• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

疲れやだるさは女性をブスにする。疲れとだるさを即効で改善する方法

Date:2012.08.26

毎日元気でいられたらいいのですが、そうもいきません。特に女性は自分ではどうにもならないくらいだるさを感じたり、疲れてしまうことがあります。

そんなときでも仕事は休めなかったり、家事を休めなかったりすることも多いですね。でも、疲れた顔で職場に行ったり、家族に心配をかけるのはいやなもの。疲れを感じない体になれたらいいのに、と思いますね。

そんな疲れやだるさをすぐに解消できる方法、疲れ知らずの体になる方法を紹介します。「疲れた」「だるい」という言葉を使わずに毎日を過ごしていきましょう!

朝のだるさには熱めのシャワーを

朝起きてだるかったり、眠気が取れないときにはシャワーを浴びるとスッキリしますよ。普段よりも少し熱めの温度にすると目が覚めます。

夜かいた汗も洗い流して、体も気持ちもスッキリできますよ。もし、時間があるようなら半身浴で汗を出すと、全身の疲れも取れます。

半身浴をするなら、最初はぬるめのお湯で、徐々に温度を上げていくといいでしょう。長い時間入っていると逆にだるくなってしまうので、15~20分程度で出るようにしましょう。お風呂に入る前と入ったあとは水分をたっぷり取ることも忘れずに。

朝は気合を入れて化粧をする

だるいときには化粧をするのも面倒。しかし、女性は化粧をすると気持ちがシャキッとして、疲れも取れると言われています。

朝起きたときはだるかったけれど、顔に化粧水をつけて乳液をつけて、眉を書いて…と化粧をしているうちに気合が入った、ということもありませんか?

だるいまま化粧もせずにだらだらとしていても、だるさをひきずるだけ。だるいときこそていねいにメイクアップをしましょう。

疲れた顔が化粧で美しくなると、それだけでもテンションが上がりますよ。また、仕事中に疲れてきたな、と思ったら水分補給用の化粧水などを顔に吹きかけて、化粧直しをすると、再度気持ちも顔も体も引き締まりますよ。

やる気が出ないときにはハンドマッサージ

机に向かってみても、パソコンを立ち上げてみても全く仕事がはかどらない、という日、ありますよね。そんな日はハンドマッサージをしてみてください。手のひらにはリフレッシュできるツボがたくさんあるのです。

親指の根元から爪先に向かってマッサージをすると、頭がすっきり。手首を回したり、手のひらをこぶしでこすったりすると眠気が取れますよ。

手の甲の薬指と小指の間から少し手首の方に向かって下がったとことで、イタ気持ちいいところを押すとだるさがやわらぎます。

手のひらや手の甲など押すとイタ気持ちいいところを刺激してみましょう。リフレッシュ効果があると言われているグレープフルーツやティートリーなどのアロマオイルを使うのもおすすめです。

元気が出ないときにはフレッシュジュース

野菜や果物など美容と健康にいいと言われているものを摂ると、体もキレイになるような気がしますね。

何となく元気が出ないというときには、体を健康にしてくれるフレッシュジュースや野菜ジュースを飲みましょう。特に駅などにあるスタンドの生ジュースを飲みましょう。

おいしくて、体に栄養素が運びこまれていくのが実感できます。それだけで元気になれますよ。

また、あくびがよく出るようならスポーツドリンクや水分を。あくびが出るのは血液循環が悪くなり、脳が酸欠になっているから。そこで水分を補給して、血液循環をよくしてあげるといいのです。

即効で気分転換できる方法

何となく気分が沈む、だるい、というとき即効で元気になれる方法を紹介します。一つは太陽の光を浴びること。

蛍光灯の光の下ばかりにいると、気分も暗くなりがち。外に出て、太陽の光を体全体に浴びましょう。時間があれば散歩したりするのもいいですよ。1日1回は太陽の光を浴びるようにしましょう。

また、元気が出ないときには笑うことを心がけてみましょう。笑うことは精神的にも明るくなり、顔の筋肉も鍛えられるので、シワの予防にもなりますよ。作り笑いでもOKです。

顔の筋肉がやわらかくなって、それが脳に伝わり脳は本当に楽しんでいると勘違いして作用し、緊張を解きほぐしてリラックスさせてくれるのです。

眉間にシワを寄せていると、キツイ女性に思われてしまいますよ。疲れやだるさを感じさせない柔らかい笑顔で、楽しい1日を送りましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント