• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

話題沸騰!いっぱい泣いてスッキリしてまた頑張れる「涙活」の魅力

Date:2013.07.15

あなたは最近いつ、どんな事で涙を流しましたか?大人になると不思議と涙を流す事が少なくなってしまいます。

子供が大きな声でわんわんと泣くのは、そうする事によって自分のストレスを発散するからだと言われています。あなたも「泣かないで強くなりなさい」と言われて育ったかと思います。

でも泣く事って決して悪い事ではないですよね。今デトックス効果のような感覚で、涙をわざと流してストレスを解消する「涙活」が、ちまたで流行っているみたいです。

感動的な映画などを上映して、皆で涙を流すという「涙活イベント」というものも結構あるみたいです。

どんなに強い人だって本当は甘えたい

誰だって本当は甘えたいはずです。でも様々な理由からそれはできません。子供を守る母親は強くなければならない。仕事では部下を引っ張っていかなければならない。

今の時代の女性は強くなったとよく言われますが、それは強がるのが上手になったとも言えますよね。我慢が上手くなったとも言えます。その分深刻なストレスを抱える人が増えているのも事実です。

強い事は大事な事ですが、その分弱い自分で居られる場所も絶対的に必要になります。それを誰かに見せられるのが一番理想的ですが、それが難しいのが現実だと思います。そこでこの「涙活」がとっても有効に使えるわけですよね。

オススメの「涙活」

涙のツボというのは人それぞれですし、「これが絶対いい」というものはありませんが、やっぱりいろいろ試してみて、自分に合うものを探してみるといいと思います。

私がオススメするのは、誰にも言えない自分の本当の気持ちを声に出して、誰もいないところで一人で語りながら泣く事です。これは誰かに見られるとたぶん相当気持ち悪いと思います。

私は人に自分の気持ちを伝えるのが苦手で、本当はしんどい時でも全然大丈夫と言ってしまう性格なのですが、一人でいる時に「本当は辛いしもう嫌だ」とずっと泣きながら愚痴るわけです。

ビールなんか飲みながらすればもっといいですね。そして、子供に戻って「うわー」と泣いてみる。するとビックリするほどスッキリとしてまた頑張るかという気持ちになれるのです。

王道路線でいうと、感動的な映画・ドラマ・アニメを見る、悲しい歌詞の音楽を聞くという事ですね。意外とハッピーエンドの作品を見て泣くのは悲しいものを見て泣くよりも、爽快感というか幸せな気分になれるので本当にスッキリとすると思います。

大切なのは切り替え

一番大切なことは、涙を思いっきり流した後「よし!じゃ頑張るぞ」とスパッと切り替えて、それまでのストレスを吹き飛ばす事なんです。だからこそ誰にも遠慮する事なく全てを出し切るほど思いっきり泣く事が必要になるわけです。

要するに文字通り水に流そうって事です。流してしまったものはもうズルズルと引きずらない!心のモヤモヤは全て流しきる!そして一皮むけた新しい自分になって素敵な女性を目指す!これが一番です。あなたも心で張り詰めている糸を少し緩めてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事