• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分で簡単に出来る爪ケア方法!健康や見た目の印象を底上げしよう

Date:2013.03.28

手は毎日使わない日なんてありませんよね。そのため、知らず知らずに酷使してしまい、気づいたら指先、特に爪が痛んでしまったなんてことは日常茶飯事です。

私も爪を伸ばしておしゃれをしたい!と思うのですが、家事や日常生活の中で、知らぬ間に爪が割れたりかけてしまい、爪きりで切らなくてはならなくなったりして、結局短いままになってしまったりします。

でも、爪はやはり人により強い、弱いというのがあるようで、同じような生活を送っていても、全く大丈夫な方も居るのです。

では、どうやったら健康で美しく、丈夫な爪が作れるのでしょう?そして、どうやったらきれいに爪をのばすことができるのでしょうか?ここではそのヒントになることをご紹介して行きます。

1. 保湿

手と一緒に、爪もしっかりと保湿をしてあげ、マッサージをしてあげることが大切です。爪も肌の細胞ですので、保湿が大切なのです。ハンドクリームを塗るときには、手のひらや指だけでなく、しっかりと爪にも塗るようにしましょう。

2. ネイルオイルを使う

特に爪の甘皮のところが乾燥してしまうと、爪が弱くなったり、筋が入った爪になってしまいます。ハンドクリームにあわせて、ネイルオイルを使うことをお勧めします。

3. 爪を切る

思わずクセで爪を噛んでしまうという方は意外といます。でも、これが爪床を傷めてしまう原因となるのです。それが感染症を引き起こしてしまうことだってあります。しっかりと爪切りで切ってあげましょう。

4. 爪を整える

定期的に爪を整えてあげることも大切です。爪の先を丸くなるように爪磨きで整えてあげることで、爪が強くなるのです。とがった爪は爪を弱くしてしまいます。

爪が強くなるまでは、短めで、均等な長さで爪を保ってあげるのがお勧めです。こうすることで、爪が割れてしまったり、欠けてしまったりすることを避けることができます。

5. 手袋をする

家事をするときなどにはゴム手袋をしましょう。これで爪が欠けるのを防ぐことができます。また、爪と指の隙間には汚れが入りやすく、バクテリアなどが繁殖しやすくなるので、手袋でこれを防ぐことが可能となります。

6. ぬるま湯に手をつける

爪をきれいにしてあげる前に、シンクや洗面器などにぬるま湯をため、少しの間つけてあげましょう。そして、甘皮をキューティクルプシャーで押し入れましょう。甘皮が長くなりすぎると、爪が酸素を十分に吸収して伸びるのを邪魔してしまいます。

7. マニキュア、ネイルハードナーを使う

ベースコート、トップコートにもなる、ネイルハードナーを使うことで、日常生活で爪が割れにくくなります。マニキュアを塗って、更に強化しても良いでしょう。

8. ネイルストレングスナーを使う

弱った爪を強化して、二枚爪などを防いでくれるネイルストレングスナーを使うのも良いでしょう。毎日使うことで、爪が丈夫になっていきます。

9. ゼラチンとビタミンを摂る

ゼラチンを摂ることで、爪を強く育てることができます。ゼリーよりも、ゼラチンサプリメントを摂ることをお勧めします。また、ビタミンも爪の健康に役立つので、摂ると良いでしょう。

10. 爪を酷使しない

爪は尖っているので、日常生活の中で色々便利に使えますよね。でも、爪を使って無理やり頑丈にくっついている値札を取ろうとしたり、硬い箱を開けたりしようとすると、爪が割れる原因となります。ほかの道具を使って行うなど、爪を酷使しないようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事