• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

誰でもどこでも簡単にできる!私がいつもやっている爪もみ療法でストレス解消!

Date:2012.06.01

ハンドマッサージ

ストレス解消がうまくできず、心のバランスを崩していませんか?誰でもどこでも簡単にできる、ストレス解消によく効く、「爪もみ療法」をご紹介いたします。

抑うつに効く爪もみ療法の仕方

抑うつに効く部分を、よくもみほぐしましょう。抑うつに効く部分は、小指の爪の生え際です。小指のマッサージは、精神症状の改善に効果的です。軽いうつ症状を、解消してくれます。

小指の爪の生え際の部分を、反対側の手の爪の先端で、強く押しながら20秒間もんでください。副交感神経が働く夜や、就寝前に爪もみ療法を行うと、より効き目があります。寝る前の習慣にしてください。

抑うつに効くマッサージの効果

1回20秒でできますので、毎日続けられます。1日3回程度行ってください。1ヵ月続けると、効果があらわれます。

爪の先は、自律神経のネットワークが集中しているので、爪の先を刺激すると、副交感神経の働きが強くなり、からだをリラックス状態にしてくれます。こころの緊張を緩和してくれるので、気持ちが軽くなり、うつ症状を改善する効果があります。

爪もみで得られる効果

爪もみには、こころの病だけではなく、指によってさまざまな症状を改善する効果があります。「親指」のマッサージは、ぜんそくやアトピー性皮膚炎に効果的です。「人差し指」は、胃腸が優れない方の改善に効果的です。

「中指」は、耳鳴りに効きます。「薬指」は、交感神経を刺激する効果があります。薬指だけを刺激してしまうと、免疫力低下の危険性があるため、専門家の指導のもとに、正しく行ってください。

「小指」は、抑うつ改善や自律神経失調症など、こころの病だけではなく、物忘れの改善や、腰痛にも効きめがあります。肩こりや、肩こりによって引き起こされる頭痛の改善ができます。生理痛や更年期障害の改善にも効果があります。

小指のマッサージは、さまざまな効果が期待できるので、長期的に継続してください。手軽にできる爪もみ療法で、ストレス解消してください。

ストレス社会で生きるには、疲れをためこまないように、ストレス解消法を見つけることが重要です。簡単にできるストレス解消法を見つけて、ストレスにさよならしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事