• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

付き合う前に確認!彼氏にすると貴女にストレスを与える男の特徴4つ

Date:2015.09.06

shutterstock_219068968

この人と付き合って大丈夫…?

それは、いい雰囲気になっている男性がいる時、決まって頭によぎる不安です。

恋人になったら自分を大事にしてくれるだろうか、浮気はしないだろうか、トラブルになったりしないだろうか…付き合うまではわからないことですが、できれば付き合う前に見極めたいですよね?

そんな悩める女性のために、付き合ってから苦労するかもしれない男性特有の、日常に隠れた要注意行動をご紹介します。

この変化は一体何なの?付き合ってから態度が変わる男の心理

交際が始まる前までは、毎日のようにメールや電話、優しい気遣いや愛の言葉を欠かさなかったのに、いざ付き合ってみると急にそっけなくなる男性がいます。

まだ付き合い始めたばかりなのに、この態度の変化は何?と女性側は困惑するばかり。

この手の男性にとって、付き合う前に女性に対し優しくしていたのは愛情表現と言うよりも、女性の気を引く為の“手段”なのです。女性との交際という目的が達成されれば手段を講じる必要はなくなるので、態度も変わってしまいます。

彼の愛情はなくなったわけではありませんが、付き合う前の彼の態度にぐっときていた女性にとっては不満ですよね?

付き合う前にどこかで聞いたことがあるような歯の浮くセリフを仕切りに繰り返す人は、女性を口説く手段と割り切って優しくしている可能性があるので、ご注意を。

要注意!彼の本性が見える行動&変貌後の姿とは

交際前のデートや日常の様子から、彼が隠している本性が透けて見えるかもしれません。ご紹介する行動を取っていないかぜひチェックを。

1.女性芸能人に向ける悪口の内容

テレビや好きな芸能人の話題になった時に、女性芸能人に対する評価の仕方で、彼の女性観がわかることがあります。

アイドル好きな男性は今どき珍しくありません。かなりマイナーなアイドルの名前を出してこない限り問題はないでしょう。

要注意なのが、女性芸能人を否定する時の理由。

「女のくせに生意気」「女を捨ててるから嫌い」など、自分が持っている女性観からずれていることから嫌いだと言うタイプは危険です。

“女はこうあるべき”という強い固定観念を持っており、そこからずれた女性を否定するところから男尊女卑の思想を持っている可能性があります。

また、女性に対するのと同様に男性に対しても“男は強くあるべき”など男らしさにこだわっている人が多く、それが行き過ぎると言葉の暴力(モラハラ)やDVに走る場合も。

2.お店のスタッフへの態度から見えること

レストランのスタッフへの態度が異常に偉そうな男性が嫌い、という女性は多いと思います。

こういった男性は、金を払っている立場なのだから、お店のスタッフが客である自分に従うのは当然、という考えのもとで居丈高な態度を取っているわけですが、これは家庭でも同じ態度を取る可能性があります。

自分を養う義務がある親、または自分が養っている家族は、自分の言う事を聞いて当然、という考え方をしている可能性があります。

身内とみなした恋人に対しても、こうした偉そうな態度に出る可能性も。

また、スタッフの態度に異常に怒り出す場合、自分より弱いか逆らえない立場の人間に対して攻撃的な一面があります。ひどい場合は暴力に発展することもあるので注意が必要です。

3.女性から言い出す前に「割り勘」

男性がデート代を全額負担するのは一昔前の話…とは言え、やはり普通の価値観の男性は相手への気遣いや自身のプライドから、全額でなくても「自分が多めに払おう」という気持ちはあるものです。

女性の方でも「半分払う」と割り勘を申し出るものですが、もし彼が、女性が申し出る前に割り勘を提案したら要注意。

友人同士の雰囲気でなく、明らかにデートのムードで割り勘を提案してきたら、彼はかなりのケチである可能性大です。

交際前の、一番お互いに気遣い合うタイミングですでにケチを発揮しているのであれば、交際後のデートやプレゼントの出費も同じ金銭感覚を貫くはず。

交際中は割り勘で問題がなくても、同棲や結婚後に金銭面のトラブルが起こる可能性があります。

4.付き合う前からの嫉妬と束縛

まだ付き合っているわけではないのに、異性の同僚と親しく話していたことをすねた口調で聞いてきたり、メールや電話の返事が遅れたことをチクチクと言ってくることが多い男性は要注意です。

嫉妬して見せたり軽く束縛するような発言をするのは、交際前の駆け引きや愛情表現とも受け取りがちですが、頻繁だったり同性の友人や仕事仲間との関係まで口出ししてくる人は、愛情ではなく“支配欲”の現れかもしれません。

自分を気にしていないことをすねたり、自分以外の人間と関わることに腹を立てるのは、相手を自分の思うままにしたいという支配欲から生まれる態度です。

好きな人をいつもそばに置いておきたい、というのは誰しもが持っている支配欲ではありますが、付き合う前から嫉妬や束縛が現れているのは、お互いの関係性を冷静に考えられず、感情をコントロールできていない証拠。

交際が始まると、強烈な束縛や嫉妬、相手が逆らう時には暴力をふるうという可能性もあります。

雰囲気や勢いで決めるのは危険!愛情を見極めよう

shutterstock_130660100
たまたま虫の居所が悪く店員に横柄な態度を取ってしまった、あるいは金銭的に余裕がなく割り勘を申し出た、など、今回ご紹介した行動を取ったとしても、絶対に危険なわけではありません。

しかし、付き合い始めてからトラブルになってはもう遅いですよね?

真剣に交際をしたいからこそ、その時の雰囲気に流されずに、相手を恋人として愛せるのか、信頼に足る人物なのか見極める努力が必要なのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント