• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

無地Tシャツを自分だけのオリジナルにリメイクしてみよう!

Date:2014.06.11

ふとタンスを覗けば、え、下着?と思うような白いTシャツ。似たような色の無地のTシャツ。なんだか代わり映えのしないものばかり。広げてみても違いがわからないものがある、なんて人は私だけでしょうか。

そんなわけで今回は、無地のTシャツをちょっとだけリメイクして可愛くしたいと思います!襟を描くだけ。いえ、襟を塗るだけ。針も糸も技術もいりません、とっても簡単。

準備するもの

・無地のTシャツ
・布用スタンプインクパッド:何色でもお好みで。
・紙:A4サイズ
・トレーシングペーパー

・マスキングテープ
・カッター
・ペン
・アイロン

さて、使用したのはこちら。随分前の、そう、ユニクロさんです。

Tシャツを縦半分に折ってトレーシングペーパーを載せ、

好きな形に襟を描きます。今回は丸い形の襟を描きましたが、先の尖った襟もかわいいですよ。描けたら今度は紙に載せて、動かないようにマスキングテープを貼ります。ロバ氏の言っているとおり、ただの白い紙。

切り抜きます。カッターマットなどの上で切って下さいね。お持ちでなければいらない雑誌等でも。

切り取り完了!使うのは、この枠のほうです。

襟を付けたい位置に枠を置き、マスキングテープで留めます。

首元のラインがはみ出ないように、注意しましょう。

さて、いよいよ塗っていきます。今回使用したのはこちらのインク。

Versa Craftのスカイミスト。少しグレーがかった優しい色合いでかなり使いやすい色。おすすめです。

そしてこちらで塗るわけですが、まさかのそのまま塗り。はんこやら筆やら使いませんよ。ズボラの神と呼んでください。

ポーン!一回だけなら四角いインクパッドの形そのままだけど

重ねれば四角くなーい!たまに入る縦線や、縫い目のところの段差も、むしろ味があっていい感じ。

反対側も、いきます!型を裏返して使うので、付いているインクはしっかりと乾かしてから反対側にいきましょう!

反対側も同じように塗り終わったら…

できた!ちゃんと襟じゃあありませんか!なんだかテンションが上がります。

さてさてこちら、洗濯しても落ちないように…

アイロンをかけましょう!アイロン本体を、滑らせるのではなく、インクを押し込むように。

アイロンをかけたら完成!あっという間ですね~

あんなに何てことない(ユニクロさんごめんなさい)Tシャツが

パールを合わせたい感じに…!

うーんいいね!

ブローチを使って、こんなのや

こんなのも

可愛いかもしれません!全てはアレンジ次第。一緒に楽しんじゃいましょうね。

ちなみに、以前作製した、こちら。

色違いの襟、同じくユニクロさんの「ドライTシャツ」。こちらは袖を切って肩を波縫いしました。7~8回は洗濯していますが、ご覧のとおり、色落ちしていません♪

こんなふうに、色違い・素材違いで作っても楽しいですよ。夏場になかなか重宝するので、今から準備してみては?

この記事をシェアする

関連記事