• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼ときっぱり別れる方法。心を切り替えて次に進むためのヒント

Date:2014.08.12

恋の終わり。怒りがあり、口論があり、涙があり。そんなネガティブな感情の中でも、その根底には過去の愛し合った思い出は残っています。話し合いながらも、どこかで「元に戻れたら・・・」と思う人もいるのでは。けれど、終わりは終わり。きっぱり別れて次に進むべきなのです。この記事では彼とすっきり別れるためのヒントをご紹介します。

愛と情は違う

この人と一緒にいるのは、好きだからなのか、それとも情なのか。長い間付き合いが続くとこの二つの感情が混在してきます。

でも、こう考えてみてください。体に合わなくなった靴や服をずっと捨てないでいるのは、これらを気に入っているからではなく、ただ単に慣れ親しんでいるからです。

彼はどちらなのか・・・?心に聞いてみてください。

どうして別れたのか整理する

別れたあとの悲しみの中。あなたの心には楽しかったころの思い出がバラ色の縁取りで浮かんでいるかもしれません。

「嫌なこともあったけど、でも好きなの・・・」みたいな気持ちになってきたら、ストップ!どうして別れたいと思ったのかをリストに書きだしてみてください。書くことがなかったら別れる必要はなかったでしょうが・・・。そうではないですよね?

連絡手段を絶つ

別れた後の手段としては、彼との連絡手段を絶つこと。携帯、メールからSNS、共通の友人と会うのもやめます。別れた彼と友人になれることはあるかもしれませんが、本当にまれなことです。

連絡手段があることでずるずると関係を続けるより、すぱっと縁を切ったほうがお互いのためです。

すべて忘れる必要はない

連絡手段を完璧に絶ったからといって、あなたの頭の中から彼についてのことを完全に消去しなさいとはいいません。

うれしかったこと、楽しかったこと、それらのすべてはあなたの人生の1ページです。それを記憶にとどめておくのは自然なこと。しかし、それは終わったこととしてきちんと整理しましょう。

まずは悲しむだけ悲しんで

彼との別れはたしかに悲しいこと。こうなるまでにはいろんなことがあったはずですし、今のあなたの気持ちは当然のことだと思います。まずは悲しむだけ悲しみましょう。

外に出て、人と会おう

家に一日中こもって彼との思い出に浸り、めそめそするのも1日はいいかもしれません。もしくは、3日くらいまでは許しましょう。

しかし、それ以上は健康的ではありません。もう二度と恋なんてできない?そんなことはありませんよ。おしゃれをして、外出して、友人に会いましょう。少しずつでいいので、元の生活を取り戻しましょう。

彼を恨まない

今まであったことを考えると、悲しみよりも怒りがわいてくる人もいるでしょう。これも、少しの間ならいいかもしれません。

けれどそのうち、自分ともう関係のない人に対して怒っていても仕方がないと思い至ると思います。いつまでも誰かを恨んでいても、なんのいいこともありません。それよりもっと意味のあることにあなたの心を向けませんか?

思い出の品を処分

もらったもの、写真、二人の思い出をほうふつとさせるものをすべて処分しましょう。

思い出の品を処分するのはつらいことです。けれど、品物を処分したからと言って思い出は消えません。一日くらいは思い出に浸りながらそれらの品を眺め、次の日にはまとめてゴミに出しましょう。

いかがでしたか?誰でも一度はくぐっているであろう、この時。何度経験しても慣れることはないでしょうが、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

この記事をシェアする

関連記事