• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ニキビの原因は冷えだった!?東洋医学的なニキビケア方法とは

Date:2013.08.18

大人のニキビは、同じ所にしつこく繰り返すのが特徴。ニキビコスメで必死に治しても、また生理前になるとブツブツ・・・と体調の変化に伴ってできるのも特徴です。

大人ニキビは「スキンケアだけで治すのは難しい」という現実を、そろそろ経験で分かっているのではないでしょうか?

なぜなら「ニキビ=肌表面のトラブル」ではないからです。東洋医学では「ニキビは内傷病」とされ、臓器や心にトラブルが起こった結果がニキビだとされています。

中国の女性は「ニキビにはショウガで身体を温めるのが良い」「生理前は露出の多い服は着ない」など、食べ物や生活を見直す事でニキビ予防をしているそう。

また「自分のニキビは体質のせい」「ニキビができやすい肌質だから」と諦めている人も多いですね。もちろん遺伝の影響もありますが、長年の生活習慣が「体質」「肌質」を大きく左右しているのもまた事実です。ニキビは美容上の「生活習慣病」といった所でしょうか。

東洋医学を取り入れて、一度「ニキビ体質」を見直してみませんか?遠回りなようで一番の近道になるかもしれませんよ!

血液の汚れがニキビの原因?

「お血」という言葉を聞いたことがありますか?簡単にいうと「血液が汚れて、流れが滞っている状態」です。

血液の状態が悪くなると命に関わるので、身体は何とかして老廃物を取り除こうとします。その血液浄化作用のひとつとして、ニキビやじんましんなどの発疹が起こるといわれています。

お血によるニキビのでき方

①血液に余分な糖や脂肪、尿酸などの老廃物が増え、お血になる。
②皮膚の皮脂腺や汗腺から、老廃物が排出される。
③ニキビやじんましん、湿疹などの皮膚トラブルになる。

皮膚には老廃物を排出する働きがあるので、血液に老廃物が増えると当然ながら毛穴から出そうとします。つまりニキビは「血液の浄化作用」のひとつなので、血液の汚れをキレイにしないと結局は繰り返す事に・・・。

お血の原因

お血の原因とは何でしょうか?

  • 冷え・・・冷えると代謝が落ちて、糖質や脂質などがきちんと燃焼されず、燃えカスが血液を汚します。
  • 食べ過ぎ・・・消化しきれなかった食べ物の燃えカスが血液を汚します。また消化の為に胃腸に血液か集中して、他の場所の回復力が落ちる事に。
  • ストレス・・・冷えの原因になりますし、胃腸の働きを著しく悪くします。ホルモンバランスを崩す原因にも。

とくに女性は筋肉不足や女性ホルモンのアンバランスや、体脂肪のせいで男性より冷えやすいので注意が必要です。

体温が一番高くなる午後14時前後でも36度以下の人は免疫力が下がり、ニキビだけでなく自律神経失調症やアレルギーの原因にもなります。

アナタのニキビのタイプは?

体質や生活習慣でニキビの傾向も変わってきますので、お手入れの参考にしてくださいね。また人によっては全部あてはまる事もあります。素人判断は難しいので、ひどい時は専門家の診断をオススメします。

・薄い色の小さいニキビ

カサカサした場所にできやすく、赤くはれ上がる事は少ない。あごなど、いつも同じ場所にできる。疲れやすい、胃腸が弱い、低体温など虚弱な人にできやすく、食べ過ぎや寝不足で悪化する傾向がある。

このタイプは「冷え」と「睡眠不足」が最もダメージになります。運動や食べ物で体温を上げて免疫力を高め、早寝早起きで朝日を浴びましょう!スキンケアは保湿を徹底する事と、軽い角質ケア、マッサージなどがオススメです。

・赤くて熱をもったニキビ

職場や人間関係のストレスなどで、いつもイライラや不満が絶えない人にできやすい。生理前は悪化する傾向があり、生理トラブルがある人が多い。こめかみやおでこ、フェイスラインにできやすい。

このタイプはと「ストレス」と「ホルモンバランス」が大きな原因になっています。冷えは卵巣の働きを悪くするので下半身の冷えには注意して、さらにアロマセラピーなどストレス解消法も取り入れましょう。

スキンケアは炎症を沈める成分の入ったものを選ぶと良いです。ビタミンCやカンゾウなどがオススメ。

・黄色い芯のある大きなニキビ

皮膚全体が脂っぽく、赤みが気になる肌質にできやすい。顔の下半分に大きく盛り上がるようにでき、膿をもったり痛みを伴う事も多い。甘いもの、お酒などの刺激物、脂っこい食べ物で悪化する。

このタイプは「食べ物」と「睡眠不足」が悪化の原因に!スナック菓子や揚げ物などをやめ、水をたっぷり飲みましょう。水分代謝が滞りがちなのでシャワーではなくお風呂に入るようにし、刺激を与えないよう丁寧な洗顔やスキンケアを心がけて。

お血をキレイにしてニキビを治すには?

  • スクワットやウォーキングなどの運動・・・筋肉を増やして体温を正常に保ちます。36,5度が最も健康な体温といわれています。
  • 入浴やサウナで汗を流す・・・老廃物を流して毛穴をキレイにします。
  • 水分は身体を冷やさないものを・・・キンキンに冷えた水分は体温を奪い胃腸のダメージになります。夏であっても室温か温めて飲む習慣を。
  • 食べ過ぎに注意する・・・腹8分目は健康の基本です。食べ過ぎた翌朝は野菜ジュースやフルーツのみにして、バランスをとりましょう。
  • ストレスをためない・・・カラオケやエステ、アロマセラピーなど積極的にストレスを解消しましょう。1日1回大笑いするのも効果的ですよ!
  • 睡眠をしっかりとる・・・ニキビの6割は寝るだけで治るという専門家もいるほど、睡眠とニキビは深い関係があります。遅くても12時までには熟睡するのが目標!

また民間療法ですが、解毒作用があるといわれる「どくだみ茶を飲んむ」「ハト麦を食べ、粉末を練ってパックする」「イオウ岩塩をお風呂に入れる」といった方法もあります。ニキビ治療ではなくあくまでも健康法ですが、肌質にあうとコレで改善する人もいるようです。

できるだけ早く効果が欲しいなら、ピーリングなどのお手入れやビタミンB・Cなどのサプリメントを飲んだり、漢方薬局で漢方薬を処方してもらう方法もあります。

筆者の知り合いは「冬虫夏草・ツバメの巣」のサプリメントで2カ月でニキビがキレイになった人もおり、肌質があえば驚くほど早く効果がでる事もあるようです。ついでに敏感肌や生理痛もかなり改善されたようで、体質改善の大切さを改めて痛感しました!

もちろん普通の皮膚科でもらう抗ヒスタミン剤やステロイド剤、抗生物質などを使うと一時的に炎症は治まるかもしれません。でも「治まった!」と油断して血液の汚れを放置していると、今のお悩みを延々と繰り返す事になりかねません。

体質の改善は時間がかかりますが、一度真剣に取り組んでみませんか?やるだけの価値は十分にあると思いますよ!

この記事をシェアする

関連記事