• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ふとした瞬間に割れる爪を自分でキレイに修復する方法!

Date:2012.06.29

みなさんはこんな経験ありませんか?「指の端の部分の爪が折れて欠けてしまった・・・」爪の根本から大きく割れてしまいお気に入りのネイルが親指だけブサイクになってしまう事って結構あると思います。

せっかくのばした爪にヒビが入ってしまった、どこかに引っかけてしまって爪が欠けてしまった、爪が欠けたけれど、ネイルサロンに行く時間がない!!!そんな時、これさえあれば欠けた爪を自分で治すことができます。

割れた爪を治すのに使うもの

・除光液(マニキュアを塗っている場合)
・やすり
・付け爪用接着剤(ネイルグルー)
・ピンセット

普段からネイルが好きな人であれば家にあるもので出来ちゃいます!

爪の補修方法

下準備としてマニキュアを塗っている場合は、最初に除光液を使ってネイルを綺麗に落としてください。

1.欠けた部分に凹凸がある場合は軽くやすりをかけて、凹凸をなくします。

2.ネイルグルーを爪が欠けた部分、ひび割れた部分に1滴たらします

この時、指などにつかないように注意をしてください。

3.ピンセットで軽く爪を押さえて固定させます。

これで、完成です。やすりをかけた部分が気になる場合は、軽く爪磨きをするといいでしょう。ネイルグルーは、どんなものでも構いません。ただし、付け爪用粘着剤という取り外しが簡単なものは向かないので注意してください。

このようにトップコートを塗ってしまえば修復個所の補修にもなる上に、他の爪との差も目立ちません。ネイルアートを楽しみたい方は、そのままマニキュアを塗ってしまってOKです。

※ここで注意点がひとつあります。

取れにくい事が利点に挙げられるネイルグルーですが、オフする時はアセトンという溶剤を使って落とします。このアセトンは、除光液に含まれている場合もあります。
爪を治した後に塗ったネイルを変える時にアセトンの含まれた除光液を使用してしまうとせっかく修復した爪も、元の欠けた爪に戻ってしまいます。

私も実際に経験して「爪がまた欠けた状態に戻ってる!!」とビックリしたことがあります(笑)1週間程度でマニキュアを塗り直したい場合は、アセトンの含まれていない除光液(ノンアセトンリムーバー)を使うことをオススメします。これから乾燥のしやすい時期になってきます。突然のトラブルにも負けずにオシャレを楽しんでいきましょう♪

この記事をシェアする

関連記事