• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

最小限の服でオシャレ!秋のトラベルファッションコーディネート

Date:2014.10.12

服が肌にまとわりつくような蒸し暑い夏も終わり、いつの間にか衣服と背中の間をすーっとさわやかな空気が通り抜けるようになった頃。

お盆休暇から遅ればせながら休みを取って海外旅行へ出かける人もいるのではないでしょうか。

秋風が吹く外国、同じ秋というシーズンでも国によっては雨の多い季節だったり日本よりもうんと寒かったり、あるいは逆にこちらが拍子抜けするくらいの残暑とさまざま。旅先に持っていく服選びに困りますよね。

今日はそんな予測のつかない秋の旅に持っていくワードローブのお話です。

一番こだわりたいのは靴

今は便利な時代で、インターネットを使えば旅先に適した服装をアドバイスしてくれるサイトもあります。

また旅先にもし友人が駐在しているのならアドバイスを乞うこともできますね。

しかし気候が急に変わるのもまた世の常。

最低限の下調べはしておきたいですが、できることなら軽い荷物で、ある程度の気温の変化には対応できるようにしておきたいもの。

さて、旅先でのスタイルがどんなものかにもよりますが(高原でハイキングなのか、街で美術館巡りをするのか)ここではある都市に滞在して観光やグルメを楽しむ旅を想定してみましょう。

まず荷物として嵩張るものは靴とバッグ。

特に靴は畳んで、あるいは潰して入れるわけにはいかないため、小さいスーツケースだと靴だけで半分埋まってしまいます。

旅の荷物が多すぎるか、最小限にまとめられるか、そのカギは靴が握っています。

旅先のコーディネートを考えるときは、まず靴選びから始めましょう。

あなたの行こうとしている街はどんな道があるのでしょう。坂道が多い?古い石畳?それともタクシーの移動ばかり?

その滞在が「旅行」である限り、かなりの時間を歩くことに費やすことになるでしょう。その歩行に靴がフィットせず痛い脚をひきずることになると拷問も同然!

それならば履きやすいバレエシューズにしよう!それもいいと思います。

デザインによってはドレッシイな服にも合うでしょうし、デニムにだってもちろんぴったりのアイテム。

だけど、旅先でオシャレなバーにも入るし、観劇もする予定の人。

もうちょっとファッショナブルな靴がいいなと思うあなたは、高くもなく低くもない3~5センチヒールの靴を選んでみましょう。

ヒールが細いと慣れない道でガリっとヒールを削ってしまいますから、幅広い、多少の隙間にはひかからないものをおすすめします。

また雨が降っても惜しくない素材と値段で、かつデザインが洗練されていると完璧ですね。

靴が決まったらベーシックアイテムをチョイス

靴が決まればあとはベーシックアイテム(トップス、ボトムス、アウター)を選びます。

まず一枚あると便利なのはナイロン製のコートやトレンチコート。急な雨にも気温の変化にもこれ一枚あれば対応できます。

シワになってもOKな加工がされているものであればくるくると丸めてバッグに入れておくこともできますね。

またアイロンなしでも使えるジャケット。テーラードであればオフィシャルな場所でもカジュアルダウンさせることもできる便利アイテムです。

こちらは出発のときに羽織って飛行機に乗れるよう、伸縮性のある素材のものが便利です。肩からひっかけてもサマになります。

トップスは無地のベーシックなカットソーやサファリシャツ。ボトムスはトップスに合わせてスカート、パンツをそれぞれ準備しておきましょう。

ワンピースはできれば2枚。1枚は黒の無地でカッティングの優れたデザインや体のラインを出すようなリトルブラックドレス。

そしてもう一枚はお昼のランチにも着て行けるような華やかな柄物。

ワンピースは、海外の洗練された街並みや人にも臆することなく歩ける自信をあなたに与えてくれるようなものを選びましょう。

アクセントはバッグやアクセサリーで

ベーシックなアイテムに洗練されたローヒールの靴。それだけではまだ物足りませんね。

ファッショニスタが闊歩する街並みで、自分にも自信を持たせてくれるようなエネルギッシュな小物を持っていきましょう。

例えばバッグは鮮やかな色使いのものや柄物。アクセサリーは大振りなバングルや大きな石のついたリング。

もしもバッグがアクセントカラーにならないのであれば、大きなプリントのあるスカーフを持っていき、使わない間はバッグの持ち手にくるりと巻いておいてもいいでしょう。

腕時計やジュエリーは特にあなたに自信を与えてくれるような、お気に入りを持っていきましょう。

これで旅の準備はできあがり!もしこれでも旅先で自分が地味に見えてしまって心もとないときは、、、。

そんなときは、思いきり華やかでドラマチックな靴を旅先で買いましょう!
うんとゴージャスな自分用のお土産になりますよ。

この記事をシェアする

関連記事