• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今すぐになんとかしたい!ツボ刺激で血行をよくして貧血改善しよう!

Date:2012.06.13

貧血になる理由

貧血の改善には、食事で「鉄、良質なたんぱく質、ビタミンB、ビタミンC、銅」などを、バランスよく摂取することが大事です。女性が男性より貧血で悩む人が多いのは、生理・妊娠で、鉄分を失ってしまうからです。

また、オシャレや体形維持のために、無理な食事制限やダイエットをすることで、食事の栄養バランスが崩れるため、鉄欠乏性貧血になるのです。その他にも、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気によって、貧血を引き起こすこともあります。

貧血を治すには、失った鉄を食事によって補う必要があります。鉄だけでは吸収できず、体内から排泄してしまうので、吸収を助ける栄養素と一緒に摂取することが重要です。

貧血を引き起こす原因に、血液の病気もあります。血流を良くすることも、貧血改善には効果的です。冷房などによって、からだを冷やしてしまい、卵巣の機能を低下させてしまいます。卵巣の機能が低下すると、貧血の原因になります。

からだを冷やさないようにしましょう。からだを温め、代謝をよくすることが重要です。

食事改善も重要ですが、代謝をよくして、血液の流れをスムーズにする、ツボ刺激と並行して行うことをおすすめします。貧血改善に効果的な、ツボ刺激の方法をご紹介いたします。

ツボ刺激の方法

まず、足の指のだいとん(大敦)を刺激しましょう。だいとんは、親指の爪の生え際の、小指側の角から2mmくらい離れたところにあるツボです。だいとんは、1分間刺激を5回ほど繰り返しましょう。

刺激の強さは、あなたが気持ち良いと感じる強さで、もみほぐしてください。痛いと感じる強さで、圧迫はしないでください。市販されているツボ刺激用の棒や、自宅にあるペンの柄の先を利用して、ツボ刺激を行うと、より効果的です。

次に、足の指のいんぱく(隠白)を刺激しましょう。いんぱくは、親指の爪の生え際の外側で、だいとんと対称の場所にあるツボです。いんぱくは、1分間刺激を5回ほど繰り返しましょう。

だいとんと同様に、刺激の強さは、あなたが気持ち良いと感じる強さで、もみほぐしてください。痛いと感じる強さで、圧迫はしないでください。ツボ刺激用の棒や、ペンの柄で、ツボ刺激を行うと、より効果的です。

だいとんといんぱくのツボ刺激を、1日10~15分を毎日続けると、代謝がよくなり、貧血改善に効果的です。

食事改善とあわせて、無理せず続けてください。不健康な生活から卒業して、健康美人を目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント