• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

しょぼしょぼ、ぼんやり。あなたの疲れ目の原因と解消法を教えます!

Date:2014.11.24

パソコンに携帯電話、ショッピングに映画鑑賞。私たちの目は毎日酷使されています。まぶたが重くなって、なんだかしょぼしょぼ、ぼんやり…こんな目の疲れを感じる方、多いのでは?疲れ目の原因とその解決策についてお話します。

こんなことで疲れています。あなたの目の疲れ目の原因とは?

一日の終わり、視界がぼんやり、狭くなってくるとしたら、こんなことが原因かもしれません。疲れ目の主な原因をご紹介します。

・睡眠不足、あるいは睡眠の摂り過ぎ

・長時間パソコンや携帯などの液晶画面を見すぎる

・アレルギー・長時間集中して目を使う作業をしている(読書、ドライブなど)

・コンタクトやメガネなどの矯正器具が合っていない

・ドライアイ

・遠視あるいは老眼・乱視・明るすぎる光、またはほの暗くて見にくいものを見ていた

このように、目の筋肉を通常より激しく使うような状態に置かれたとき、疲れ目を起こしやすくなります。

疲れ目の原因のほとんどは、ドライアイ!?

また、眼科の研究者たちは、ほとんどの疲れ目がドライアイから来ていると言っているそう。

普通、人は1分間に12回から15回まばたきをしています。まばたきをすることで目は常に水分を供給されるので、目をリフレッシュするために大切な行動です。

しかし、上記の疲れ目の原因などにより目の動きが鈍くなってまばたきの回数が少なってくると、目のリフレッシュがされなくなり、結果目が乾燥してきてしまいます。研究者によると、パソコンを常用している人のまばたきの回数は1分間に4、5回と極端に少なくなっているとか。

まばたきが少なければそれだけ仕事量は多くなるかもしれませんが、その分目の疲れは倍増してしまうという悪循環が起きているのです。

このように、コンピューターの使用によって疲れ目を起こしている人は、今やコンピューターユーザーの90%にものぼると言われています。

疲れ目で起こる、美人台無しの症状とは

しょぼしょぼ、ぼんやりの疲れ目。疲れ目を起こしているとこんな不美人症状があらわれてしまいます!

・充血、目の不快感・焦点を合わせるのが難しくなる

・目の乾燥あるいは涙目・ものが霞んで見える

・光に敏感になりすぎる

・首や肩のコリを引き起こす

このように、疲れ目によって起こる症状はあなたを美しさの大敵です。

疲れ目を防ぎ、健康的な美しい瞳になるために

あなたを腫れぼったくてもっさりした疲れ目から救うのは、以下のシンプルな方法です。

・よく眠る

・アレルギーの医師に相談し、対策を講じる

・仕事中は最低1時間に一回は休憩をとり、コンピューターから離れる

・コンピューターを使うときは、最低でも25cmは目から離すこと。また、コンピューター画面のほこりや指紋を定期的に拭き取り、画面が常にクリアに見やすい状態であるようにする

・部屋の明かりをあなたにとって眩しすぎず、暗すぎない状態に調節する

・あなたの仕事が近くのものに集中するものの場合は、適度に休憩を取って遠くのものを見るようにすること

・仕事のあとは目を休ませるように過ごす

・コンタクトやメガネなどの矯正器具を使っている人は、定期的に医師の診断を受け、常にそれらが自分の目にあう状態に整えておく

疲れ目の応急処置のアイディア

目が疲れたとき、保冷剤を目にのせる人もいるかもしれませんが、デリケートなアイゾーンにはちょっと過酷な荒療治。もっとマイルドにこんな応急処置はいかがでしょう。

保冷剤の代わりにきゅうりを

ひんやり冷やしたきゅうりの輪切りを目に置くことで、保冷剤よりやさしいアイスパックができます。

ミックスベジタブルのパック

冷凍庫に常備しているミックスベジタブルのパックも、保冷剤より優秀なアイスパックになります。それは小さな野菜があなたの目の形によりフィットして効率的に冷やしてくれるから。

野菜パックをアイスパックとして使用するときは、パックと目の間にタオルをはさんで袋についているかもしれない菌や汚れが目に入らないようにします。15分ほどおけば目元すっきり。

牛乳パック

牛乳に含まれるプロテインやビタミンA、Dが疲れ目をほどよく癒してくれるそう。清潔な布に冷やしたミルクを浸して目に載せ、15分おきましょう。

充血を防いでキラキラな瞳を手に入れよう

いかがでしたか?完璧なメイクアップをしていても一発で台無しになってしまう充血。翌日も腫れぼったくてしょぼしょぼした目なんて、ふっとばしちゃいましょう!このページのヒントで、すっきり美しい輝く目を手に入れるお手伝いができたら幸いです。

この記事をシェアする

関連記事