• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

糖分のとりすぎは老化を早めるって本当?!

Date:2014.03.22

ダイエットは意識していなくても、気付かずに大量の砂糖をとっていることがあります。砂糖の多い食品は、多くの場合、カロリーは多いのですが人間に必要である栄養素は少ないモノです。

高い糖分の食品は、糖分だけでは無く脂肪も多く含むモノが多いです。砂糖がたくさん含まれる食品で身近なモノはキャンディ・アイスクリーム・蜂蜜・ジャムやゼリーなど。ほかにも、パイ・ケーキ・クッキーなどの焼き菓子類も多いです。

それらはあまり好きではないという人も、ジュースなどのソフトドリンクはいかがでしょうか?ジュース類は角砂糖に換算すると10個程度も入っていることもあるとか。定期的にジュースを飲む習慣がある人は気をつけたいモノです。

そして、アイスコーヒーやアイスティーなどにも、そのままではなくシュガーシロップを入れている方も多いのでは?これらも気付かないうちに糖分を摂取してしまっていることになりますので要注意。

砂糖をもっと意識しよう

ドーナツなど明らかに甘すぎると感じるような甘い食べ物は、主食の炭水化物を数えるのと同じようにきちんとカウントする必要があります。

必要な栄養素が取り入れられないのに、糖分だけがあなたの体内に入ることはとても恐ろしいことだということを、認識する必要があります。

砂糖と加齢の関係

コラーゲン線維という言葉をよく聞くと思いますが、コラーゲンとはお肌の弾力をつくる肌の下にあるバネのようなモノ。このコラーゲン線維の老化が小じわのできる原因ともいえます。

要するに、コラーゲンが減少してくると肌の弾力性も衰え、肌のたるみもでてくるということになります。ある研究では、砂糖がこのコラーゲン線維の老化を引き起こす作用が非常に強い糖であるということが分かりました

砂糖の取り過ぎは結果として小じわを増やす原因となります。できる限り糖分はとらないに越したことがないということは言うまでも無いでしょう。

過度な禁止はしないこと

クッキーやケーキなどは我慢しても、アイスコーヒーにいれるシロップなどまできちんと考えられている人は実は少ないのでは。少しだからいいや、という気持ちが毎日続けば、それはかなりの量になるのです。

我慢できるときはできる限り、老化を早めないと心に誓って糖分とはお別れした方がいいでしょう。しかし、過度に禁止をしてしまうとあなたにとってストレスになってしまう可能性があります。

今日は解禁日、などご褒美デーなどを決めてストレスを発散しながら上手に美肌に近づくようにしたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事