• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美味しいだけじゃない!お月見に食べる○○の美容効果とは?

Date:2013.11.29

お月見料理と言えば、どんな食べ物を思い浮かべますか?部屋の明かりを落とし、クレーターまで見えそうな大きな月を眺めながらの食事はいつもより何倍も美味しく感じることでしょう。今回は、お月見の時に食べる、ある食べ物に隠された美容効果をご紹介します。

お月見の定番の食べ物とは?

お月見の始まりは、平安時代頃で中国から伝わったと言われています。貴族は宴を開き、庶民は秋に収穫できる様々な食材に感謝し、お供え物としていました。しかし、現在は本格的なお月見イベントを行う家庭も減少傾向にあり、何もしないという方も増えているようです。

お月見の定番の食べ物と言えば、月のように真ん丸のお月見だんごと収穫期を迎える里芋です。実は、この2つには驚きの美容効果が隠されているのです。月のように輝く美肌を手に入れることが出来るかもしれないこの2つの効果について詳しくご紹介しましょう。

お月見だんごの中にある美容効果とは?

お月見だんごは、白玉にあんこを包んで丸い形にすることが一般的ですが、最近では手作りしなくてもスーパーで手軽に購入出来るようになりました。

甘い物を食べるならあんこよりもチョコレートの方が好きという方も居るかもしれませんが、お月見だんごの中に入っているあんこには様々な効果があるのです。

まず、むくみ改善効果です。私たちの体は、ビタミンB1が減少するとむくみやすくなります。あんこにはビタミンB1が豊富に含まれているので、体のむくみを解消出来ます。また、ビタミンB1には疲労回復効果もあるので、家事や仕事で体を動かして疲れた時にお勧めです。

あんこの効果はまだまだあります。あんこには、ポリフェノールも豊富に含まれています。

赤ワインにも含まれているポリフェノールは、体内の活性酸素を抑えて老化を遅らせる効果が期待出来ますので、肌の老化を防ぐためにパックや美容液で入念にお手入れしている方にもお勧めです。

この他にも鉄分やたんぱく質を含むあんこには、貧血を予防する効果もあります。めまいや頭痛、肩コリ、顔色の悪さは貧血体質かもしれませんので、積極的に食べることをお勧めします。

「体にいくら良くてもあんこを食べたら太りそう」と心配される方も居るかもしれませんが、あんこには食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は便通を改善するので、不要なコレステロールを体外へ排出し肌荒れ解消効果も期待出来ます。

市販のお月見だんごには糖分が多く含まれていることもありますので、カロリーが気になる方はご自身で作ってみてはいかがでしょうか。

里芋料理に隠された美容効果とは?

お月見だんごと並ぶお供え物と言えば、里芋料理です。里芋にも美容効果が様々ありますので、一つずつご紹介しましょう。

まず、アンチエイジング効果です。里芋には、アントシアニンやビタミンCが含まれているので、抗酸化作用が期待出来ます。カルシウムやビタミンB2、鉄分も含まれているので、肌荒れを改善する効果や便秘解消効果、貧血予防にもお勧めの食材です。

この他にも里芋のぬめりに含まれる成分によって、胃を保護する効果や免疫力を高める効果があるので、胃腸が疲れている方や体調がすぐれない方にもお勧めです。

ご紹介したあんこや里芋の美容効果を得るためには、お月見の日だけに限らず日常生活の中で積極的に摂取することをお勧めします。

マメ知識!お月見の日が満月とは限らない?!

中秋の名月と呼ばれる日は、8月15日ですがこれは旧暦の場合で、新暦では9月19日(2013年)です。年によっては満月と重ならないので、満月ではない月を眺めながらお月見することもありますが、今年は幸いにもこの日が満月を迎えそうなので雨が降らないことを祈るばかりです。

美容効果があるお月見団子と里芋料理を準備して、食べ物や健康など身の周りに当たり前にある物や人に感謝しながら、大切な方と一緒に月を眺めてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事