• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今夜は、疲れてるし、セックスしたくない:あなたはどうします?

Date:2013.10.25

ベッドでの「勤め」と考えるか「喜び」に変えるかは、あなた次第?

今日、職場では一日中戦場のような有様で心身共に劇疲れ、しかも、ここ忙しくてムダ毛の処理も2週間ぐらいサボっているし絶対に今日はセックスしたくない…という夜に限ってカレや旦那様からベッドへのアプローチ…あなたはどうしますか? 

男性にとって「疲れてるから、今日はゴメン!」は愛情への拒絶

何かと忙しい現代女性は日々、疲労しきって、ベッドに倒れるように寝る人も多いのでは無いでしょうか?3週間前のペディキュアは2/3剥げてる、あるいは自分でつま先・かかとのケアをしたのは何時だったかしら?

脚やビキニラインのムダ毛処理も、夏休み近くなったらと先延ばしにしたままだったし、と思っていた矢先に彼や旦那さんから、ベッドへのお誘い…。

「ムダ毛の処理をしてないから…」、「疲れているから…」と素直に言って断るのも確かに一つの正しいやり方では有るのですが、男性も誘うのにタイミングなど色々気を遣っての「今夜」だったのかもしれずそして、いずれの断り方でも「断る」という事実には変わりなく、男性はこれを「拒絶」と受け取る人も多いとか。

性科学と人間関係学の専門家は、男性にとって定期的なセックスと性的行為は彼らの身体と精神に必要不可欠であって、それを拒絶されたとなると、自分のあなたに対する愛情や感情表現を「拒否」されたと受け取り、人によっては根に持ったり、その後の二人の関係にも大きく影響する恐れもあると説明しています。

まぁ、逆の立場になって、自分が彼に拒絶された事を考えればよく理解できますよね?なので、彼との関係を大事に考えるのでしたら、出来れば「今夜はゴメン!」を言わない状況を作る努力が私達女性には必要なのです。

自分の性的な欲望を盛り上げる

それでは、どうしたら「疲れてるのに…しょうがない」と義務的にならずに、彼からの愛情を快く受け止める事ができるのでしょう?やはり、これは自分の性的な欲望を盛り上げる方法を知っておく必要があります。

女性は男性と異なり、気が向かないセックスにはやはりその気にはなれないので、頭の中で今までで最高だったセックス(出来れば今の彼と…)を思い出したり、自分の性欲が刺激された映画やテレビのシーンなどでも良いので思い起こして、自分を奮い立たせると段々、その気にもなってくるものです。

そして、付き合って間も無いカップルは特に、こういう時にこそ、彼に触れられると気持ちが良くなるボディパートや方法を褒めたり、教えてあげると効果も上がり、より質の高いセックス体験が得られ今後の彼との関係も深まると良い事づくしです。

最終手段はやはり…みなさん「女優」になりましょう

これはもちろん、一番最善の方法ではありませんが、どうしても、その気になれない時も、特に長く付き合っているとありますよね?なので、そういう時は女性なら1度や2度は女優になったこともあると思いますので、その特技を利用して、彼との良い関係を保ちましょう!

それに、セックス・エクスパート(セックスパート)によれば、セックスを楽しんでいる演技をしている内に、最後にはオーガズムを結局は得られたり、途中で本当に自分も楽しんでいたと証言する女性も多いらしいのです。

やはり、恋愛・結婚関係が短い・長いに関わらず、色々な事があると思います。そのピンチを臨機応変にそしてなるべく、大切なパートナーの気持ちを傷つける事無く切り抜けられるのなら、私達女性は自分及び相手をダマしてゆくのも必要なのかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事