で過ごすことになり、年上の男性と結婚したのなら老後を1人で過ごす時間はもっと長くなります。

年下の男性と結婚すれば寿命の差が縮まるので、老後も長く一緒にいられる可能性が高くなるのです。

大好きな旦那さんとおじいちゃんおばあちゃんになってから温泉旅行などを楽しみたいと考えている女性も多いと思います。

年下彼氏と結婚すれば、そんな夢を実現できる確率が高くなります。

年下彼氏との結婚には不安がいっぱい?年下の夫ならではのデメリット6つ

年下の彼氏と結婚すると年下の夫ならではのメリットがある一方で、年下の夫だから感じるデメリットもあります。

年下彼氏との結婚によるデメリットを6つご紹介します。

1.親や親戚から反対されやすい

お互いに結婚しようと決めたら、必ずしなければいけないステップには「親への報告」があります。報告に行く時は反対される可能性があると思っておきましょう。

歳が離れれば離れるほど反対される可能性が高いのですが、たった2~3歳差であっても年齢さを理由に反対されるケースがあるようなので油断は禁物です。

特に女性の年齢が30代後半だと高齢出産になることや子供を持てない可能性があることを理由に結婚に賛成してもらえないことがあります。

こればかりは自分ではどうしようもないことなので、それを指摘されるのは女性にとってキツイことですよね。

女性の年齢が自然な妊娠・出産が難しい年齢ならば、結婚の話が出た時点でお互いによく話し合っておくことをおすすめします。

また、彼氏の両親や親戚から年齢を理由に反対された時は、彼女はあまり出しゃばらずに彼氏から説得してもらうのが一番です。

彼女があまり口を出すと結婚後の家族や親戚との人間関係を良好にするためにも、ケンカはせず穏便に解決できるようにしましょう。

自分の両親から反対される可能性も

大切な娘の結婚相手が年下だとどうしても頼りなく感じてしまい、彼女側の両親が結婚に反対することもあります。

その場合は彼氏ではなく彼女が両親を説得して、二人の結婚を認めてもらいましょう。

2.年齢を理由にお互い卑屈になりやすい

彼氏や旦那さんが年下だと、自分の方が早く老けることがものすごく気になります。旦那さんから「オバサン」とからかわれることもあると思います。

自分が旦那さんより年上でオバサンだと自覚すればするほど卑屈になりがちです。

年齢差はどうしたって埋まるわけではないのでくよくよせず、見た目や内面の若々しさを保つ努力をがんばりましょう!自分へのご褒美をかねてたまにはエステで気分転換するのもおすすめです。

また、年下男性の方も年上の奥さんとの収入の差や仕事での役職の差などが辛く感じることもあります。

特に同じ社内に勤務していて夫が部下と妻上司という関係だと周囲にそれを指摘されることもあるので、色々と悩んでしまうことが多いようです。

年下の方が社会人経験や年収が少ないのは仕方のないことなので、彼が収入差などを気にしているようなら「私は気にしてないよ」と声をかけてあげてくださいね。

3.話題が合わないと感じることがある

旦那さんとの歳の差が大きいほど、お互いに話題が合わないと感じることも多くなります。

「小さい頃って○○だったよね」と話かけて「え、俺の時代はなかったよ」と言われるとはっきりと年齢差を感じてけっこうショックを受けるものです。

逆に、彼の話す内容が自分にはわからなくて「もういいよ」と言われてしまうことも…。

歳の差婚だと話が合わなくて会話が減るなんてことも言われていますが、お互いの話に興味を持って会話ができればクリアできる問題なので思いやりを持って会話ができれば問題なしです。

4.年下の夫が頼りなく感じる瞬間がある

年下男性の場合、同世代や年上の男性と比べると社会的経験や女性との交際経験が少ないために頼りなく感じることも出てきます。

そんな時、多くの女性が「やっぱり年上の男性と結婚するべきだったかな…」と考えがちですが、頼りになるかどうかは個人差が大きいので年齢はあまり関係ありません。

どんな男性でも全てがパーフェクトなことはあり得ないですし、頼りなく感じる瞬間が全くない男性はいません。

「年下だから頼りない」と考えるのではなく、「彼にも苦手なことがあるんだな」と考えるようにしてみてくださいね。

5.彼の世話を何でもしてあげるお母さんになってしまう

年下の彼氏と結婚したり同棲を始めた女性が陥りやすいのが、彼の世話を何でもしてあげてまるでお母さんのような存在になってしまうパターンです。

年下の彼氏との同棲中、だんだん母親のようになってきて、最終的には「もう母親としか思えない」と言われ別れたという話もよく聞きます。

年下の彼氏や旦那さんがかわいくて仕方ない気持ちはわかりますが、あまりかいがいしくお世話はしないようにしましょう。

6.浮気の可能性が高くなる

年下男性と結婚した場合、結婚生活が続くうちにどうしても女性の方が早く老けていきます。

すると、旦那さんが若い女性に目移りして浮気に走ってしまう可能性が高くなるのです。

浮気の原因が全て歳の差にあるというわけではありませんが、奥さんがあまりにも見た目の若さを保つ努力をしていないと若い女性が余計に魅力的に見えやすいようです。

また、実際には旦那さんが浮気を全く考えていなくても、周りの人から「年下の旦那さんだと浮気が心配でしょ?」と余計なことを言われて不安になってしまうということもあります。

若さを保つ努力や夫婦間で共通の話題を作るなどの工夫をして、彼の気持ちが離れないように心がけましょう。

年齢差からくる不安は年上女房ならではの魅力を磨いて解消

旦那さんが年下だと色々な不安があると思います。特に自分の方が早く老けていくことに不安を感じる方は多いのではないでしょうか?

でも、彼は奥さんを年齢で選んだわけではなく、「この人となら結婚したい」と思った相手だから結婚したのです。

年齢差があることなんて最初からわかっていることです。それでも結婚しようと思ったのだから、歳の差がいくつでも奥さんは胸を張っていてOK!

ただ、年下男性と結婚した女性が「年上と結婚すれば良かったかも…」と思ってしまう瞬間があるように、年上女性と結婚した男性が「年下女子と結婚した方が良かったかな…」と思ってしまう瞬間があると思います。

年下の旦那さんに「年上女房で良かった!」と思ってもらえるように、年上女房ならでは魅力を磨きましょう。

年下彼氏との結婚を考えている女性にも使えるテクニックなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

彼の話をよく聞く「聞き上手」になる

年上彼女は自分の話ばかりするのではなく、年下彼氏の話をじっくり聞いてあげる聞き上手になると年上の良さや年上ならではの心の余裕をアピールできます。

カップルの会話を聞いていると女性が話してばかりで男性は聞き役になっていることが多いです。

特に若い女の子ほど一生懸命話す傾向があるので、彼女が聞き役になってくれるだけでも彼氏にとってはけっこううれしいことなのです。

また、年上の彼女には精神的にも頼りやすいので、他の人には言えないような弱音や不安も話してくれて、二人の仲を深めるきっかけにもなります。

スマートな対応で「包容力」をアピール

交際相手の女性が年上の場合、スマートな対応に年上女性ならではの包容力を感じる男性が多いです。

具体的な例を挙げると…

  • デートの時の割り勘や遅刻もサラッと許してくれる
  • 過去の恋愛(元カノ)について詮索しない
  • 仕事などで会えない時も責めない、急かさない

などなど、彼氏のことを感情的に責めたりしない対応をすれば、年上彼女ならではの包容力をアピールできます。

ただし、あまりにも大らかな対応をしているとお母さんのようになってしまうので、アメとムチは上手に使い分けましょう。

年上のギャップを利用してかわいく甘えてみる

年下男性と付き合っていると、「年上だから私がしっかりしなきゃ!」とつい強がってしまうことも多く、しっかり者を通り越してかわいげのない女になってしまうこともあります。

そうならないためにも、たまには自分が年上ということを忘れて彼氏や旦那さんに思いっきり甘えてみましょう。

普段は年上でしっかり者な分、ギャップがあってかわいさも倍増するので試してみてくださいね。

年下彼氏との結婚を考える時の注意点と覚悟すること

年下男性との結婚は同い年や年上の男性と結婚する時とは覚悟するべき点や注意点が違います。

まだ具体的な結婚の話が出ていなくても、今付きあっている年下彼氏と結婚する未来を考えているのなら以下のようなことに気を付けましょう。

結婚願望があるなら早い段階で話し合う

もしも自分に結婚願望があるのなら、彼氏とは付き合って1年ほどたった頃に結婚についてどう考えているのか話し合っておくことをおすすめします。

特にアラサー以上の女性でいつかは結婚したいと思っているのなら、あいまいにせずはっきりさせることが大切です。

「私ももう結婚適齢期だし、彼もきっと結婚について考えてくれているはず…」

なんて思っていたら、彼氏は全く結婚を考えていなかったというパターンは珍しくありません。

男性にとって結婚を意識し始めるのは、個人差がありますが大体30歳前後。趣味に没頭しているような男性だと「35歳くらいまで好きに遊んで、40歳までに結婚できれば良いや」と考えている人も多いです。

