• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

海外に学ぶ。夏の定番、Tシャツをおしゃれに着こなすコーデ術

Date:2014.07.12

時代を超えていつまでも愛されるファッションアイテムはそう多くはありません。Tシャツはきっと、その中の1つに入っているものでしょう。何にでも合わせられ、どんなシーンにもしっくりきて、その色や形で私たちを魅力的に見せてくれる・・・。

1920年代のアメリカで誕生したこのTシャツは、今や世界中でベーシックと言われるファッションアイテムになりました。こんなに身近なTシャツ。だからこそ、そのスタイリッシュな着方は簡単そうで難しいところがあります。

この記事では、そのTシャツの種類別にあなたをおしゃれに見せてくれる着こなすコーデ術をご紹介しましょう。

1.ホワイトTシャツ

白いTシャツといえば、デザインや形こそ違え多くの人のワードローブに存在するものだと思います。襟のカッティングやボディ部分のシェイプ加減など、試着を何度もして、最高の1枚を手に入れたいもの。

そうして最高の1枚が手に入ったなら、それはスキニージーンズやブーツカットのジーンズに合わせ、フラットシューズやサンダルで仕上げればもう無敵のコーディネートになります。

お好みに合わせてスカートやカーディガン、ブレザーなどを合わせてもよいでしょう。ベーシックなTシャツにクロップドジャケットかボーイフレンドブレザーを羽織り、ショートパンツにハイヒールかウェッジソールのパンプス、クラッチでアクセラライズ。

ルーズなホワイトTシャツならドレッシーなジャケットにレザー加工のレギンス、ピープトゥのヒールでセクシーに仕上げ、ゴージャスなアクセサリーで仕上げても。

メッセージが入ったTシャツにミニスカート、ハイヒールでキュートなスタイルにもなりますし、フォーマルに行きたいのならタックの入ったTシャツを黒いハイウェストのパンツにたくしこみ、ブレザーとハイヒール、もしくはダービーシューズでスタイルが完了します。

2.オーバーサイズのTシャツ

短いワンピースしても着られるくらいゆったりとしたオーバーサイズのTシャツ。ちょっと間違えるとだらしなく見えてしまいがちなこのアイテムは、小さなコツでスタイリッシュに見せることができます。

ミニスカートにたくしこんで太いベルトでウェストをマーク。ハイヒールでリラックスフェミニンに。ショートパンツと合わせ、フラットサンダルにスカーフを頭に巻いてリゾート風。ラッフルスカートにウェッジソール、女らしいアクセサリーをちりばめれば、セクシーなスタイルにもなります。

一番簡単なのは、スキニーと合わせること。オフショルダーにして肩をチラ見せすれば、とってもセクシーです。

3.グラフィックTシャツ

思い思いのグラフィックが描かれたTシャツは、若々しくちょっと斜に構えたスタイル作りにうってつけ。

まずはジーンズやデニムショーツ、グラディエーターサンダルの基本スタイルから試してみて。セクシーに行きたいのなら、ミニスカートにフラットシューズ、もしくはスキニージーンズに黒いパンプスなんていうのもおすすめ。大ぶりのアクセサリーを加えるのを忘れずに!

4.セーラーTシャツ

夏になるとはやるマリンルック。ボーダー柄のTシャツはカジュアルなスタイルからグラムなスタイルまで活躍してくれます。基本はジーンズかデニムショーツ、フラットシューズを合わせるのがいいでしょう。

ガーリーが好きなら、ミニスカートにフラットシューズ、スカーフで仕上げて。シックなら、スキニーとハイヒール、ブレザーで格上げ。セーラーテイストを存分に見せるために、他のアイテムの色は極力抑えること。

青や白のアクセサリーやバッグでなじませましょう。思い切って全身マリンにするのなら、ボーダーのワンピースで。ストローハットとベルトのウェストマークで夏スタイルの完成です。

Tシャツをおしゃれに着こなすコーデ術、いかがでしたか?一口にTシャツと言ってもその色、形、デザインは本当にさまざま。自分の肌色やテイスト、体型に合った理想の一枚に巡り合えたら、それだけで幸運です。今年の夏はそんな運命の一枚に出会えたらいいですね!

この記事をシェアする

関連記事