• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気づいていますか?意外と見られているTPOに合った髪型を紹介

Date:2012.07.05

現在、カラーリングやパーマをかけている女性が多くいます。他にも巻き髪やウィッグなどでヘアスタイルを楽しむ人もたくさんいますが、そのヘアスタイルは本当にその場に適応しているのでしょうか。

自分ではおしゃれのつもりでしているけれど場違いなこともあるかもしれません。そこで、TPOに合わせたヘアスタイルなどの注意点などをいくつか紹介したいと思います。

カラーリングの大切さ

遊びに行く時などは明るいカラーリングもとても可愛くて素敵です。しかし「自分はこういう髪の色が好きだから」といって明るい色に染めて職場や学校に行く人を時々見かけます。

これはどうでしょうか?どの職場でも金髪や明るめのカラーリングが許されるというものではありません。接客業に関しては特に注意しなければいけません。

「会社が何も言わないから」や「そういう社則はないから」といってもやはりお客様が見て不愉快に感じることもあります。もちろん職場の雰囲気なども考えなくてはいけません。

自分ではどうしても分からないという時は、職場の上司や先輩に相談をしてみるのもいいことだと思います。

いつも巻き髪では・・・

今は髪を巻いている女性が多くなってきました。こちらも巻き髪はとても可愛らしいので、いつも巻き髪をしたいというのは女性の心理としてとても分かりますが、会社にくるくるの巻き髪で行くのはどうでしょう。

ゆるい巻き髪やパーマならだいたいどこの職場でも何も言われませんが、結婚式やパーティなどで見るような巻いて盛っているようなヘアスタイルで出社されるとビックリします。

「そんな人いないでしょ」と思われますが、仕事後に遊びに行く約束などをしていると、どうしてもヘアスタイルを直すことができないので職場に盛り髪で来るという人を見かけたことがありました。

可愛くていいんですが、やはりこのヘアスタイルもTPOに合っていません。

長い髪を・・・

ロングヘアの場合、仕事に邪魔になる場合があります。職種にもよりますが、仕事の時は束ねて邪魔にならないようにするということも必要です。

やはり仕事に支障が出る、仕事がしにくいとなると髪を束ねて活動しやすくするというのもTPOに合わせているといってもいいのではないでしょうか。

ヘアアクセサリ

せっかく束ねて綺麗にしているのにヘアアクセサリがド派手となるとまた違ってきます。最近はそんなに派手なヘアアクセサリもないですが、リボンなどは大きさなどを考えて使う必要があります。

あまり大きなリボンをつけているとやはり職場の雰囲気に合っていなかったりすることがあるので注意しましょう。

ほんの些細なことですが実際に「この職場にあのヘアスタイルはどうなんだろう」という取引先やお客様からの指摘というのもあります。

自分の好きなヘアスタイルにしたいというのは女性としてよく分かるのですが、やはり社会人として職場に合うヘアスタイルというのは知っておく必要があると思います。

この記事をシェアする

関連記事

コメント