• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これひとつでお洒落上級者に!?パールだらけの付け襟の作り方

Date:2014.10.23

tsukeeri1021-top

最近流行りの付け襟。何の飾りもないワンピースやTシャツに、これひとつを合わせるだけでレトロな着こなしができてしまうとあれば、そりゃあ流行るってもんです。

流行っているだけあって巷で沢山売っていますが、いざ買おうとなると、なかなか決め手に欠けます。凄く好き!と駆け寄って試着してみたら、あれ?なんだかサイズが合ってない…なんてことも。

そんなわけで、探し歩いているよりも作った方が早いよね!自分サイズで作っちゃえ!作り方はとっても簡単。材料も、とってもシンプル。さぁ早速作ってみましょう♪

準備するもの

・フェルト
・デコ用資材:お好みで。今回は半円パールを使用
・接着剤
・洋服用ホック
・はさみ
・針
・糸
・(あれば)ほつれ止め液
・定規
・消せるボールペン
・ネックレス

フェルトで襟を製作

まずは、フェルトに首の大きさの円を描きます。簡単な方法は、ご覧のとおり…自分の首に合ったネックレスで型をとる!合理的とズボラの狭間に生きる女。

ネックレスの外周で型取りしました。ちゃんと測って作りたい!というキチントさんは、ご自分の首周り+4㎝で円を描きましょう。

そして外せないのは、消せるボールペン、フリクションボール。

もはやこれなしでは私のDIY作業は始まらない!といっても過言ではない程に使わせて頂いております。熱を加えれば消えるのは便利!紙はもちろん今回のように布にも使用しちゃいます。


円を描いたら…


定規で円の外周3cmほど(襟の幅になります。お好みで)に点を打ちましょう。

点を繋げて、線に。

4㎝ほど開けて、襟の形を描きましょう。ここで襟の顔ともいえる部分が決まりますよ!お好みで。

私は丸襟にしましたが、もちろん三角襟でも。

これで型は完成。ハサミでカットしましょう。

それを元にして、もう一枚同じものを作ります。こちらもフリクションボールでどうぞ。

2枚、出来上がりました。

デコレーション

あとは表になる面に、お好きなデコレーションをするだけ。こちらの接着剤で、バンバン付けていきます!

こういった、乾くと透明になる接着剤をご使用くださいね。

そして、半円パール。

もちろんスワロフスキーなどのストーンでも、その他デコ用資材、なんでもOKです。私が使用したのは、3mm~8mmの半円パールです。


接着剤で貼っていきます。順番もなにも、適当です。資材と相談しながら、空間をバランスよく埋めていきましょう。


接着剤を垂らしたら、


添付のヘラで伸ばして


乾かないうちにパールを並べる。

あとは延々この作業を繰り返したら、

デコレーション完成!よく見るとまばらだけど、大丈夫!気になりません(希望的観測)!

貼り合わせて完成

デコレーションした面が乾くまで、暫く放置しましょう。その間に…ホックを付けて、着脱できるように。

手芸店では必ず置いてある、洋服用のホック。

デコレーションしていない方の襟に、縫い付けます。

次にする作業はこちら。

ほつれ止め液で、長持ちさせる加工を。

切り口を全てこれで固めます。透明なので、見た目に影響はありません。

デコレーションした表の襟にも。

そして、洋服用のホックを

裏になる襟(真珠を貼りつけていない方)に縫い付けて

接着剤で貼り合わせれば…

完成!!

作ってみたら思いのほか簡単で、我ながらびっくりです。なぜ今まで作らなかったのか!あんなにも欲しがっていたのに!笑

付けてみたら…

こんなかんじ(髪が見苦しくてすみません)!


こんな風に、リボンのブローチと合わせて付けるのもカワイイ!黒のワンピースや、グレーのトレーナーに合わせたら、可愛いかも♪ファッションの幅を広げるのに、一役も二役も買ってくれそうです。急にファッショニスタになった気分…は盛り過ぎ&頭がお花畑ですが!

普段着からお洒落着までグッと流行に近づけてくれるパールの付け襟、今日から活躍してくれそうです。

この記事をシェアする

関連記事