• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

40代女性の美髪は頭皮から!自宅で簡単にできる頭皮ケア

Date:2015.01.20

shutterstock_81657760_

40代になると頭皮の状態が変わることで抜け毛が増えたり髪の毛の質が変わったりと変化が出てきます。若い頃に行っていたケアでは40代の美髪は保つことができません。

40代女性だからこそ行いたいケア、40代ならではの悩みとはどういうものがあるのでしょうか。

40代女性の多くが悩んでいる頭皮の症状とは

若い頃は健康的だった頭皮、しかし肌と同じように年齢と共に頭皮も衰えてしまいいろいろと悩みが出てきます。

特に40代女性に多い悩みとはどういうものがあるのでしょうか。

頭皮の乾燥が酷くなった

若い頃は何をしなくても頭皮は潤っていたのに年齢と共に頭皮が乾燥し、フケのように頭皮の皮がめくれてしまうという人がいます。そして頭皮が乾燥すると頭皮が硬くなり髪の毛が育ちにくくなってしまいます。

40代になると髪の毛が細くなっていくのは髪が健康に育っていないのが原因とも言われています。頭皮も顔と同じなので、乾燥対策をしてあげることが大事です。

最近は頭皮を潤すケアと育毛ケアが1つになっているものなどがあるので、こういうものを使うことで頭皮の乾燥防止をしてあげることが大切です。

頭皮の毛穴つまりが気になる

毎日のシャンプーでしっかりと髪の毛と頭皮を洗っているつもりでも実は頭皮の毛穴には皮脂が詰まっているということがあります。これが蓄積されると毛穴の皮脂が酸化し、臭いや薄毛の原因になります。

毛穴の詰まりは皮脂だけではなくシャンプーの流し忘れなどが原因の場合もあります。シャンプーをした後のすすぎはシャンプー時間の2倍の時間を使って洗い流さないといけないと言われているくらいすすぎが大事です。

毛穴のつまりが気になる場合、週1~2回のスカルプケアをしてあげることで毛穴のつまりは改善されます。もちろんこの時もしっかりとすすぎをしてあげないとスカルプケアの意味がなくなるので注意しましょう。

抜け毛が増えて薄毛になってきた

40代になって急に抜け毛が増えたという女性も増えています。抜け毛にはいろいろな理由がありますが、多くがホルモンバランスの低下、そしてストレスです。

髪の毛はそれくらいとてもデリケートなものなので、常にケアをしてあげなくてはいけません。抜け毛を減らすにはしっかりとした食事・睡眠でホルモンバランスを整え、ストレスを軽減させてあげるのが大事です。

育毛剤などを使ってケアをしても心が疲れていたり、土台の栄養素がないと髪の毛も育ちません。

自宅で簡単にできる頭皮ケア方法とは

いつまでも綺麗な髪・健康な頭皮でいたいけれど、いつものケアで本当に頭皮のケアができているのかと不安になることがあります。いつまでも健康な頭皮を保つためのケア、実は自宅でも簡単にできるんです。

頭皮も顔と同じ、泡洗いで頭皮の負担を減らす

顔を洗う時、摩擦などを考えて泡洗いをしているという人は多いと思います。顔と頭皮、別のケアをしていますが1枚の皮膚で繋がっているので顔と同じケアをしてあげると頭皮も健康になります。

その1つが頭皮の洗い方です。シャンプーをつけてゴシゴシと洗っている人はいませんか?頭皮も顔と同じでゴシゴシと洗うと皮膚が傷んでしまいます。頭皮を洗う時に注意したいのが

  • 1回目のシャンプーは髪の汚れを洗い落とす
  • 2回目のシャンプーは泡で頭皮を洗う

です。

髪の毛を洗う時、まずは軽くシャンプーで髪の毛についている汚れや整髪料を落とします。その時のシャンプーは少な目、手で軽く泡立てて髪につけて洗います。

次に2回目のシャンプーです。この時は洗顔の時と同じように泡をたっぷりと作り、それを頭にのせて指の腹を使いマッサージしながら洗います。泡で洗うことで頭皮の毛穴の汚れもしっかりと落とすことができます。

シャンプー後はマッサージで地肌を柔らかく

頭皮が綺麗になった後は頭皮を柔らかくしてあげるのが大切です。頭皮が硬いと綺麗な髪も育ちませんし、抜け毛も増えます。

マッサージというと頭頂部を中心にマッサージをする人がいますが頭頂部はあまり激しくマッサージをすると髪の毛が抜けやすくなるので注意です。マッサージの時に心がけたいのが