もし彼が結婚を考えていなかったり、今は結婚するタイミングじゃないという理由で数年以上待たされるようなら、別れるかどうかは別にして婚活などで新しいパートナーを探すことも考えましょう。

女性の場合、出産のタイムリミットもあるので30歳までに婚活を始めるのが理想的です。

年下の彼が結婚を切り出してくれるのを待っていたらあっという間に歳を取ってしまいます。「もっと若い内に決断していれば…」と後悔しないような行動を選択してくださいね。

期間を決めて付き合うのもおすすめ

1~2歳程度の歳の差なら結婚に対する意識も彼とそう変わりませんが、5歳以上年下の男性や20代の男性と付き合う場合、彼は結婚のことなんて全く考えていない可能性が高くなります。

「私が○歳までに結婚の話がなければ別れよう」といったように交際期間を決めて期限付きで付き合うという方法もアリです。

年下の男性に結婚の話題を出すと変にプレッシャーをかけてしまい、仲がギクシャクしやすいので自分の中でだけ期限を決めてみましょう。

結婚前提でない限り同棲はなるべく避ける

近くに住んでいると気が付いたら同棲状態になっているということもよくありますよね。ただ、結婚前提でないのなら、できる限り同棲はしないことをおすすめします。

結婚の約束もなく同棲を始めると、結婚をしても何も変わることがないのでかえって結婚を意識しにくくなって同棲生活がだらだらと長引きがちです。

これは年齢差に関わりなくどの年代のカップルでも言えることですが、年下彼氏との同棲の場合は彼女からお母さんの立場になりやすいので、特別な事情や理由がないのなら同棲は避けましょう。

また、すでに同棲しているのなら、同棲解消する方向で彼氏と話し合いましょう。

結婚に焦る姿を見せない

男性は女性が思っている以上に、「結婚適齢期の女性から結婚を迫られる」ことに恐怖を感じているし、結婚に焦っている女性の姿に敏感です。年上の女性と付きあっている男性ならなおさらです。

彼氏に結婚を意識してもらうためによく女性がやりがちなのが、

  • 既婚者の友達から結婚の良さを彼にアピールしてもらう
  • さりげなく結婚情報誌などを置いておく
  • 両親に会わせようとする、彼の両親に会いたがる

などの行動です。

こういうさりげないアピールは意外と男性も気付いています。

たま~にやるくらいなら大丈夫ですが、頻繁にやると彼氏をうんざりさせてしまうのでほどほどにしましょうね。

金銭面で彼の負担になる気がないことを伝える

年下彼氏でもデート代や食事代などを支払ってくれることも多いです。全額ではなくても多少なりとも多めに支払ってくれる年下彼氏が多いのではないでしょうか?

普段は彼女に良いところを見せようとがんばっている彼氏でも、本音では金銭的に辛いと感じているかもしれません。

もしかしたら、結婚について前向きに考えているけれど、金銭的なことがネックでなかなか結婚の話を切り出せないと言う可能性もあります。

デート代や結婚後の生活費について自分も働いてサポートする気があると伝えておけば、金銭的なプレッシャーが無くなって結婚についてもっと前向きに考えられるようになるでしょう。

年下彼氏との結婚にはメリットがたくさん!だけどデメリットや注意点も忘れずに

shutterstock_400920592
いかがでしたでしょうか?

年下彼氏との結婚は年下ゆえの頼りなさが目立ちがちで不安を感じる方も多いですが、年下の旦那さんならではの良いところやメリットもあるので年下彼氏と付き合っている女性は結婚について考えてみてはどうでしょう?

ただし、歳の差が開くほど周囲からの反対や、彼氏が若すぎて結婚をまだ具体的に意識できないということもあります。

年下彼氏ならではのメリットがあると同時に年下彼氏だからこそ起こる問題などもあるので、メリットばかりでなくデメリットや注意点に関してもよく考えて2人にとって一番良い結果になるような選択をしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事