• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分の肌に合う正しい洗顔方法で透明肌をめざしましょう! 

Date:2014.08.23

洗顔方法を色々試してみたいもののなかなかできないという事ってありますよね。

洗顔方法は家族に初めに教えてもらった方法であったり、雑誌などの洗顔の特集をお手本にすることが多いものです。そして…気がつけば、もう長い間同じ洗顔方法だったりしませんか?

肌というのは一見同じようにみえても、気づかなかったり…気に留めないだけで部分的に変化しているものです。

例えば、オイリー肌と思っていたのに部分的に乾燥肌になっていたり。または乾燥肌と思っていたらオイリーと乾燥の混合肌になっていたりするものです。

このように肌は季節やホルモンに関係し変化しているのに、洗顔方法は変えないというのは、ニキビ肌や過敏性敏感肌の引き金を引いてしまう事になりかねません。

ですからその時々の自分の肌を把握して肌に合う洗顔方法を調整する必要があります。洗顔方法のちょっとした調整で肌の透明度がアップするものなのです!

透明感のある肌にはなりたいけれど…洗顔の調整ってめんどうだな…と思っていませんか?肌にあうアイテムを使うだけで出来る方法があります!

まずは肌傾向を知りましょう

自分にあう洗顔方法を知るために、まず自分の肌の状態を把握することが大切です。エステサロンではトラブルを引き起こす前に対処する方法を教えてくれたリ処置をしてくれますがそのような対応ができるのは肌の持つ傾向を把握しているから。

自分でも肌の傾向や季節によってどんな反応をする傾向があるかメモして覚えておけばトラブルを回避することができます。反応傾向とトラブルになりやすい症状から自分の肌の状態を分析してみましょう。

  • オイリー肌
  •  
    傾向…皮脂の分泌量が多いため毛穴に汚れもつまりやすい
    トラブル症状…あごやおでこに、ニキビなどの湿疹ができやすい
     

  • 乾燥肌
  • 傾向…自己修復力が弱く、保湿対策がかかせない
    トラブル症状…皮膚自体が薄くなり、目の周りや口の周りに赤みや腫れができやすい

  • 混合肌
  • 傾向…鼻の周りはオイリー肌の割に目の周りは乾燥しやすいため、しわになりやすい
    トラブル症状…オイリー肌の部分

比べてみていただくと分かるように、混合肌のタイプはオイリーな部分と乾燥肌の両方のトラブルをかかえやすいため注意が必要です。

注意点は肌によって異なります!

では肌に合う洗顔方法とマストアイテムを肌別に見てみましょう。

  • オイリー肌
  • アイテム…高保湿洗顔フォーム
    洗顔方法…さっぱりした洗い上がりが気持ちよく感じるものですが、ゴシゴシ洗ったり熱いお湯で洗うのは良くありません。クレンジング後、軽く洗い流してからタオルで温パックをして毛穴をゆるませ手から洗顔フォームを泡立てて洗顔しましょう。

  • 乾燥肌
  • アイテム…美容液洗顔フォーム
    洗顔方法…低刺激なクレンジングを選び、刺激を与えないように汚れを取ります。しっかり泡だて手で洗うというより、泡で洗うという気持ちで優しく洗いしっかりゆすぎましょう。洗顔後に温パックをして美容成分の浸透をよくしましょう。

  • 混合肌
  • アイテム…高保湿洗顔フォーム
    洗顔フォーム…クレンジングでオイリー部分でふき取った調子で乾燥肌の部分までふき取ることはやめましょう。そして軽く洗ったらオイリー肌タイプと同じようにタオルで温パックをしてから、洗顔フォームを泡立て洗顔しましょう。

植物、鉱石、鉱油…成分を確認しましょう

美容液洗顔フォームは50パーセント以上の美容液配合の洗顔フォームです。洗い上がりがしっとりし個人差はあるもの、乾燥肌独特の刺激による痛みも感じられません。

また高保湿洗顔フォームはネーミングの通り、保湿力はかなり高め。洗い流した瞬間からしっとり感がほかの洗顔フォームとは全く違います。まるで化粧水を付けた後のような潤いを感じます。

洗顔フォームやクレンジングはコストパフォーマンスのみで選ぶのはおすすめできません。良いものは使われている成分がやはり違います。植物由来や鉱石由来など原料となるものによっても洗い上がりが違います。

ここで注意したいのは鉱石由来と鉱油由来の違いです。鉱石由来はミネラルが豊富に含まれていますが、鉱油は含まれません。安価なものは鉱油由来のものが多いので成分表をよく見て選びましょう。

たかが洗顔、されど洗顔です。洗顔の改善次第で肌への負担が減り、調子が良くなるため透明感が増していきます。すっぴん美人になるために肌の調子にあう正しい洗顔方法でお手入れしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事