• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

なぜ増えている?探偵への妻の不貞行為の調査依頼が10年前の3倍に

Date:2014.04.22

たまたま見ていたテレビで、ある探偵事務所でお仕事している方が、こんなことを話していました。

それは、10年前にはほとんどなかったという、男性からの妻の不貞行為の調査依頼が、この10年で約3倍に増えているといったことです。ちょっとビックリですね。

現代では、なぜ女性の不貞行為がこんなにも増えたのか、考えられる理由を取り上げてみたいと思います。

女性も仕事を持つなど、外に出る機会が増えた

バブル時代などは、専業主婦が多かったと思います。しかし今の時代は、奥さんも仕事をして家計を助けないと苦しい、または女性でも仕事をバリバリやっていきたいなどで、結婚しても仕事を持つ女性が増えています。

外に出て仕事をするということは、それだけ男性と知り合う機会が増えること、また、帰宅時間や休日に関しても「残業だから」「休日出勤だから」などと言うことで、仕事を持つ女性のスケジュールが、旦那さんにも明確に把握し切れないようになります。

今どき、女性も会社の飲み会などに参加しますから、旦那だからと、それを断れとも強く言えない場合が多いでしょう。

これらのことだけでも、以前よりはずっと女性が間違いを犯しやすくなったと考えられます。

自分も稼ぐことが出来るので、離婚することが怖くなくなった

ずっと仕事を続けている女性が増えたこと、また結婚して一度は仕事から離れても、望めばまた働く先はあるはず、と考える女性が増えたことで、10年前の女性よりも、離婚を恐れる女性が減ったのではないかと思います。

こうしたことから、旦那さんのことで気に入らないことや許せないことが多くなれば、我慢しているよりも他の男性と親密になり、そしてたとえ不倫がバレても、その時は離婚しても良いというような強気な考え方が出来る女性が増えていると考えられます。

このようなことも、不倫する女性が3倍に増えた原因のひとつになっているのではないでしょうか。

1人1台携帯電話を持つのが当たり前。プライバシーが確保しやすくなった

今の日本は平均すると、携帯電話はほぼ1人1台持っているという計算になるほどの普及率です。そして、携帯やスマホを持っていない普通の奥さんは、ほぼいないと考えられます。

このように、1台の携帯・スマホを自分だけで管理することが出来るということで、プライバシーが確保しやすくなっていますから、他の男性との連絡が取りやすくなります。

また、10年前に比べたら、携帯やスマホで閲覧出来るサイトも格段に増えていて、出会い系そのものなサイトの他にも、異性と知り合うことが出来るサイトがたくさんあふれているのが現状です。

ブログなどの何気ないやり取りが、実際に会う約束をするきっかけを作ってしまうこともあるのです。

他に、この頃では通話明細なども簡略化されていて、郵送してもらうのも有料で依頼が必要であったり、通話先の番号も、依頼しないと明細に表示されないなどといった状態に変化したことから、旦那さんに不倫の証拠がつかみにくくなり、探偵に依頼するしかなくなったということも考えられます。

女性の方が性欲が強くなっている夫婦が増えている?

ひと昔前くらいは、男性が、奥さんが夜の相手をしてくれないと嘆くというのが一般的でしたが、最近では、逆に旦那さんが応えてくれないと悩んでいる女性が、とても多くなっています。少し前、草食系男子や肉食系女子が増えていると言われていました。

それが示すように、女性の方が本当に性欲が強くなってきているのかどうか、それは分かりませんが、ただ世の中を見ていて感じることは、今の日本人男性はとかく忙しすぎて、夜帰ってきた頃には、もうすっかり元気や体力がなくなっていることが多いのではないか、ということです。

いろいろな人の話を聞いていると、残業でその日のうちに帰ることが出来ないということも、特別珍しいわけではないような印象を受けます。

こうしたことが原因となって、実質的に夫婦で一緒に過ごす時間自体が少なくなり、寂しいと感じている妻が増えています。

そして更に、セックスレスで不満や悩みを抱えるようになった女性が、心と身体両方に空虚感を感じるようになり、他の男性に代理を求めるという行動を取ってしまうことも増えているのではないかと感じます。

この記事をシェアする

関連記事