• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

色や形で病気も分かる!?爪でチェックする貴女の健康状態

Date:2014.01.28

綺麗な爪は女性らしさを演出してくれるので、マニキュアを塗ってみたりする女性も多いことと思います。

でも、お洒落のポイントである以上に、爪は「健康のバロメータ」とも呼ばれるほど、身体の状態が見れるということをご存知でしょうか?たまにはマニキュアをしっかりと取って、自分の爪、しっかりと眺めてみませんか?

1. 黄色くて厚ぼったく、ぼろぼろしている

黄色っぽく、または白っぽくなって、爪全体に厚みがあるようであれば、爪白癬(つめはくせん)という、爪の水虫にかかってしまっている可能性があります。

これは人にうつしてしまう可能性もあるため、早めに病院に掛かることをお勧めします。

2. 痛みや腫れがある

これは化膿性爪囲炎という、ブドウ球菌などが感染してしまい、炎症している状態である可能性が大です。

ひどくなると、関節が曲げられないくらいにパンパンにはれてしまうこともあるので、一刻も早く医者にかかり、軟膏を出してもらうなどの対策をとりましょう。

3. 黒っぽい

どこかにぶつけたり挟んでしまって、爪の内部が黒っぽい、または紫っぽくなってしまったのであれば、それは内出血ですので、ひどくない場合はそのままにしておいても問題はありません。

でも、何もしていないのに黒っぽかったり、赤紫色っぽかったりするのは、いわゆるチアノーゼの状態です。血液の循環系や心臓などに異常がある可能性もあります。

4. ぼこぼことへこんだような爪

栄養不足であったり、ストレスといったものが爪に現れている可能性があります。食生活と生活習慣を見直してみましょう。

5. 2枚爪やもろい爪

乾燥していたりして、爪がもろい感じのときも、栄養不足や生活に関係している可能性があります。貧血も考えられます。

また、ネイルのやりすぎ、食器用洗剤が爪に負担をかけている可能性もあります。ネイルをお休みしたり、洗剤を変えるか、手袋をつけるといった対策をとりましょう。そして、オイルなどでケアしてあげるとよいでしょう。

6. バチ爪

指先が太鼓のばちのように大きくなってしまっている状態の爪は、心臓系の病気や、肺疾患などの病気が考えられます。最悪、肺がんなども考えられるので、そのような症状が出てしまったら、内科にかかることを強くお勧めします。

7. 爪に線が入っている

縦線が入っている場合は、大概老化によるものです。皮膚などと一緒で、いわゆるシワが入っている状態となるので、特に心配は要りません。

でも、横線の場合は、身体の不調やストレスが考えられる他、洗剤などの外的要因も考えられます。

なお、黒っぽい筋が入っている場合、メラノーマと呼ばれる皮膚がんの一種である可能性もあります。

8. 爪がそりあがっている

爪がスプーン状にそりあがってしまっている場合は、鉄欠乏性の貧血がある可能性があります。食生活を見直すことからはじめることをお勧めしますが、貧血の症状がひどい場合には病院にかかることをお勧めします。

これはあくまでもバロメータとなりますが、少しでも何か病気にかかっている可能性があるのであれば、病院にかかることをお勧めします。

ただちょっと爪のコンディションが悪いだけだから…なんて甘く見ず、何でもなかったらラッキーくらいの気持ちで医師に見てもらうと安心できますよ。

この記事をシェアする

関連記事