• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ズボラ女子でもペディキュアを!ラメを使って簡単継ぎ足しネイル

Date:2014.09.01

夏はサンダルが大活躍の季節。サンダルを履いた足元は思っている以上に見られているものです。

ペディキュアは面倒だとほったらかしだったり、塗り直すのが面倒で気づけばボロボロになってしまったりしているズボラ女子のあなた!ラメネイルを活用して、秋まで簡単に続けられる継ぎ足しネイルのペディキュアはいかがでしょうか。

基本のネイルの作り方

継ぎ足しネイルをする場合、透明感のあるネイルカラーを選ぶことが大切です。液の色がしっかりとついているものは、ネイルを重ねた時にくっきりと境目がわかってしまうので、一旦ネイルオフしてから塗り直す必要が出てきてしまいます。

透明の液にラメが入ったものや透明感のある色のものを選べば、重ねても自然に馴染んでくれます。

基本のネイルには小粒のラメが入ったものと大粒のラメが入ったものの2種類を準備します。まずは全体に小粒のラメが入ったネイルカラーを塗り、大粒のラメのものを先端に重ねたり、面倒な場合は全体に重ねたりします。

ひと工夫したいのであれば、ちょっと色や質感の違うラメの入ったネイルを交互の指に塗るのもカワイイです。液に透明感がある分、個人的にはぎっしりとラメの入ったものがオススメです。

ホログラム風やカラフルなラメが入ったものなど、ネイルカラー自体が個性的なものを選べば、それだけでオシャレな印象になります。

爪が伸びてきたら継ぎ足そう

爪が伸びてきたら、最初に爪を切ります。その際にネイルがはげてしまったりしても気にしなくて大丈夫。爪を切ったら伸びてきた爪の根元やはげた部分に小粒のラメのネイルカラーを足します。しっかりと乾かしたら、その上から大粒のラメのものを先端に重ねます。

間近で見ると若干デコボコしている部分ができてしまうかもしれませんが、そこまでじっくりと足の爪を見られることはあまりありませんので、遠目に見て違和感が無ければ完成です。

爪が伸びてくるたびに継ぎ足していけば、一度もネイルオフすることなくシーズンを終えることができます。

ラメネイルを簡単に落としたい!

塗るのは簡単でも、落とすのは厄介なラメネイル。ズボラ女子なら落とすのだって簡単にしたいですよね。

ラメネイルを落とす時はコットンに除光液を染み込ませ、爪に密着させてからラップで包んで3分待ちます。爪を押しながら拭き取るイメージでこすり取れば、ラメネイルもスルンと落ちます。

除光液は爪や肌を乾燥させてしまうので、ネイルをオフした後は面倒だからと放置することなくきちんと洗い流し、クリームなどで保湿しておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事