• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

要チェック!付き合いたての彼氏を不安にさせてしまうNGな言動

Date:2015.02.20

shutterstock_106006154_
彼氏が出来て、付き合いたての時期は、ウキウキワクワク♪そんな浮かれた気持ちの中で、舞い上がって色んなことを口走ったり、ちょっと先走りな行動を取ってしまうこともあるかもしれませんね。

でも、ここで取り上げるようなことを言ったりしたりしてしまうと、彼氏を不安にさせてしまうかも・・・。そんな、恋愛初期にNGな言動を見て行きましょう。

電源オフ?何度も電話!

付き合い始めたばかりの彼氏がず~っと携帯の電源が入っていないと、行動パターンが分からないうちは特に不安になりますよね。そこで、続けて何度も電話をしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、今の携帯電話やスマートフォンは、電源OFFの時にかかってきた着信についても、電源を入れると分かるようになっています。このため、電源を入れた時に、連続した彼女からの何回もの着信にビックリしてしまうことも。

場合によっては、勝手にストーカー予備軍に認定され、彼氏が怖がり不安になってしまいますので、電源OFFだからと何度も電話をかけるのはやめた方が無難です。

「浮気症だから」などの発言

本当のことにしても、彼氏にちょっとヤキモチをやかせたいからにしても、やたらと「私は浮気症だから~」とか、それと同じような意味を持つことを言うのは、控えた方が良いでしょう。

繊細で弱気な彼氏の場合、本気にして心配性になってしまうかもしれません。そうなると、行動を監視されるようなことも出てくる可能性があります。逆に強引で強気な彼氏だった場合は、連絡を毎日することなどを強要してくるかもしれません。

いずれにしても、無用な心配をさせて、面倒を招いてしまいそうです。

「ずっと一緒にいようね」などの連呼

付き合い始めてラブラブな頃は、ずっと一緒にいたいと思う反面、2人はずっとうまくいくのかな?といった不安な気持ちもお互いにあると思います。

そんな時だからこそ、「ずっと一緒にいようね」「一生一緒にいようね」と言いたくなるのも分かります。相手にも、同じキモチで寄り添って欲しいですよね。しかし、あまりに連呼し過ぎると、男性はなんとなく怖く感じてしまうことがあります。

恐怖感を持たせて不安にさせないように、このような言葉は、たまに、ほどほどに、スパイス程度にすると良いかもしれません。

やたらと結婚を匂わせる

付き合い始めたばかりなのに、彼女が「早く結婚したい」と言ったり、そんな意味合いのことを何度も言うと、男性はちょっと不安になることがあります。もちろん、男性の状況にもよりますので、喜ばれることもありますが・・・。

たとえば、まだまだ仕事を板につけるのが先決と思っているような男性の場合、結婚を急がれることは負担に感じます。また、まだ若すぎるなど年齢的、経済的に自信のない男性にとっても同じです。

既に立派に社会人として成功している男性だったとしても、価値観、考え方によっては、あまりに結婚、結婚と言われると、「この子は依存体質なのかな?」と不安になり、引き気味になってしまうこともあります。

お互いに結婚へのあこがれが強い場合は良いのですが、ちゃんと彼氏の状況や気持ちを見極めていないうちは、結婚のワードを匂わせ過ぎないようにすべきでしょう。

やたらとルールを決めたがる

お付き合いをしたら、2人の間でルールを作りたいと考えている女性もいるでしょう。たとえば、1日1回は必ず連絡をするとか、週末は必ず会うなどです。こうしたルールを決めておくのは、確かに女性にとっては安心感がありますよね。

しかし、男性にとっては、束縛されるように感じたり、ちょっと重いなとか、面倒くさいな、と感じることも多いでしょう。しかも始めのうちからその調子だと、先が思いやられると感じて不安も大きくなりそうです。

彼女に従順に従って、ルールを守ってくれそうな男性でないと、そのうち怒り始めることもあるかもしれません。従順なタイプの男性でも、言えないだけで不満を抱えているかもしれませんので、無理なルールを押し付けないように気を付けたいものです。

今までの恋愛遍歴を詳しく話す

もし彼氏から聞いてきたとしても、詳しく過去の恋愛遍歴を話してしまうのは、ちょっと考えものです。女性もそうだと思いますが、好奇心から知りたいと思っても、いざ聞かされると、実際には不愉快な気持ちになってしまうことが多いものです。

全く言わないというのも不自然なので、サラっと言うくらいは良いと思いますが、事細かに詳しくさらけ出す必要はありません。しかも、楽しそうに思い出話をされたり、元カレの好きだったところなどを聞かされたら、彼氏は色々と不安になってしまうでしょう。

もしかして、まだ好きなんじゃ?など、あらぬ疑いを持たれないためにも、言い過ぎには気を付けた方が良いですね。聞かれて調子に乗って話していると、その後の関係にも影響を与え続けることがあります。

実際、いつまでも元カレの話を根に持たれて、事あるごとに追求されたり、イヤミを言われている女性もいるのです。

あまりにたくさんの悩み相談

現在抱えている問題や、悩んでいることは、誰しも1つや2つはあると思います。それを、付き合い始めた彼氏に相談して勇気づけてほしいと思うのも自然なことです。

しかし、あまりにもたくさんの悩み事や問題を、彼に話すと、彼氏自身もなんだか不安になってしまうかもしれません。なんとか力になってあげたいと思う反面、自分は彼女を守れないんじゃないかと不安になったり、自信をなくして落ち込むこともあります。

また、あまりにヘビーな内容だった場合も、安心して付き合いが出来ないのではないか?といった不安を彼の心に芽生えさせてしまうでしょう。

極端な金銭感覚

デートを重ねて、始めのうちは彼氏がおごってくれるという言葉に甘えても良いと思います。しかし、現代では男性でも、女性よりもずっと稼いでいるとは限りませんから、あまりに全ての支払いを任せると、男性が不安になってしまうでしょう。

彼女の金銭感覚や気遣いのなさにズレを感じて、ずっとうまくやっていけるかなどの不安や、自分は彼女を満足させられないのでは?といった不安です。

逆に、女性がいつも「私が払うから!」という感じだと、これはこれで不安になるようです。お金遣いが荒いのかな?とか、今までも男に貢いできたのかな?といった憶測をされそうです。

デート代などの負担は、その時の状況を察知しながら、臨機応変に、バランスを取っていきたいですね。

元カレの存在を匂わせる

元カレとは別れたけれど、今でも友人として付き合っている、というような女性も世の中にはいますよね。それ自体は悪いことではないので、他人がとやかく言うことではないでしょう。

しかし、今も元カレと仲が良いということを知らされたら、不安になる男性も多いはずです。「なにもないから」と言われても、やっぱり2人で会ったり、頻繁に連絡を取られるのは気分が悪いと感じる男性が多いのです。

そういった一般的な感覚に配慮せず、「なにもないから」という言葉で、元カレとの友好関係を無理に認めさせようとするのは考えものです。

はじめに打ち明けておきたい気持ちも分かりますが、彼氏の反応が良くないようなら、あまり元カレの存在をチラつかせるのは好ましくないでしょう。

連絡を返さないとキレる

付き合い始めの頃は、お互いの恋愛に対する感覚や、行動パターンを探りあい、すり合わせる時期でもあります。そんな時、彼氏がメールやLINEなどの返事をなかなかしてこないからといって、あまりに怒るのは彼氏を不安にさせます。

単純に、キレやすい、怒りっぽい女性と感じて不安になったり、これからずっと素早く返信しないといけないのかな?という気の重さからの不安です。待つ時の気持ちや、なるべく早く連絡が欲しい気持ちは伝えても、怒りすぎないようにしましょう。

彼氏の全てを把握したがる

彼氏が好きだからこそ、色んなことを知っていたいと思う女心はいじらしいものです。しかし、それを前面に出してしまうと、男性は引いてしまうことが多いのではないでしょうか。

一般的に、男性は、監視されたり自由を奪われると感じることを嫌います。ですから、自分の全てを把握されそうになったり、それを望まれたりすると、恐怖から不安を感じるようです。

何事もほどほどに!

付き合い始めは、お互いにまだ未知な部分も多く、楽しいながらもデリケートな期間です。そんな時、多少NGな言動をやりすぎても、最初は許してくれることも多いでしょう。

しかし、ほどほどにしないと、彼氏の不安が大きくなり、あっという間にその恋が終わってしまうということにもなりかねません。相手の気持ちを、相手の立場になって考えることも忘れずに、末永く良い関係を築ける土台作りをしたいですね。

この記事をシェアする

関連記事