• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

富山県の女性には、都内では入手困難な「豪邸」と呼ばれる物件が必要

Date:2014.04.16

ご存知のように、日本は住宅環境が悪い先進国の一つです。国土自体が人口の割りに狭いので当たり前と言えば当たり前なのですが、特に都会では土地価格も高く、庭付き一戸建ては夢の話のようです。

もちろん地方に行けばある程度の広さの家屋を手に入れる事はできるでしょう。では、日本で一番一戸建ての所有率が高くてその大きさもトップクラスなのはどこでしょうか?

それは富山県です。1件あたりの居住スペースに関してはNo.1を誇ります。それほどまでに、富山県の人々の家屋に対する意識は半端なく強いのです。

貯金はすべて家を建てるため

富山県の人は貯蓄上手です。というより、無駄遣いはせず、娯楽もそこそこに一生懸命貯蓄します。それもこれも、将来のマイホームのためなのです。しかも都会のような〇〇LDKで何平米というようなものではなく、ちょっとした豪邸クラスの一戸建てを望みます。

実際に富山県は家屋の平均部屋数は7部屋以上、一人当たりの広さに換算すると15畳以上となります。

そのような家屋事情で育った女性が狭い家で満足する事はなく、結婚の条件として豪邸レベルの持ち家があるか、もしくは将来的にそのような家を建てる事ができるかが判断基準にされる事が多いようです。

もちろん望むとおりの家を建てるためなら、女性自身も一生懸命働いて協力を惜しみません。

お嫁さん候補には向いている地域

富山県の人は、もともとまじめで男女共に働き者で勉学の意識も高い地域です。デパートや喫茶店は全国一少ないですが、図書館の保有率はトップクラスである事がそれをよく表しています。

短大・大学への進学率も上位に入っています。女性は勤勉でしっかりしており、お金の管理もばっちり任せられます。しかも働き者なので、お嫁さん候補としても歓迎されやすいタイプです。

但し、豪邸に住んで安定した生活レベルを求めるという傾向は変わりませんので、「今が楽しければいい」というようなチャラついた感性の異性には惹かれません。顔が二枚目でなくとも、地に足が付いた生活を送れるタイプを理想とします。

富山県の男性が全くその通りのタイプであるため、実は富山県の女性と一番相性が良いのは富山県の男性かもしれませんね。富山県人とは仕事柄お話をする機会が多いのですが、男性・女性とも本当に穏やかな人が多いなという印象があります。

しかし、男性はその生真面目さが裏目に出て、少し粘着気質的な部分も見受けられます。何事にも白黒付けたがり、理論で攻めてくる事もありました。

でも、恋愛に対してはこの積極性(しつこさ?)がほどよいアピールになるようで、女性にとっては新鮮に感じられるケースもあるようですね!

この記事をシェアする

関連記事