• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「男の本音」可愛いけど付き合いたくない3つの女のタイプ

Date:2012.12.13

常に整形をしたいと言っている女性

始終「整形してあごのラインをすっきりさせたい」とか「鼻筋を高くしたいのよね」と言っている女性。男から見て(それが主観であるにしても)かわいいので、そのままでいいと思うのですが、そういうことを言っても、女性に聞く耳はありません。

男は自分の意見を却下されたからつき合わないというよりも、ほどほどの現状で満足できない心根がイヤになるのです。「どこまで行ったらゴールなの」と思うのです。

なにか言うと「ホントの私は」と言う女性

自分探しなどするなという有識者が増えてきたので、一時に比べて自分探しの人気は下火になっているかのように思えますが、それでも「今の仕事では満足していなくて、ホントの私は**したいの」という女性は多いように思います。

ホントの私は「探す」ものではなく「つくる」ものです。ホントの私とやらに向かって、真剣に勉強をしている女性は愛せますが、努力もなくため息まじりに「ホントの私は」と言う女性と会話をしていると、気分が重たくなってくるのです。

アラサー独身でマンションを購入する女性

女性は自分の優位性を担保するために(プライドを満たすために)、ブランドものを買うとする見方があります。

しかしエルメスのカバンを10個持っていても、他人は「すごいね」とは言わないので、ある程度ブランドものを持つと、独身であってもマンションを買います。マンションを買うと「がんばったね。偉いね」と言ってもらえるから。

どういうところに住もうと、その人の自由ですからいいのですが、そこまでして他人より優位に立ちたいという発想。そこまでしないと、自分で自分を認めることができない発想。そういう女性と一緒にいると、男は精神的にしんどいのです。

男は女性の容姿や才能の欠点も受け入れようとしているにもかかわらず(だから好きになりかけている)、女性の側が一方的に自身の欠点を受け入れないのでは、恋としてそもそも成立しないのです。

自分の欠点を受け入れるということは、ネガティブに見ると「あきらめる」ことにつながる発想です。しかし、たとえば、美貌を探しまわることによって、本来の「人のいい穏やかな性格」を台無しにしてしまったのでは、人生は本末転倒。

適当なところで、ほどよく「あきらめ」を知る女性のほうが、男に愛されやすいのかもしれません。男はあなたの欠点もいいところもすべてを含めて愛そうとしているのですから。

この記事をシェアする

関連記事