  • マッサージオイルや育毛剤を使って血行を良くする
  • 手の甲を使って耳の後ろから後頭部に向かってマッサージをする
  • 叩くマッサージは頭皮を傷めるのでNG

の3つです。

よく頭皮マッサージといってトントンと指先で頭皮を叩いたりゴリゴリとマッサージをする人がいますが、これは反対に抜け毛に繋がります。あくまでも頭皮マッサージは手の甲などの面積の広い部分で行うようにしましょう。

オイルや育毛剤を付けてマッサージをすると血行が良くなりさらに頭皮環境も良くなるので1つ持っておくと便利です。

髪を乾かす時は頭皮に風をあてない

髪を乾かす時も注意が必要です。シャンプー後、とにかく髪を乾かさなくてはとタオルでゴシゴシ、そしてドライヤーをガンガン当てている人いませんか?頭皮は熱が当たりすぎると乾燥し頭皮が硬くなってしまいます。

髪の毛を乾かす時はなるべく頭皮に風をあてないようにするのがポイントです。
頭皮を傷めないように髪を乾かすには

  • タオルドライはタオルを頭に乗せて上から抑えて水分を取る
  • 下を向いて髪の毛をうなじから乾かす
  • なるべくドライヤーは頭皮に近づけず離して乾かす

がポイントです。うなじから乾かすと髪の毛のボリュームも出るので髪が細くなってセットがうまくいかないという人はこの方法がおすすめです。

知らなかった、間違った頭皮ケアに要注意

頭皮にいいと思ってしていたケア、実は頭皮にはあまりよくないというものも中にはあります。毎日あなたもこういうケア、していませんか?

シャンプー前のブラッシングは頭皮を傷めてしまう?

よくシャンプー前に頭皮の汚れを落とすためにしっかりとブラッシングをしているという人がいます。シャンプー前の汚れを取るためのブラッシングは頭皮を傷めてしまうことがあるのであまりよくありません。

シャンプー前のブラッシングは髪の毛のもつれをなくすぐらいで十分です。頭皮の汚れはシャンプー前のお湯での予洗いの方が綺麗に落ちるので、ブラッシングより予洗いを心がけるようにしましょう。

頭皮にまでコンディショナーをつけるのは危険

髪の毛を潤すためにと頭皮までコンディショナーをつけている人がいます。頭皮ギリギリまではコンディショナーをつけても問題はないとされていますが、頭皮から10センチ程度はコンディショナーをつけなくても髪には問題ありません。

反対に頭皮にコンディショナーがつくと頭皮の毛穴のつまりや皮脂が増える場合があるので注意しましょう。

よく髪の毛にパックを付けてタオルで蒸らす人もいますが、この場合、頭皮にパックが付く可能性が高くなるので、タオルを巻いて蒸らす場合は毛先にだけパックをつけるようにしましょう。

頭皮のオイルマッサージは毎日するとかえってよくない?

頭皮を潤すためにとシャンプー後にオイルマッサージをする人がいます。このオイルマッサージ、実は頭皮に余分な皮脂を与えることで頭皮の皮脂分泌が乱れてしまうことがあります。

育毛剤などを使ってのマッサージはいいですが、オイルを使ったマッサージをしたい場合は週に1回程度で十分です。できればオイルマッサージはシャンプー前に行い、頭皮の汚れを落とす時に使うのがおすすめです。

「汚れはその日のうちに落とす」を心がける

寝ている間に頭皮から皮脂や汗が出るので夜は髪を洗わず朝シャンをしているという女性がいます。朝シャンプーをすることは悪いことではないのですが、夜髪を洗わずに寝てしまうというのはあまりおすすめできません。

肌でもメイクを落としてから寝るように、頭皮もその日の汚れはその日のうちに落としてから寝るのが頭皮環境を整えるためには最低限必要です。

寝ている時の汗や皮脂が気になるから朝シャンは欠かせないという人は必ず夜も髪を洗うことを心がけましょう。

終わりに

頭皮はちょっとしたケアや環境で変わります。良くも悪くもケア方法で変わっていくので正しいケア方法を覚えていつまでも綺麗な髪の毛・健康な頭皮を保つようにしたいですね。

この記事をシェアする

関連記事