• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

注目されている「糖質制限ダイエット」で気を付けたい3つの注意点

Date:2013.04.15

最近注目されているダイエットといえば「糖質制限ダイエット」ではないでしょうか。糖質制限は、ダイエットに限らず健康維持にも良いとされています。

普通のダイエットの場合、食事量を減らすことがメインになるのですが、「糖質制限ダイエット」は食事量というよりは糖質の含んだ食品を減らすというもので、カロリーより糖質を減らすことがメインになります。

この「糖質ダイエット」、単に糖質を減らすだけではダイエットにはならないということを意外に知らない人が多く、間違った「糖質ダイエット」をすることによって、リバウンドや体調悪化などを起こしている人もいるそうです。

今回は「糖質ダイエット」をするにあたって、覚えておきたい3つのポイントを紹介したいと思います。

1.糖質は砂糖や炭水化物だけではない!

糖質・炭水化物を減らすとなると、どうしても1番減らしやすいと思うのが白米・パン・お菓子です。この3つは大抵の人が気を付けているのですが、他にもいろいろと気を付けなければいけない食品があります。

意外に忘れられるのが果物とイモ類です。イモ類はおかずなどに意外に入っており、ついつい摂取してしまうということがあります。

そして果物です。果物は果糖が含まれているのでたくさん取ると糖分を多く摂取してしまうので、糖質制限ダイエットの時は果物の量もなるべく減らす方がいいとされています。

他にはお酒・砂糖を含んだ調味料(みりんや販売されているタレ・ドレッシング等)もたくさん取ると、砂糖を摂取しているのと変わらないので気を付ける必要があります。

白米・パン類の他にも、麺類にも小麦が含まれているので炭水化物を含んだものになります。麺類を白米代わりに食べるということは、白米を食べることと同じになるので、糖質制限ダイエットの際には気を付ける必要があります。

2.糖質を控えるだけではなく食べる順番がカギ!

「糖質制限ダイエット」をしていると、いきなり糖分のあるものを摂取すると血糖値が急激に上がってしまうことがあります。そういうことを抑えるために、食事の食べる順番が大切と言われています。

どうしてもすぐにご飯を食べたいと思ってしまいますが、まずは糖質の少ない野菜などから食べるのがオススメです。サラダなどがある場合は、先にサラダを食べてしまってから食事に入るほうがいいとされています。

野菜などを先に食べることで、食物繊維で消化のスピードが遅くなり血糖値の上昇がゆるやかになるといわれています。

減らすことばかりではなく、食べる順番も大切だということを「糖質制限ダイエット」をしている時は覚えておくようにしましょう。

3.糖質を抑えた分はこれで補おう!

「糖質制限ダイエット」をしているからといって、全く白米やパンを食べてはいけないというわけではありません。ただ今までの半分以下に減らすというだけでも十分なのです。

その白米等を減らした分を他の食品で補うことで、栄養を補って体調を崩さないようにすることが大切です。

「ご飯はどうしても今まで通り食べたい」という場合は白米を玄米に変えたり、最近よくスーパーなどでも見かけるようになった、米粒のようなこんにゃく(マンナンライス)を混ぜたりすることで、食べても糖質は減っているというような状態にするだけでも効果は見込めます。

白米を減らした分、特に補いたいのがタンパク質や食物繊維です。どうしても食事制限をすると食物繊維が減ってしまい、便秘気味になったりするのでそこは十分気を付ける必要があります。

たんぱく質は豆類や魚から摂取することができます。よくダイエット中の人がしているご飯代わりに豆腐を食べるというのは、たんぱく質を補うことができるのでとても有効なのです。

そして食物繊維を補うには、低カロリーで食物繊維の多いきのこ類などが最適です。きのこ類は調理方法もたくさんあるので摂取しやすいのも利点です。

白米を減らした分、おかずが1品増やして食べているという人もいますが、そういう場合は糖分だけではなく塩分にも気を付ける必要があります。

ちょっとご飯を減らすところから始めるとあまりきつくはありません。毎日は無理という場合は、時々体をリセットするという意味を含めて1~2週間、糖質制限食にしてもいいかもしれません。

ダイエットだけではなく健康維持のために時々このような食事をするのもいいのかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事